暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、インスタグラム

ホームページ

インスタグラム

お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こんにちは。 歴史..
by ちしゃねこ at 04:21
私が本を出す前からテーブ..
by grandeN at 15:36
こんにちは。 今回..
by ちしゃねこ at 03:12

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
珈琲文明~こーひーぶんめい~
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
dessiner la ...
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

カテゴリ:Maison 家( 27 )

【毎週月曜日の午前は家をリセット】

冬のサロンで時間の使い方についてお話することがあった。
一週間を気持ち良く始めるために、私がやっているのは、なるべく月曜日の午前は用事を入れずに家をリセットする事。普段の月曜日は、1F〜3Fの片づけ(散らかった物を元の場所に戻す)、アイロンがけと掃除をしている。

平日は夜しか家に家族が集まらないので(学校に行く年令の子どもや会社勤めの配偶者が家族なら)あまり散らからない。うちが散らかるのはみんながいる週末。そして今回は子供達の学校が2週間の冬休みだったため、2週間分家がちらかっている。

今朝は家をリセット。そして雛祭り後に週末も愛でていた雛人形をしまうタイミングでリビングルームを春仕様にすることにした。
d0170823_13065898.jpg


雛人形や五月人形、クリスマスやハロウィーンの飾りは3Fのプレイルームのクローゼットに入れている。急いで雛人形をしまう箱を取ろうとしたら、クリスマス後にオーナメントをしまうとき、きちんと箱を閉めずに、不安定な所に重ねておいたのが崩れた。

なんとコントのようにオーナメントが50個くらい入っている箱がまっさかさまにひっくりかえり、中のオーナメントがすべて床に散らばり、あっという間に何個かは階段の方まで転がって、ポンポン音を立てながら階段に落ちて行く。不幸中の幸いは、落としたオーナメントはガラスではなくてプラスチック製だったこと。あらあらと、事の成り行きをじっと眺めてしまった。

やはり、適当にしまうのは良くなかったと反省。オーナメントを拾ったら、箱の中にオーナメントをきれいに並べてしまい、テープで箱の蓋を閉じた。クローゼットの中で安定した場所にオーナメントの箱をしまい、雛人形もきちんと片付けて、その箱も定位置へ。

これで片づけ心に火がついた。
ー ソファーカバーとクッションカバーを春仕様のものに変える。冬のカバーは洗濯機へ。
ー リビングの絵も春夏用のものに変える。
ー 暖炉の上の装飾も冬から早春の雰囲気に変えて、松ぼっくりやキャンドルをしまう。

全体的には、冬仕様は『白、グレー、シルバー』だったのを、春仕様の『白、うぐいす色、黒』に変えた。
片付けながら、今更ながら思ったのは、元々しまう場所が決まっているものは時間もかからず、すぐにしまえること。
この冬新しく買った物には、しまう場所がなくて、少し困り、結局何年か使っていない雑貨を処分して場所を作った。
そして気がつけば、午後。

ご褒美にゆっくりコーヒーでも飲もう。


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-03-06 13:52 | Maison 家 | Comments(0)

【ブザンソンのかわいい家】

フランスののんびした地方都市ブザンソン(夫の出身地)という地名が、日本人留学生が事件に巻き込まれたことで、急に知られる事となった。
事件は解決していないけれど、報道によるとブザンソンが危ないとか、そこの住民が事件に関わったと言う事ではないらしい。
まったくのとばっちりで、ちょっと暗いイメージになってしまったのは残念。
現地の家族や親戚も、私が日本人なので、この事件には関心を持ち心を痛めている。

という話は置いておいて、ブザンソンの街中にあるレストランの建物がかわいいと家族が写真を送って来た。
なんか「やぁ!」って言ってない?帽子を斜めにかぶって。
d0170823_10150909.jpg




d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-01-17 10:27 | Maison 家 | Comments(0)

リビングの暖炉 (くらし部門)

昨夜は寒かった。
ディナーの時間に部屋から出て来た娘が「暖炉に火を入れよう。」と言いだした。
今までずっと暖炉は夫まかせだったのが、急に自分で暖炉の世話をしたくなったらしい。
薪が湿気っているのかなかなか火がつかない。
小枝や松ぼっくりをくべて、風を送り込む。
丁寧に世話をしていると、だんだん大きな薪に火がうつる。
そうしたらもう大丈夫。
暖炉の前にソファを移動して、食後のお茶を飲みながらエルキュール・ポワロのDVDを観る。
娘と私は同じソファに座っていたら二人ともいつの間にか眠ってしまった。暖炉の火は気持ち良い。
ストーリーの最後に流れるテーマ曲とともに目覚め、「誰が犯人だった?」と聞いてからベッドにもぐりこみました。

d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-01-15 16:12 | Maison 家 | Comments(2)

