暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、インスタグラム

ホームページ

インスタグラム

お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こんにちは。 歴史..
by ちしゃねこ at 04:21
私が本を出す前からテーブ..
by grandeN at 15:36
こんにちは。 今回..
by ちしゃねこ at 03:12

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
珈琲文明~こーひーぶんめい~
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
dessiner la ...
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

カテゴリ:Tables & Deco テーブル( 183 )

【欲しい色のキャンドルが見つからない時の裏技】

パリコレではないけれど、春〜晩春のこの時期に秋のテーブルコーディネートをすることになった。花などの植物を見つけるのはかなり難しく、それらしい色合いの花材を探したり、いけばなの先生の所に残っていた秋の素材を拝借したり。秋本番ほど思うようにはならないのは当然。
そこで小物で色を補う事にして、うちのインテリアの定番、キャンドルを使う。
d0170823_07513640.jpg

秋色のキャンドルを出して並べてみたら、どうしても黄色のキャンドルが欲しくなった。
黄色という普通色のキャンドルはすぐ見つかるだろうと、インターネットで探すと、パステル調の薄い黄色しか見つからない。そんな事ある?と思い、東京堂へ行くと、やはり春の季節に合わせているのかパステルイエローしかない。こうなると、どうしても欲しくなり、フランフラン、IKEA、などの思いあたるキャンドルを置く雑貨店を巡ってしまった。でも、どこにもない。
最後に行きついたのは、フライングタイガー。たくさんのキャンドルが並んでいて、結構変わった色もあるのに、なぜか黄色がない。それも秋を感じさせるオレンジがかった黄色が。店員さんに聞くと、その色は一年を通して置いていないと言う。ショック!

がっかりしてキャンドル売り場の周りを見ていたら、近くにキャンドルに装飾をするためのロウのシートを発見。その中に、欲しい黄色のシートが入っていた。家に帰って、手持ちのキャンドルの周りにそのシートを貼ったら、即席黄色キャンドルの出来上がりになったのです。
d0170823_07513945.jpg
カラフルな落ち葉がたくさんあるような、そんなコーディネートが完成した。その写真はしばらくしたら、ちょうどそのコーディネートが似合う季節になったら、見て頂けると思います!

d0170823_08061926.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-04-23 08:09 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

【自分だけのコーヒータイムの器】

何かに集中して頑張った後、心配事が杞憂に過ぎないと分かった時、ある程度のプレッシャーから開放された時は、自分に優しくしたくなる。

天気の良い午後、仕事が終わって、帰りに買い物。ついでに自分のために生クリームのたっぷり入ったお菓子を買う。たまに、疲れているとそんな風に自分を甘やかしたくなる。

お菓子を買いながら、すでにテラスで好きな食器を使いゆっくりコーヒータイムを満喫する自分を想像して、嬉しくなる。お菓子を手渡してくれる店員さんも1個だけ買う私の気持ちを察しているかのように、にっこりした気がする。

こんなときに良く選ぶセット。ウェッジウッドのブルー&ホワイトのカップ&ソーサーとスガハラのブルーの皿。カップ&ソーサーは20年くらい前に手に入れたのだけど、相方が割れて、ひとりぼっちになってしまったもの。そうすると、さらに一人の時の特別なカップだと思えてくる。ガラスのお皿は友達の結婚式の引き出物だったけれど、ブルーが好きだし、ブルー&ホワイトのお皿に合う。カトラリーはエルキューイのヴィンテージ。
d0170823_09224778.jpg
たっぷり贅沢した後は、ぬけがけした気がするからか、また家族に優しくなれる。
d0170823_06495648.gif


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-04-17 09:52 | Tables & Deco テーブル | Comments(2)

撮影の買い出しシリーズ2 テーブルレシピスタジオへ

満開の桜がちょっとかわいそうな薄曇りの日。
d0170823_18221714.jpg
家で来週の撮影のテーブルコーディネートを詰めていたけれど、やっぱりナプキンの色が家にある物では納得できない。
インターネットでしばらく探して、あれこれ迷ったけれど、コンピューターのディスプレイが発する色がどれだけ信用できるのか。
やっぱり実物を見なければ。。。

