暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、お問い合わせ

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさんの秋ですね〜..
by grandeN at 11:46
先日レッスンで伺ったハー..
by akicosmosA at 08:30
mcherryさん、妹さ..
by grandeN at 06:30

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

カテゴリ:Tables & Deco テーブル( 200 )

愛のあるテーブルコーディネートパーティ

以前の記事でお知らせした「愛する人を思う日、愛する人と語らう日」のパーティは、2月4日(土)、ホストの熱い思いの波動が、参加者皆さんの心にピッタリ寄り添えた形で大成功のうちに終了いたしました。
会場のコポンノープ様は本当に素敵な空間です。深いけれど、甘過ぎない愛の感情を表現するのに最高の空間でした。
d0170823_22492849.jpg

コポンノープ様のシガーエキスパートの方の「シガーセミナー」で大人時間の愉しみ方に開眼。
そういえば、私の夫(フランス人)のおばあちゃんも、普段は煙草を吸わない人でしたが、大きなパーティの後は粋な女性同士集まって、葉巻を吸っている姿を見た事がありました。

パーティ準備期間は大変ではなかったと言えば嘘になります。しかし、1週間前に「これは素敵なパーティになる」と確信していました。パーティを運営する不安を楽しみな気持ちが上回っていたからです。
映像、音楽、装飾、フライヤー、司会、演出、すべての要素が一つに重なって思いもよらない雰囲気を作る瞬間を幸せな気持ちで迎えました。
愛を伝えるテーブルコーディネート、映像、言葉に涙を流してくれたゲストの方々、あなたの姿を見て、私も感動していました。
パーティの余韻はまだ続いています。
Thank you and I love you!

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by grandeN | 2012-02-06 23:10 | Tables & Deco テーブル | Comments(2)

春を待ちわびるテーブル Table de printemps


寒波にインフルエンザ。
引きこもりたくなる季節にそろそろうんざりしてきました。
気分は「春」で行きましょう!
d0170823_935416.jpg

クロスとミニカフェオレボウルはフランスから。
アンダープレートは大好きなMy Dear LIFEさん。
ナプキンはイギリスの布地をカットして縫いました。
d0170823_9354115.jpg

春よ、こい!
元気のもとは明るいテーブルコーディネートとやっぱりお菓子!
今日はジンジャーパウンドケーキ Cake au gingembre
d0170823_93672.jpg


にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by grandeN | 2012-01-31 09:37 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

磁器:アウガルテンとヘレンド

もうすぐ東京ドームテーブルウェアフェスティバル!
テーブルコーディネートが大好きな人にとってはワクワクの祭典ですね。

数多くのテーブルウェアが見られる中、普段あまり接する事のできない高級な食器を目にするのも楽しみです。

普段はカジュアルなフランス家庭料理を皆さんに提案し、工夫してコーディネートをするように心がけている私ですが、ヨーロッパの文化に触れる仕事につく者として、本物を伝えるために、歴史やプロトコールをきちんと学びたいと思い、宮島ワンダ先生に講義を受けています。
d0170823_2372668.jpg

先生の優しくユーモアにあふれながらも芯の通ったレッスン。毎回楽しみです。
前回のレッスンはテーブルマナーについてでした。ちょっと緊張してお食事を頂く場面もありましたが、ほとんどは先生の経験や知識に基づく興味深いお話がたくさん飛び出して、メモを取る時間も惜しいくらい。
その中で特に印象に残ったのはその日にテーブルに使われていた「アウガルテン」と「ヘレンド」についてでした。
アウガルテンとヘレンドの値段の違いに無邪気に疑問を持って「どうしてこんなに差があるのですか?」と質問した所、ハプスブルグ家のマリアテレジアによって皇室直属の窯となった「アウガルテン」と民間のブランド「ヘレンド」の元来の位置づけの違いをしっかりとレクチャーして頂きました。「アウガルテン」が19世紀の終わりに一時閉鎖された時期、それまで顧客だった貴族達がこぞって注文し始めたので「ヘレンド」には「アウガルテン」と同じようなモチーフが多いとの事。しかし窯が変わると微妙に色彩も変化して行きます。
こちらが「アウガルテン」
d0170823_23101244.jpg

こちらが「ヘレンド」
d0170823_2310493.jpg

それ以外にもインテリアの中の「イギリス風」と「フランス風」ミラーの使い方の違いなどを教えて頂いて、これからヨーロッパでインテリアを見るのがますます面白くなりそうです。
こちらは「フランス風」ミラー
d0170823_23122996.jpg