クリスマスよさようなら(くらし部門)

1月6日のEpiphanie(公現祭)を過ぎたら、キリスト教の松の内が終わったようなもの。
ここで急いでクリスマス飾りを片付けないフランス人も多いけれど、長い間同じ飾りをつけていると、次回に飾り付けした時の感動が減るので(経験済み)連休を利用して片付けるとする。
d0170823_06565296.jpg
家に来た事がある人なら分かってくださると思うけど、家中がクリスマス装飾だったので、ちょっとずつやってます。最後の砦、クリスマスツリーは「まだ片付けないで〜!」という子供との交渉次第。これからがんばります。


第一回プラチナブロガーコンテスト


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-01-10 07:03 | Maison 家 | Comments(0)

休み明けの家事(くらし部門)

昨日から学校も会社も始まって、家族が慌ただしく家を出ていく。
お正月気分もそろそろ終わり。
d0170823_18234875.jpg
休み明けや週末明けの、一人の時間に私が最初にするのはアイロンがけ。
実はアイロンがけは苦手な家事。だから一人のときにお気に入りの音楽を大きな音でかけながら、気分を盛り上げてする。
d0170823_18251373.jpg
なぜ苦手なのか分析すると、きっちりアイロンがけしたいのに、こじわが寄ったりして上手く出来ないときにストレスを感じるからだと思う。

だけど、何回洗濯しても、アイロンをかけると必ずピタッと四隅が合う、高品質なテーブルクロスは別。どっしりと目が詰まっていて、アイロンがけしやすく、使う時も気持ちの良いこのテーブルクロスはフランス製。
d0170823_18252415.jpg
今年も始まりましたね〜。


第一回プラチナブロガーコンテスト


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-01-06 06:21 | Maison 家 | Comments(0)

【家を片付けて援助の必要な人のために貢献する】

年が明けてから、本棚の本がなんとなく前のめりになっているのに気付いた。よく見ると、本を詰め込みすぎて棚板を支えている金具が変形し、棚板が斜めになっているのが原因だった。これ以上本を入れるのは危険だし、すぐに間引いて軽くしなければならない。大型の写真入りの本はほとんどが私の物。上部の小さめの本はほとんどが夫の物。お互いに急遽本を仕分けて処分する事にした。
d0170823_07185110.jpg
間引いた本は大きめの紙袋で2つぶんになった。すべてフランス語と英語の本。以前はその本の行方に困っていた。フランス学校に寄付してバザーに出してもらったりもした。が、昨年からもっと良い方法をみつけた。

在日するフランス人の数は年々増加し、フランスと日本の国際結婚が増えるとともに、その離婚率も増加している。本国の企業から派遣されている裕福なフランス人ばかりではなくなった。日本に拠点をおいてから経済的に苦しくなったり、離婚して子供を抱え困っているフランス人を援助するOLESという機関ができた。そこでは寄付のほかに本も集めていて、月に一回蚤の市で本を売っている。友人がその活動をしている事から、本はそこに託すことにした。

クリスマスがキリスト教徒にとっての新しい年、新しい命の喜びだとしたら、お正月は私達日本人にとっての新しい年の喜びと希望を感じる時だ。フランスの家族は、クリスマスを一人で過ごす人がいないようにお互いに声を掛け合って、例えば私の様な外国人でも温かい食卓に招いてくれた。自分たちの幸せに感謝しつつ、他の人へも思いを馳せる時。

本棚もすっきりし、人のためになる。嬉しい新年の始まりです。
d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-01-03 07:49 | Maison 家 | Comments(0)

【Faire le ménage 掃除をする】

野菜用ミルを取り出してじゃがいものピューレを作る前に、掃除をしていた。
家に一人きりになると、片づけや掃除がしやすい。

うちのキッチンの床はタイル貼りである。タイル貼りにしたのは、以前住んでいたマンションのキッチンがフローリングで、子供が小さかったため、たくさんこぼしたり、落としたり、フローリングをどんどん劣化させてしまったからだ。タイルならさっと水拭きすればいい!と思った。

しかしタイルはタイルでメンテナンスが必要だとすぐに気付く。特に、盲点だったのは目地!
白い目地はだんだんグレーになる。それを見込んで、最初からグレーや黒の目地を選ぶ家もあるくらいだそう。

うちにはもうそんなに小さい子はいないのに、いまだにたくさんこぼしたり、落としたりしている。
そんなわけで、タイル部分はいいけれど、目地は汚れ、家が建ってから何回も地震を経験したからか、ひびが入っている部分もある。