ということで、買い出しにまたもや問屋街へ。今回は人形町。
無地で特定の色のクロスやナプキンが欲しいときに頼りになるのがテーブルレシピさん。余裕があれば、見本生地を頼んで送ってもらう事もできるんだけど、今回は今すぐにでも手に入れたいから、直接スタジオへ。
d0170823_18222038.jpg
爽やかなスタジオのスタッフの方に囲まれて、わがままにも白いお皿を借りて色合わせする。たくさんの色があって迷ったけれど、希望の一色を見つけて枚数もぎりぎり在庫があって購入できた。
テーブルコーディネートに色を添えたい時、こちらのデリシャスカラー、30色近くあるのでオススメです。
d0170823_18221462.jpg
(スタジオの写真:サイトからお借りしました)


クロス類の整理をそろそろしなければ、箪笥が破裂しそうな気もする。

d0170823_06495648.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-04-01 18:46 | Tables & Deco テーブル | Comments(2)

【撮影の買い出しに問屋街へ 〜 そして好きな食器店との出会い】

テーブルコーディネートの撮影用に問屋街へ買い出しへ。

どうしても変わったリボンが欲しいから、まずはリボンの木馬さん。合羽橋にも行っておきたいな。でもあれ、それぞれ最寄り駅が結構遠くて、大変そう?

と、マップで確認したら、木馬さんから合羽橋はまっすぐ直線で歩いて行けるんですね!(知らなかったのは私だけ?)

いつもの事ながら、圧巻の品揃えのリボン。必要ないものまで欲しくなる。けど、ぐっとがまん。悩みに悩んで個性的なリボンを購入。
木馬さんをあとにして、まっすぐ歩く。約7分でニイミさんが見えて来た!こんなに近いとは!
d0170823_11152987.jpg
合羽橋ではいつも寄る店に欲しい物があるだろうと思っていたら、今日は見つからない。とてもがっかりするが、気を取り直して、手当たり次第、白い食器を置いている店に入ってみる。

考えてみたら、合羽橋に来始めた頃はいろんな店に入っていたのに、最近は決まった店にしか入っていなかった。
外から見ると何もなさそうな店にお宝の様に、ヨーロッパで見つかるような安いプレースプレートが売られているのを発見したり、フランスの昔風の味のある陶器が売られている場所も発見。

でも今回の一番の収穫は白いキッチン雑貨専門店バイスーさんを見つけた事。こちらは白い食器がたーくさん。お手頃なお値段で買える。レッスン用にも、普段使い用にもとても良い。ここで、欲しい物を見つけた。

いつもと違う事をする、違う道を通るって、なんて楽しいのだろう。こうなったらつくばエクスプレスに一駅だけ乗ってやろうと歩いていたら包丁屋さんの前に中世の騎士を発見。これは家の息子達が喜ぶはずなので写真を撮る。
d0170823_11153514.jpg
家に帰って、戦利品のリボンと食器を眺めて満足。さあ、コーディネートしてみよう。
d0170823_11153273.jpg



d0170823_06495648.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-03-25 11:45 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

【Decoration de Paques イースターの飾り】

春分の日が過ぎ、東京の桜の花も開き始め、今週末はイースターサンデー(復活祭の日曜日)がやってきます。
d0170823_10563634.jpg


長男が中学生になるまでは毎年、早起きしてイースターエッグを庭やベランダに隠して、早起き大騒ぎの子供達とエッグハントをしたっけ。。。

大きい子がどんどん卵を見つけてしまうので、小さい子のために低い所(植木鉢の裏とか、木の根元)にも隠しておいたものです。ヒントをあげながら(あくまでも子供は自分で見つけたいので)、手を引いてなんとなく卵の近くを通ったりしました。

お兄ちゃん達が見つける前に見つけられたら大喜び。かわいかったな〜と思いながら、今年は久しぶりにエッグハントをしてみようかと、プラスチック製の卵に卵形チョコレートをしこんでいます。


d0170823_10563917.jpg


いつもお花をお願いするププラモスさんに春のお花を頼んだら、とても珍しい笹の葉みたいな葉っぱがついたミモザを届けてくれました。

「これが市場に出て来るのは珍しいんですよ〜。ラッキーですね!」とニコニコ笑顔で。一気に春が来た感じです。
d0170823_06495648.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-03-23 11:30 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