次回のレッスンも楽しみです!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by grandeN | 2012-01-27 23:19 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

パーティへのお誘い 大人の時間〜『愛』

寒い毎日。
でも、冬ながらの楽しみもあります。例えば長い夜の過ごし方。
仕事の後、子供が寝た後、どんな大人の時間を楽しんでいますか?
d0170823_8531692.jpg

もうすぐ2月、バレンタインデーもやってきます。
本来この日はチョコレートを買って、会社で配る日ではなかったと思います。
去年の震災後、自分の周りの人とのつながり、愛について考える事が多くなりました。
今年は、バレンタインデーを機に、大切な人と食卓を囲める幸せに感謝して、愛について考えてみませんか?
1年で一番寒いこの時期に、温かな気持ちに包まれるパーティを企画しています。
お食事はコポンノープのシェフが心をこめて作るイタリアンビュッフェです。もちろん、スイーツもご用意しています。
よろしかったら是非ご参加下さい。

2012年2月4日(土)12時〜14時 於:コポンノープ(表参道)
(フライヤーをクリックするとホームページに飛びます。)
d0170823_8591780.jpg

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2012-01-15 09:16 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

展示設営完了! クロスオーバースタイルのテーブル

11月22日〜12月1日(定休日:日、祝日)銀座の香蘭社ショールームにて、輪島塗をメインにした「クロスオーバースタイルのテーブルコーディネート提案」の展示があります。
d0170823_19302519.jpg



d0170823_19334890.jpg

今日は一日中セッティングに行ってきました。メンバーは今回の展示会のために結成したLUCE2011の6名。それぞれの得意分野を生かして、とても面白い展示ができたと自負しております。


日本の伝統工芸である作家物の輪島塗、西陣織、江戸切り子、そして香蘭社の素晴らしいお皿を使っての『洋テーブルの提案』です。それぞれのテーブルにはそれぞれのストーリーがあって、お話を読んでそのテーブルの実際の情景を想像するのも今回の展示会の楽しみの一つになっています。





作家物の輪島塗を使うと言う事は、一点ものが多い中で、展示会時にどの作品が手に入るかの確証がなく、最後までハラハラした準備期間となりました。最後は香蘭社様を始めLUCE2011のリーダーのお力添えで素晴らしい作品を使わせて頂ける事になり、大変感謝しています。
d0170823_19382065.jpg


各百貨店やブティックがクリスマスのディスプレイを競い合う、美しい銀座の街並に呼応するように、私達のテーブルも街灯が灯る頃には完成に近づいて、輝きを増していきました。

d0170823_19395099.jpg

お近くにお越しの際は寄って頂きたいのはもちろんですが、クロスオーバースタイルがお好きな方は是非見に来て頂きたいと思います!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2011-11-21 21:25 | Tables & Deco テーブル | Comments(2)

プロトコールレッスン

昨日は宮島ワンダ先生のプロトコールレッスンに参加してきました。
d0170823_7401565.jpg

プロトコール(国際儀礼、外交儀礼)という言葉は聞いた事があっても、食わず嫌いの苦手意識があって今まで積極的に学ぼうとしていませんでした。
フランスの実家はごく普通の庶民ですし、プロトコールを用いたテーブルでもてなされたり、もてなすなんて事は今までの人生、1度もなかったと告白します。
フランス大使館で催される在日フランス人対象のイベントには何回か参加した事もありますが、プロトコールというものと「何かがちがう」と感じていて、それが何なのかわからずにいました。
それが!プロトコールは知識を得て身のこなしに反映されるまでとても時間のかかるものと思うので、3時間のレッスンではプロトコールの入り口を垣間見たという程度になってしまうのは分かっているものの、宮島先生のお宅を後にする頃には、漠然としていたイメージが形を作り始め、「知っておくべきなんだ」という気持ちを強く持つ事になりました。
プロトコールには「ビジネス」と「社交」があり、社交が一番難しいとの事。今はどこも「ビジネス」寄りになっているので、本物の「プロトコール」は家の中でしか学べないし、個人レベルで伝承して行かなければならないもの。先生ご自身もカジュアル傾向に時代とともに流されていると感じているとおっしゃっていました。マナーや所作など、人に見られていると汗をかいてきて、逃げ出したくなってしまいますが、ヨーロッパの食卓や歴史に興味を持つ者としてまじめに学ばなければと思いました。
先生、おいしいザッハトルテ,ごちそうさまでした。家で作ってみます!
d0170823_7515998.jpg

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2011-09-03 07:54 | Tables & Deco テーブル | Comments(2)

