暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、お問い合わせ

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

mcherryさん、妹さ..
by grandeN at 06:30
こんにちは♪  お..
by mcherry0929 at 14:46
のんびりだな〜、向こうは..
by grandeN at 09:06

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

カテゴリ:Cuisine  美味しいもの( 64 )

【有機の甘夏ジャム作り】

「四季を愉しむ手しごと」著者の小島喜和さんの甘夏ジャムのワークショップに参加した。
いくつかのワークショップの中から絶対行きたかったのが甘夏ジャム。
だって、この表紙があまりにもきれいで。
d0170823_16112453.jpg
喜和さんから、レシピや柑橘についてのお話をうかがって、早速調理スタート。
そして最初の作業で、そうそう、これこれ!
d0170823_11455013.jpg
ゆでて、切って、煮て、何回も丁寧に灰汁を取り、漉して、計って、煮詰めて。
d0170823_11455353.jpg
d0170823_11462069.jpg
d0170823_11462500.jpg
d0170823_11462215.jpg
そしてお楽しみはもちろん喜和さんのお菓子とお茶の時間。
清美オレンジのタルト。アパレイユは思いも寄らない組み合わせで美味しかった。でもちょっと納得いかない表情の喜和さん。「きよみがちょっと強いね。この前のきよみはこんなに強くなかったんだけど。」なんか女の子の話をしているみたい。見ての通りの美人のきよみ。
d0170823_11462775.jpg
d0170823_12020768.jpg
トースト、スコーン、ヨーグルト、それともお菓子に入れようか。
やっぱりバゲットに美味しいバターと一緒に、かな。


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


______________  お知らせ   _______________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-04-25 12:13 | Cuisine  美味しいもの | Comments(0)

【テーブルコーディネートと家族と楽しむ冬のディナー】

Table de Nのレッスンのたびに、新しいテーブルコーディネートを考えている。でも、それはテーブルクロスやテーブルウェアを全とっかえするのではなく、すでに持っているものを使って少しだけ新しい物を足し、その組み合わせで新しさを出すようにしている。

実は数年前は毎回ほとんど全部を揃えるような事もしていた。思えば、自分らしさをどの程度見せて行って良いのか分からず、バラエティに富む事ばかりに捕われていたと思う。でもある時、Table de Nの常連さんが、「素敵だけど、なんか信子さんらしくないね。」と言った。その時、目が覚めました。本当に良く言ってくださったと思った。自分が好きではないスタイルでも多様性の一つとして「やらなきゃ」という気持ちで作ったものは、それが伝わってしまうのです。その上、「大好き」とは言えないテーブルウェアやクロスが増えてしまう。
それからは開き直って「私はこれが好き」というテーブルコーディネートをしています。そしてそのうちに自分なりのスタイルができたと思うし、それを気に入ってくださるかたが通い続けてくださっていると思う。万人に好かれなくても良いのです。好きなスタイルのテーブルコーディネーターに習うのが一番。
普通の家庭ですべてのスタイルを再現できるだけのテーブルウェアを備えるなんてできないこと。だから自分のスタイルを見つけるのが一番大切。(洋服だって同じでしょう?)

と、前置きが長くなってしまいましたが、冬のレッスンが終ったあとにレッスンのテーブルコーディネートで家族とディナーを頂く。メニューは多少違っても、冬を楽しむ料理である事に変わりない。
キャンドルに火をともし、ゆっくりワインを飲みながら食事。これがレッスンの先にある最終形です。「家族に還元」(これも通ってくださっている方のお言葉)が一番大切で、実践してくださると嬉しいです。

d0170823_14443722.jpg
d0170823_14443420.jpg
d0170823_14443267.jpg


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-02-27 15:10 | Cuisine  美味しいもの | Comments(2)

フランスの伯母からの贈り物(くらし部門)

年賀状と言うのは日本独特の文化。うちはフランスの家族にもクリスマスカードを送らずに、年賀状ができたら、それに不足分の切手を貼って送っている。もし年末早めに郵便局に行けば、不足分(海外向けハガキ郵送代70円 ー 年賀ハガキ代52円)の18円切手が売っている。昨年は和食の絵柄で可愛かった。が、私が買いに行った郵便局にはあと12枚しか18円切手が残ってなかった。足りない分の年賀状には、10円+5円+3円や10円+5円+2円+1円切手を貼らなければならず、宛名を書く場所がほとんどなくなる。

そんな切手オンパレードのハガキで、一年に一回、フランスの親戚に年賀状を送っている。
老人達は返事は書かなくても遠い国からくるハガキを毎年楽しみにしているらしい。冷蔵庫にマグネットで貼って眺めているそうだ。

そのお返し、というわけか、ディジョンで美味しいと評判になっているショコラトリーのチョコレートが送られて来た。送り主は夫の伯母さん。おしゃれでグルメな彼女は、会うたびに真似したいところがみつかる素敵な女性。優しいしゃべり方なのに、ビシッと自分の意見を言う所が好き。
シックな箱の大人のチョコレート。
d0170823_10264023.jpg
調べたらつい最近まで日本でこのチョコレートは買えたらしい。グルメ大国日本、恐るべし。