カナダのテーブルウェアディスプレイ

テーブルウェアとコーディネートを愛する人々へ、カナダのお土産のテーブルウェアのディスプレイ写真。
(といっても夏に撮った写真なので、秋を意識したコーディネートが多いです)
シンプル、ナチュラル、でもシックなカナダのディスプレイ。
食べ物が美味しく見えそうなテーブルウェア。

d0170823_19253644.jpg
d0170823_19254186.jpg
d0170823_19254566.jpg
d0170823_19254983.jpg
d0170823_19255336.jpg
d0170823_19255660.jpg
d0170823_19261183.jpg
白いお皿のディスプレイ棚の上に色とりどりのガラス瓶がかわいい。
個人的にはブルーグレイのお皿が珍しくて心惹かれました。

d0170823_06495648.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-03-17 19:37 | Tables & Deco テーブル | Comments(2)

【春のテーブルコーディネート展示を見に西武池袋店へ】

先週末は西武百貨店池袋店へ、春のギャザリングパーティーのセミナーと展示を見に行きました。
コーディネート&講師はStyle GreenのMichi先生。
Michiさんとは最初あるセミナーで同席し、その後はいろんな所でご一緒するようになりました。

実は昨年もMichiさんが銀座の香蘭社でコーディネート展示&セミナーをしたときにお伺いして、その柔らかい口調のお話に癒されてファンになりました。
当日、リビング売り場7階は全体的にピンクの優しいトーンで飾り付けされている中、さらにピンクで惹かれる一角があるな〜と思ったら、そこがMichiさんのテーブル&セミナー場所。
ドレスも素敵でしょう?「関西出身ですから。」と笑っておっしゃっていたけれど、関西の方って、欧米の方のような色彩の使い方をするなとかねがね思っていたのです。このピンク、大好きな色です。

d0170823_09511458.jpg
このセミナー3月13日(日)にも開催するそうです。展示の方は3月22日まで見られるそう。

セミナーから帰って来たらうちも春のディスプレイをしたくて、暖炉上にイースターのコーナーを作ってみました。
d0170823_09515234.jpg
d0170823_09095744.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-03-09 10:16 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

【ローズピンクが印象的な桃の節句セミナー】

2月に入ってから、日差しに春を感じる日も増えてきました。花粉をすでに感じているという知人もいます。

そんな中、丸山洋子先生の桃の節句セミナーへ。
桃の節句にピッタリな福井県の山久漆工さんと先生のコラボの「モダンかわいい」(テーブルのイメージスケール8分類や16分類を学んだ方、モダンとプリティをミックスするなんてあまり思いつかないと思いませんか?)「SHAKU-YAKU」シリーズの漆器を丸山先生のコーディネートでたくさん見せて頂きました。

芍薬は、日本では美しい女性を表す言葉として使われますし、フランス人にPivoine(芍薬)というと、6月頃の夜の時間が長くなる、柔らかな夕べ、華やかな女性を連想させる言葉なのです。その名前がピッタリだと思いながらじーっと見て、触って、お茶まで頂いてみたローズピンクのティーカップ&ソーサー。色気があるのに、かわいいなあ。
d0170823_08321681.jpg
美しい年上の女性が、「自分のために。」と1組だけ買われている姿が印象的でした。私も最近、一人でお茶やコーヒーで一息入れる時、自分のためだけのとびきりのカップがあったらなあと思い始めていたところ。
ローズピンク、白、ブラックシルバーの構成のシリーズなので、どう組み合わせて使ってもやっぱり「モダンかわいい」。

ランチビュッフェは素材に気を配った優しいお味のMOMOEケータリングで、こちらも堪能しました。春の野にでて、ピクニックをしているような気分のお料理とセッティング。
d0170823_08322018.jpg
お話に夢中になりすぎて、ビュッフェテーブルの前に集まってしまっているのに気付き、反省。
でもいろんな方と交流できて、豊かな時間を過ごしました。