秋の再会を祝うディナー 1er dîner automnal

テーブルウェアフェスティバルに出展したテーブルと同じタイトル。
このテーブルは、架空のシチュエーションをテーマに作ったのではなく、毎年のように繰り返されている愛すべきひと時を表現したものでした。
フランスの9月は、学校では新学年が始まり、会社でも人事異動や新天地での勤務開始が多い時期です。
その前にあるのが、なが〜いバカンス。大人も子供も、普段の忙しい生活から解放されてゆっくりと心と体をリセットする時間です。バカンスに出かける時は『ワクワク』でも、長いバカンスから普通の生活に戻るのはそんなに嫌ではなく、私の場合むしろ少しホッとします。バカンスが終わって一番嬉しいのは、バカンス中に会えなかった友人達と再会できる事。お互いに実家に帰ったり、新しい街に旅行に行ったり、話したい事がたくさんあります。
特に今年は3月の東日本大震災以来、フランスに帰っていた友人家族が5ヶ月ぶりに日本に戻って来て、なおさら嬉しい再会。いつも集まっている時のように、持ち寄りパーティですが、慣れている彼らと一緒だと、奥さん同士は自然に前菜、メイン、デザートを分担し、だんなさんは奥さん達の料理に合うワインをセレクトして集まります。
d0170823_114892.jpg

パーティするのが決まったのが2日前でも、
− サーモンのムース
− キッシュ
− ラタトゥイユ
− イトヨリのタジン
− チーズ
− 杏のタルト
のディナー。前菜からデザートまでそれぞれの料理に合うワインを飲み、上機嫌。
d0170823_1173441.jpg

こういうストレスフリーなディナーは本当に元気が出ます。
最後は男性達もみんなでキッチンまでお皿を下げてくれて、本当に感謝です。
秋から年末、みんな忙しくなって行くけれどがんばろう!
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2011-08-30 11:20 | Tables & Deco テーブル | Comments(1)

ハワイのテーブル Table hawaiienne

場所はハワイ島。
夏休みは大家族(フランスSNCF国営鉄道では夫婦+子供3人からFamille nombreuse 大家族のカテゴリーに入ります)でヨーロッパに行くよりも、実はずっとリーズナブルに行けるハワイ。
白い砂浜で波の音を聞きながら寝転がる優雅なバカンスよりも、火山の麓のジャングルトレイル。
豪華ホテルよりも、オーナーから直接家を借りる。計画無しの行き当たりばったりを楽しむ(?)などを私達の旅のスタイルにしたのは、言うまでもなく夫。
でも今回は素敵な家を見つけてくれました。
浜辺からは遠いけれど、静かな山の中腹、ジャングル化した庭。鳥と虫とトカゲがいなければほとんど(ou presque)自分たちだけの時間。
d0170823_64342100.jpg

庭には毎朝プルメリアの花が落ちていて、水につけなくても一日くらいはきれいな姿を保っています。
d0170823_6475424.jpg

海外旅行、毎日外食は飽きてくるし、お財布にも辛い。外国のスーパーで買い物をするのも楽しいので、家で自分たちで料理(BBQ)をするのが好きです。ワインもゆっくり飲めるし。
d0170823_6495577.jpg

ほとんどずっと外で過ごしたバカンス。素敵な室内のダイニングルームの椅子に座ることは一度もありませんでした。
d0170823_6515770.jpg


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2011-08-25 07:00 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

テーブルコーディネーターのクセ

どんな職業も、専念しているうちに自分の習慣や思考のクセに影響を及ぼすことがあると思います。
例えば、左官屋さんが海外旅行に行っても、気づくと床のタイルの目地をチェックしていたり、生け花の先生が公園の木を見て、「あの枝がないと完璧なのに」と枝を切りたい衝動にかられたり。
テーブルコーディネートを真剣に始めてから、私が気づいたのは、ビュッフェ式のレストランに行くと無意識にキレイにお皿に盛ろうとしていること。

結局、暴飲暴食を避けられる良い影響でしょうか。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
by grandeN | 2011-08-15 02:53 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

ある日のキャンドルテーブル

d0170823_18233598.jpg

ロマンチックだからと言うよりは、元気を出したい夜、キャンドルをつけて夕食にします。
このテーブルは子供達がコーディネートしたもの。
黄色いランナーとたくさんのキャンドルに火をつけて、元気を出したい気持ちが表れていると思いました。
震災後しばらくしてから、久しぶりにゆっくり家族で食卓を囲めた時のテーブル。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2011-08-05 18:29 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)