暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、お問い合わせ

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさんの秋ですね〜..
by grandeN at 11:46
先日レッスンで伺ったハー..
by akicosmosA at 08:30
mcherryさん、妹さ..
by grandeN at 06:30

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

おすすめのテーブルコーディネートの教本

テーブルコーディネートを習えるお教室、セミナー、サロンが増えている。
チョイスが増えるのはとても良い事。
それぞれの特徴や、長所があって、自分に合うスクールや先生に出会えれば幸福だと思う。

私の事を話すと、実は12年ほど前、あるテーブルコーディネート教室を見つけて、本当に楽しみに、ワクワクして参加した。
ところが、教室に入って来た先生は参加者一人ひとりの自己紹介を聞いたあと、
私に「あなた、フランス人と結婚しているの?性格の悪い人達でしょ?」
と言った。
自分の耳を疑いつつ、最初は動揺を隠そうと話を聞いていた。
が、また再びフランスが話に出て来た時(テーブルコーディネートの歴史の話をしていてフランスの話がでない訳はないのだ)
「でもあんな人達とよくつきあっているわよね、あなた。」
と私に向かってテーブルコーディネートとは全く関係のないコメントをした。
そんな「フラハラ」(なんて言葉は今思いつきました。フランス・ハラスメント?)を受けているうちに全く先生の話が耳に入らなくなり、結局一回でその教室はやめてしまった。
それからしばらくはトラウマで、テーブルコーディネートは大好きで興味があるのになかなか習いに行く気がしなかった。

数年経ち、ある日たまたまインターネットでみつけた丸山洋子先生のスクール。面白そうだなと、なぜか迷う事なくそのまま神戸に電話。そしてとても感じの良い女性が親切に対応してくださって、たまたま開講日だった次の日の朝10時に私は丸山洋子先生と初めて会っていた。
この出会いは私の人生に大きな影響を与えた。

さらに数年経ち、私は今、先生のスクールでいくつか講義を持たせていただくようになった。
今でも迷うと開くのは先生の 「Text Book テーブルコーディネート」。簡潔に、大切なテーブルコーディネートの要素が全て網羅されている。
初版が出てから15年、時代もテーブルを囲む環境も変わった。そこで今回改訂版が出版された。
d0170823_22295937.gif
Text Book テーブルコーディネート改訂版 優しい食卓

私も自分の講義に関係ある箇所は執筆のお手伝いをさせて頂いた。
先生は常に情報の信憑性、出所、学術的な裏付けなどに気を配って執筆作業を進められていた。あの、超人的な忙しさの中で!!

今回、新しく加わった項目は多い。例えば、フォーマル、セミフォーマル、インフォーマルの定義。こんなに的確に、簡潔に、本来の意味を踏まえながらも現状に沿った解説をしている教科書を他に知らない。どの章もテーブルコーディネートをすでに学んだ人にとっても面白い内容だ。

そんな中でも私が一番気に入っているのは実は「第1章はじめに」。テーブルコーディネートに対する先生の思い、テーブルコーディネートが社会に対して出来る事、などが書かれていて、自分の進むべき道が見えて来る気がする。
テーブルコーディネートの知識のために、テーブルコーディネートを仕事としていく者の心得としてオススメの教本です。



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2015-11-11 22:42 | Tables & Deco テーブル | Comments(2)
Commented by nanako-iro at 2015-11-13 22:02
あらら・・・
この記事を拝読、自らを恥じておりまする。
grandeN様は基礎をきちんと学んでいらっしゃるからこそ、さりげない上級者のテーブルを演出できるのですね。
納得です!
がっかりの出会いと素敵な出会いがあって、その延長線で天職にめぐりあえて、素晴らしいわ♪

それにしても・・・
フランスの方とご結婚されていると聞いたら、
普通の方は(笑) なんて素敵なの!と 羨望の的だと思いますが・・・  その先生、過去に何かあったんですよ、絶対。 笑
Commented by grandeN at 2015-11-14 07:46
nanakoさん〜、コメント嬉しいです。
この教本は本当に素晴らしくて、読み終わったときに感無量で私のテーブルコーディネート習得史を語ってしまいました。
本当に人との出会いで人生って変わるのですね。
学ぶと本当に奥が深くて、学生時代以上に関係書物を読んでいる気がします。

でも基本は『自分の好き』を追及するのが一番!nanakoさんのテーブルを見るの大好きなんです。和洋折衷具合が個性的でかっこいいんだな〜。

フランス人嫌いの人、たまに会います。悪口言われると嫌だな〜と思うけど、
なかには「ま、そういえばそうかも。」と納得してしまう事も。。。
夫よ、ゴメン。
名前
URL
削除用パスワード