帰り道でニコライバーグマンさんとすれ違いましたが、こちらはモダンかっこいい。

d0170823_09080291.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-02-07 09:11 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

【Tableware festival 2016 で心を奪われたジアン】

現在開催中の東京ドームテーブルウェアフェスティバル。
毎年楽しみな祭典ですが、今年は特に Maison de Parisという、パリのエスプリを感じられるフランスのテーブルウェアが集まっているコーナーがあるのです。おなじみのブランドもあれば、初めて見るブランドも。どれもパリジェンヌの様に、洗練されているけれど堅さのない、少し色気のある器達です。

その中でも私はジアンに心奪われました。というより、再び恋に落ちたと言う感じ。
ジアンを知ったのは、はるか昔、フランスで結婚するときに、東洋のお嫁さんだと聞いた親戚の人が、東洋風のジアンの絵皿をプレゼントしてくれた時でした。そのシリーズは今はなくなってしまったみたいだけれど。今でもそのお皿を出すと、皆さん、「わ〜、素敵!」と言ってくださいます。

10年以上前の夏休み、ロワール河の古城を訪ねようということになり、地図を見ていたら、行く途中にGIENという街があることを発見。「これってあの食器のGIEN?」と聞くと、正にそうでした。行ってみると、ジアン陶器博物館はすでに閉まっていて(開館時間内に行った気がするけれど、これもフランスらしいってことで)、隣りのファクトリーストアを見るのみ。荷物の関係で大きい買い物はしないつもりだったのに、おばあちゃんの台所を思わせるようなサラディエ(サラダボウル)に出会ってしまい、陥落。
d0170823_09432681.jpg
それがこちらHortensia 紫陽花。(実物は洗面器のように大きいです)

その後、日本に帰って来てから出会うジアンはカラフルで元気な感じのお皿が多く、私がジアンにもとめる、『おばあちゃんの台所』っぽいシリーズが少なくなったように感じました。

が、ここ数年、『おばあちゃんの台所』のお皿が戻って来ているようです。フランスのサイトでは前からチェックしていたのですが、今回のテーブルウェアフェスティバルで実物を目にし、手に取ってみる事が出来ました。
d0170823_09102671.jpg
Mariage a la campagne 田舎の結婚式:結婚式への段階が一枚ずつ描かれていて可愛い。プロポーズ、市役所で婚姻届、etc.
d0170823_09102221.jpg
Monuments de Paris パリの記念碑 

テーブルコーディネートするときに、「白で無地が使いやすいですよ。」と自分で言っているし、わかっているのに、絵柄物がかわいいなあと思うこのごろ。テーブルにのせるのが難しいかな〜、でも気になる〜。もうすぐ春ですからね。恋しているのです。

d0170823_09162056.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-02-05 10:08 | Tables & Deco テーブル | Comments(4)

【Inspirations Maison et Objet 2016 パリ・メゾンエオブジェ 今年のトレンド】

来週から東京ドームのテーブルウェアフェスティバルが始まる。毎年楽しみな祭典。特に今年はMaison de Parisというコーナーが設けられていて、フランスの食器がたくさん集まっている様子。待ちきれません。

が、その前に、ちょっと行ってきますと言う訳にはいかないけれど、1月22日から始まっているパリのMaison et Objetの話を少し。
d0170823_09533945.jpg
インテリアやテーブル周りのお仕事をしている人や、純粋にそれが好きな人にとって、こちらも大切な展示会。

2002年からこの展示会に登場した、Observatoire(トレンド観測所)が新しいトレンドや消費動向を観察して、その展示会のテーマを決める。2016年1月のメゾンエオブジェのテーマは「WILD」だ。(WILDについてのビデオはこちら

サイトに紹介されている「WILD」の概要は
Chasser le naturel, il revient au galop「どんなに本性(自然)を追い払っても、すぐに戻ってきてしまう。」というフランスのことわざから始まる。どんなに世界が都市化、フォーマット化されていっても、私達は自然を欲する、原始に戻る、母なる地球とのハーモニーを求める。ReWILD yourself.

明日で終わってしまうけれど、WILD、見に行きたかった〜。

d0170823_09162056.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-01-25 10:25 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)