以前工務店の点検&メンテナンスが入った時、私はタイル職人の方にずっと張り付いて、その仕事振りを観察し、質問をした。お仕事中、邪魔だな〜と思われたかもしれない。が、作業後に私が自分で目地を掃除したり直したりできるように、目地を直す材料を小瓶に分け、掃除のアドバイスをしてくれた。(ありがとうございます〜。)

そして急に掃除心に火がついたこの日、私はタイルを拭いたあと、目地を直す作業に着手。と、その前に、くたびれたバスタオルを小さく切って雑巾を準備する。
d0170823_08363802.jpg
d0170823_08484281.jpg
手作り感いっぱいの仕上がりだが、フランスの田舎風キッチンというコンセプトです。

リビングに掃除機をかけて、暖炉の前に木の皮や灰が飛んでいるのをキレイにする。暖炉の中の灰を掃除したい気持ちになるが、暖炉を使い始めたころ、暖炉を使うたびに灰を掃除してしまって、夫に注意された事を思いだし、断念。暖炉の火がもつようにするには灰が必要なんですって。暖炉歴の長い夫の忠告に従わざるを得ない。
d0170823_08364133.jpg

その上、灰はいろんなことに使えるらしい。夫の父と銀のカトラリーについて話していた時、
「テーブルにカトラリーをセッティングしていてちょっと黒ずんだフォークを見つけたらね、暖炉の灰をぬれた指にちょっと取り、そのまま磨けばすぐにキレイになるんだよ。」

お手伝いを良くするおばあちゃんの知恵ならね、おじいちゃんの知恵。

d0170823_09162056.gif



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-01-10 09:28 | Maison 家 | Comments(0)

インテリア〜照明も夏の準備

前回、サロンを開催した時は雪が降った日がありました。
今は夏といってもおかしくないくらいの陽気の初夏。

続けてサロンに通ってくださっている方はリビング吹き抜けの照明も夏仕様にしたことに気付いてくださいました。

2月
d0170823_16024137.jpg
5月
d0170823_16024384.jpg
フランスの夏といえば何と言っても南仏、プロヴァンス地方!
テーブルに使う色のこと、フランス人のおしゃれなテーブルコーディネートの色の秘密、そしてプロヴァンス料理がテーマです。

PS: サロンのお知らせメールに登録してくださっている方で、メールが届いていないという方、鍵コメか、左のお問い合わせからご連絡ください。今回メールが届かなかったという方が数人いらしたので対策をしなければなりません。(今回は募集が終わっています。)



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


by grandeN | 2015-05-27 16:14 | Maison 家 | Comments(2)

初夏のテラス

ここのところの晴天、寒かった4月がうそのように気持ちいいですね。
梅雨に入る前の晴天の日々とその気温と湿度は、ちょうどヨーロッパの夏のよう。
それが梅雨をくぐりぬけると、ずしーんと重い湿度の夏の気温。日本の夏がやってきます。
このつかの間の日本にいながらヨーロッパの夏気分が味わえる季節、嬉しいものです。
近所のグリーンのお店へ足を運びました。
d0170823_19412127.jpg
色とりどりの花が嬉しくてつい色々買ってしまいました。
そして我が家のテラスの植物達もメンテナンス&リニューアルで夏仕様に。
冬の間、リビングに避難していた旅人の木、やっぱり外が似合います。
d0170823_19412513.jpg
つかの間の東京で『テラスで食事』ができるこの期間、目一杯楽しみます。あっという間に、蚊と猛暑でテラスに出られなくなってしまいますからね。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


by grandeN | 2015-05-18 19:52 | Maison 家 | Comments(0)

花菖蒲を暖炉の上に

家を建てた時のうちの夫のこだわりは暖炉だった。
寒い地方で生まれ育った夫は、冬に暖炉の前で火を見ながらゆっくりする夕べが何よりも好きで、日本の厳格な防火法と格闘しながら家に暖炉を取り入れた。
これが結構、場所をとるんです。だから火を入れない季節の間は、リビングのフォーカルポイントとして最大活用する(しかない)。

寒くて雨の多い4月前半だったけれど、やっとここにきて春を通り越して初夏の天気になってきた。
端午の節句ということで、兜を出した。
d0170823_08443062.jpg
ソファーのとなりにある暖炉のうえに花菖蒲を生ける。
d0170823_08585140.jpg
白、緑、紫がすっきりしていて気持ちいい。爽やかなこの季節がもっと長く続けば良いのにね。



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


by grandeN | 2015-04-28 09:02 | Maison 家 | Comments(0)