暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、お問い合わせ

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさま プリティ..
by grandeN at 06:53
プリティという言葉が浮か..
by akicosmosA at 14:07
鍵コメさま、承りました。..
by grandeN at 14:03

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*mais...
テーブルの真ん中
八ヶ岳南麓週末日記+α
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
Yoko Maruyam...
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

【ホテル椿山荘東京・フランスの復活祭 花とテーブルセミナー 追記】


「フランス流 春をつげる復活祭の花とテーブル」の内容に一部変更があります。

楽しい会になりますように全力で準備しておりますが、一点だけお詫びをしなければならない事が出て参りました。

ワークショップが開催される場所の都合上、当日飲食ができないという事になりました。
ご自分でいけられた花を飾って完成させたテーブルコーディネートでティータイムを楽しんで頂きたかったのですが、大変申し訳ございません。

その代わりに充実した時間をお過ごし頂ける内容を考えておりますので、楽しみになさっていてください。
d0170823_15012430.jpg

また、ワークショップご案内の中で不明瞭だったのですが、当日お花をいけ、そのお花をお持ち帰り頂きます。

花器に関しては、一般のいけばなのお稽古のように貸与ですが、花器がお気に召しましたらそのままご購入頂く事もできます。テーブル花をいけるのにぴったりなサイズやフォルムの花器を用意しております。お値段は1000円程度になる予定です。

諸事情により、変更が生じてしまいました事をお詫びいたします。

皆さまと春のひとときをゆったりと過ごせます事を楽しみにしております。

___________________________________

フランス流 春をつげる復活祭の花とテーブル

20世紀フランス画壇を代表する巨匠ミッシェル・アンリの絵画・版画を中心に現代フランス人気作家たちの素晴らしい作品に囲まれながら、フランスのイースターについて学びませんか。
伝統的なイースターと春らしいテーブルコーディネートのお話の後、春のテーブル花をいけてみましょう。
いけたお花でフランス流の春のテーブルを完成させます。

日時:(両日とも同じ内容です。)
A:2018年3月 8日(木)10時30 ~ (約2時間半)
B:2018年3月10日(土)14時 ~ (約2時間半)

場所:
ホテル椿山荘東京 アートギャラリー

料金:
各回5800円
* お花は お持ち帰り頂けます。花器はお貸ししますが、お気に召しましたらその場でご購入頂く事もできます。(1000円程度)

定員:
14名

講師:
テーブルコーディネーター ペレ信子
草月流いけばな作家 ルーセル仁美


お申込みは、
info@atelier-Floralies.com


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

# by grandeN | 2018-02-10 15:12 | Table de N  サロン | Comments(0)

【東京ドームテーブルウェアフェスティバル2018へ】

今日はレッスンに通ってくださっている方々とテーブルウェアフェスティバルへ。
こちらのテーブルコーディネートのコンテスト作品を見るのは毎年の楽しみ。
以前、私がコンテストに入賞したときに皆さんとツアーをした時以来のレッスン番外編。自分が出展していないだけに、気楽で和気あいあい、おしゃべりしながらの楽しいツアーでした。

このフェスティバルの見方はいろいろあると思いますが、私はたいがい、入場すると最初に目の前にある魅力的で迫力の特集ブースには入らず(入場してすぐに多くの人がそこに向かうため、混雑する)、コンテストのエリアへ。午前中は意外に人が少ないのです。

今回は一点ずつゆっくり見て回りました。最初は全部を写真に収めていた方も、そのうち「好き、嫌い」を直感で判断して、心に留めたいものだけを撮っていました。私は面白いと思う所や、私ならこうするということを解説&コメントしながら。

心に留まった作品をいくつか。
d0170823_19352672.jpg
d0170823_19354670.jpg
こちらはコンテストではなく、有名人のコーディネートのコーナーです。紫舟さんの食空間。落ち着いて食事ができるかは別として、圧倒的な個性で光っていました。特に両脇の立体の『書』に釘付け。これは実物を見て欲しいです。

d0170823_19353406.jpg
こちらも個性的な食空間。自動車がモチーフになっているのに食空間として嫌ではないというのは、白の持つ清潔感と、食器と小物選びの統一感でしょうか。

テーブルコーディネートは季節や行事をテーマにする事が多いですが、難しいと感じる行事の一つがハロウィーン。どうしても黒&オレンジで子供っぽくなってしまいがちですが、面白い展示もありました。
d0170823_19354900.jpg
ここでお食事がしたいかと言われると難しい。でもここまで遊ぶのはすごい。こだわりの小物集め、面白い空間です。

同じハロウィーンでも、
d0170823_19353751.jpg
ナチュラルな怖くないハロウィーン。よくみるとナプキンがコウモリ型に折られていて、飛んでいるようで面白い。

d0170823_19502225.jpg
このテーブルの凛とした美しさは?と思いお名前を見たら、大好きな先輩でした。経済産業省大臣賞をとられた事もある方。たまたま会場にいらしたのでコーディネート裏話をお聞きする事ができました。

私自身は2011年に生方美智子審査員賞、2013年に入選したあと、自分なりに考えて、こちらのコンテストに応募するのは卒業しようと決めました。でも今回先輩のチャレンジし続ける姿勢を拝見し、広めたいモノ&コトに対する熱い思いをお聞きして、そういう参加の仕方もあるんだなあと思ったり。

今年の大賞の写真はのせませんが、素敵です。その作品の前に立った時、その凛としたコーディネートに圧倒されます。美しいです。ぜひ観に行ってください。

そして最後に、コンテストとか展示とかとは別にやっぱりリラックスできるこんなテーブルが好きです。この朝食テーブルは特集のイギリスのコーナーにありました。
d0170823_20025611.jpg
ご自分の『好き』を見つけに行ってください。でも、ハートは熱く、頭は冷静に。でないと、手ぶらでは出て来られません。


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

# by grandeN | 2018-02-07 20:19 | Quotidien 毎日 | Comments(0)