暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、お問い合わせ

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

とても素敵な映画でした。..
by grandeN at 08:55
この作品もとても観たくな..
by akicosmosA at 06:44
早速3皿!すばらしいです..
by grandeN at 05:41

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
珈琲文明~こーひーぶんめい~
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

白い食器

つい最近のこと。友人の家で知り合った方が私がテーブルコーディネートをしていると知って、質問された。
「結婚したとき、リストドマリアージュ*をしたのでブランドの食器セットをフルで揃えたのだけれど、豪華すぎて結局使っていないんです。普段使っているものと言えば、実家から分けてもらったものなので、バラバラでコーディネートできなくて。食器を揃えるなら、やっぱりシンプルな白のお皿ですよね?」
註* リストドマリアージュ:新郎新婦が欲しい物をリストアップし、友人や親族が手分けしてプレゼントしてくれる風習。(ウェディング用語辞典より)
d0170823_14561377.jpg


そう、確かに白のお皿が無難だと思う。けれど、実は白のお皿にもいろいろある。
まずは色味。灰色がかったもの、乳白色、青味がかったもの、ピュアホワイトなどなど。そしてその素材。陶器か磁器か、ボーンチャイナか。そしてその形は限りなく。。。
少し迷ってから
「白のお皿は良いのですが、家のインテリアやよくする料理の種類、好きなスタイルがわかると選びやすいと思います。」
と答えた。

白いお皿は他の色に比べて万能だけれど、自分の家のスタイルを把握して、なるべくそれに合うお皿を選ぶ方がよいと思う。カジュアルな大皿料理を作って床に座って食べるスタイルの人、本格的なフランス料理を猫足の家具のあるダイニングで頂く人では使いたい白いお皿は変わってくるだろう。

私もつい数年前、白いお皿を探していた。というのは、結婚直後に日本に来たばかりの時に揃えた白い食器が、好きなテーストに合わなくなったと感じたからだ。どんなスタイルにでも合いそうなものを探し歩き、なんとか見つけたと思った時に、店でそれを見た夫が言った。
「なんだか食堂のお皿みたいだね。」
つまり無個性という事。確かにそうだった。

「白いお皿なら何でも合うからセットで買わなければ。買ったらテーブルコーディネートの問題はすべて解決する。」
と思いつめると自分の『好き』が見えなくなってくる気がする。
また時代、年齢とともに自分の『好き』も変化する。
見るたびに『好き』でワクワクする食器が良いと思う。何にでも合わせるための無難さで選ぶとそのワクワク感が得られない。

フランスの学生寮に住み始めた時、数人のグループで毎日食事を作って食べていた。それぞれが好きなお皿とカトラリーを持って誰かの部屋に集まる。ほとんどが白いお皿。シンプルなもの、田舎風なもの、モダンなものといろいろあった。一人だけ黒のモダンなお皿を持って来る子がいた。彼女は褐色の肌のアメリカ人。自分の『好き』は人それぞれ。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2013-04-17 16:21 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード