暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、お問い合わせ

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさんの秋ですね〜..
by grandeN at 11:46
先日レッスンで伺ったハー..
by akicosmosA at 08:30
mcherryさん、妹さ..
by grandeN at 06:30

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

【パリ祭のパリとフランスの事】

パリに一人で行った娘の話をしましたが、すっかり夏の雰囲気になったこのごろ、良く人から聞かれる事がある。

「今、フランスって大丈夫ですか?」

「景気の事かな?」と思ってしまう私はこの質問の意味がすぐには分からなかったのだが、これは「テロなどでフランスは危険だから行かない方がよいですよね?」という意味だと気が付いた。

「地方都市なら大丈夫ですか?」
「トランジットでパリに寄るだけなら大丈夫ですよね?」

と心配そうに聞かれる。私はパリには住んでいないけれど、家族や友達がしょっちゅう行き来しているし、パリに住んでいる友達とも連絡を取り合っている。彼等の様子を見る限り、テロの脅威に外出を控えているとか、おびえて暮らしているという印象は受けない。逆に「日本人観光客が減ったみたいね。」と少し驚いているようだ。もしパリ在住の方がこの記事をお読みでしたらご意見をお聞きしたい。

というわけで、私も娘を一人でパリの友達に会いに行かせるくらいだから、楽観的に構えている。もちろん、絶対に大丈夫だとは断言できない。けれど、フランスで災難に遭う確率を聞かれるとき、私はこのごろこう答える。

「日本は地震があって危ないから行かない方が良いという考えと似ているかもしれませんね。日本に絶対地震はないとは言えない。けれど、大被害を受けるほどの地震に遭う事を心配して、日本に行かないとしたら本当にもったいない。という感じです。」
あとはそれぞれの判断にお任せする。楽しめないほど心配なら行くべきはないと思う。
d0170823_19275907.png

そのパリですが、今日は『パリ祭』と日本語で呼ばれる革命記念日。フランス語ではもっとシンプルに 14 juillet (7月14日)と呼ぶ。派手な打ち上げ花火や、軍隊のパレード、消防署でダンスパーティーなどが行われたりする。

音楽とパーティーが大好きなフランス人達は日本に住んでいると7月14日が祝日ではないので、東京では明日7月15日(土)に飯田橋のアンスティチュフランセでパリ祭を行う。

例年は大使が来て挨拶し、無料で振る舞われるシャンパンで乾杯したあと、踊り明かす。その雰囲気に浸りたい方は是非行ってみてください。東京で楽しめるパリです。




d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


______________  お知らせ   _______________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-07-14 20:08 | Voyages  旅行 | Comments(2)
Commented by kanafr at 2017-07-17 10:11
確かに日本からの観光客は減っています。
でも、あの11月のテロの時でも、中国の方達は、まったく減りませんでしたけどね。
6月にパリにいらした方のお話では、ご旅行を決められたのが、シャンゼリゼの警察官殺害の事件の後だったからなのか、日本大使館の方から「なるべくだったらやめた方がいい」と言われたらしいです。
住んでいる者としては「あれくらいで何で!?」と思えるような事でも、結局何か起きたら「だから、大丈夫かって聞いたじゃないですか!どう責任を取ってくれるんですか!」と、旅行を決めたのはご自身なのに、責任はご自身ではなく、他のせいにするという事が多いからでしょう(苦笑)
蛇足ですが、こちらで地下鉄の通路でスリにあった日本人男性が「ガイドは、地下鉄は危ないと言っていたが通路は危ないとは言わなかった!帰国したら訴えてやる!」とおっしゃった事があり、ビックリすると同時に呆れてしまいました。

さて、今の状況ですが、住んでいる者としては「絶対大丈夫とは言えない、でも大丈夫じゃないとも言えない」というところでしょうか。
地域によっては、まったくテロが起きる前と同じです。
観光客が多い場所は、それだけ可能性はあるということだけです。
でも警備はかなり厳しく、今回の革命記念日もかなり前から警察が厳重なる警戒をしていて、7月14日にマクロンを狙おうとした犯人も事前に捕まりました。
実際にあのシャンゼリゼの事件の後から、警察官の方達は以前の2人体制から3人体制になって警備しています。
あの同時多発テロから迷彩服にカービン銃を持った兵士の方達が街中を警備している姿は、住んでいる者には、日常化した風景ですが、日本人観光客の方達から見たら、かなりドキッとする風景らしいです。
さらに、電車に乗っていても不審物発見で電車が止まる事は、結構あります。
でも、だからと言って戒厳令が発令されている状況ではなく、戦地の場所にいるのではないので、住んでいる私達は、買い物に行き、レストランにも行きと、ごく普通の生活をしています。
テロは、パリだけではなく、どこでも起きる可能性はあるし、起きないとも言えます。
つまり確率は、地震などの災害と同じように、全ての確率は2分の1です。
こういうご質問には答えようがなく、grandeNさんが書かれていらっしゃるように、ご自身の判断しかないと私も思います。
Commented by grandeN at 2017-07-17 10:41
kanafrさん、貴重なご意見ありがとうございました。
パリの今の雰囲気がよくわかりました。私に質問した方達にこちらのご意見を参考にお読みになってくださいと伝えます。

おっしゃる通りですね。災難はいつやってくるか分からない事を理解して、自己責任ですね。
兵士の方達の姿はちょっと驚きますが、同時に前よりも守られている感じがすると娘は言っておりました。
名前
URL
削除用パスワード