その他にも、うちの子どもがフランスに行く時に必ず面倒を見てくれる叔父や叔母もいる。みんなインターネットなどしない人ばかり。年賀状一枚でもつながっている感じが嬉しい。

第一回プラチナブロガーコンテスト
d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-01-28 11:01 | Cuisine  美味しいもの | Comments(0)

美しいミニエクレア (くらし部門)

先日行ったピカール(フランスの冷凍食品スーパー)。
最初に言っておきますが、私はピカールの回し者ではありません。ただ、フランスの友人たちに「ピカールがなくては生きて行けない」と言わせるこの冷凍食品に興味津々なだけ。

このごろフランス人の友人と会うと、年末年始にたくさんパーティーをして利用したためか、『ピカールでは自分はこれが美味しいと思う』、とか『ピカールのうちの定番』の話になる。
美味しいものに興味があるのは日本人と同じ。そして、ちょっと楽をしたいと思っているところも同じ。

週末を待って『食いしん坊のミニエクレア』を試してみた。
まず、美しい〜。
d0170823_10220911.jpg

ピスタチオ&オレンジ、フランボワーズ、シトロン、ショコラ&ヘーゼルナッツ、どれも本当に美味しかった。
それに安いから、困っちゃう。近くに住んでいなくてよかった、と思った。


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-01-21 10:22 | Cuisine  美味しいもの | Comments(4)

寒い日の簡単デザート Pomme au four・焼きりんご(くらし部門)

寒い日のおもてなし、ってほどのことはない簡単ランチ。
赤ちゃん連れには家が楽でしょうということで。

一人遊び、ぐずる、だっこされる、ミルクを飲む、寝る、ぐずる、だっこされる、寝る。。。
の合間に、ママはやるべき事、やりたい事をはさんでいくのがどんなに大変か思い出した。
家事は数分の隙間が勝負だったあの頃に比べたら、今は自分の時間がたっぷりあるんだと気付かされた。

でも、そんな動物的なリズムで生活するのは結構気持ち良いと言う事も思い出した。
さんざん育児、家事をがんばった後にむさぼる、赤ちゃんとのお昼寝タイム。

手の込んだケーキよりも『焼きりんご』の気分でした。
d0170823_09583506.jpg


第一回プラチナブロガーコンテスト

d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-01-14 10:12 | Cuisine  美味しいもの | Comments(0)

ピカールPicard と ビオセボンBio c'Bon (くらし部門)

「フランス流しまつで温かい暮らし」の準備をしているときに、編集者さんと何回も話題にしたフランスの冷凍食品スーパーPicard(ピカール)。冷凍食品といえば罪悪感をもって利用する感じだけれど、フランス人達は「ピカールがなければ生きて行けない。」というほど普通に利用している。便利ということもあるけれど、大体「おいしい」。
本にも書いたけれど、ピカールのデザートを気軽なおもてなしに出すフランス人も多くて、下手にデザートを褒めないようにしている。

日本ではインターネットで購入できる、というところまでで私の本は出版されたが、とうとう昨年末ピカールとフランスのオーガニックスーパーBio c'Bonの店舗が東京にオープンした。青山に住んでいる友達が、当初は行列しているのでしばらくは行かないと言っていた。年も改まり落ち着いたようなので私は麻布十番店へ。久しぶりの友達と待ち合わせるようなドキドキ!
d0170823_06565372.jpg
Bio c'Bon、日本の食生活に寄り添いながらもフランス食品がたくさんあって興奮しました。それにBio(オーガニック)っていうのが嬉しい。生鮮食品だけでなく、フランスで通っていたBioCoopを思い出させるような、お菓子や乾物類、スキンケア用品などもある。平日の昼間、混雑はしていなかったけど、ベビーカーを押して買い物するお母さんを何人も見かけた。高級感があるのにレジ袋は持参というのがBioらしくて良い。フランスだと、袋をわざわざ持って来ない若い学生達は買い物を出来る限りポケットに詰め込んで、抱えて帰っていたな〜と思い出す。
昨年会ったフランスの友人も「子供が大学生になって一人暮らしが始まり、食べているのか心配だったけど、アパートのそばにピカールができたの。たぶん飢え死にする事はないと思うわ。」と言っていた。

第一回プラチナブロガーコンテスト


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-01-11 08:37 | Cuisine  美味しいもの | Comments(2)

寒い夜にグラタン (くらし部門)

冷たい雨が降り始めた午後。スポーツにでかけるはずだった子供も家でゆっくり本を読んでいる。
寒い日はグラタン。
数日前に作ったお肉の付け合わせのロマネスコのピューレが冷蔵庫に残っていたので、それをハムで巻き、ベシャメルソースをかけてチーズを散らして、アンディーブ・オ・ジャンボンならぬロマネスコ・オ・ジャンボン。
d0170823_11014162.jpg
ロマネスコ、食べた事ありますか?カリフラワーのような味だけど、形が特徴的。フラクタルという幾何学的な形状をしている。
d0170823_11065075.jpg
ピューレにしちゃったのでロマネスコらしさは失われたけど、ロマネスコって言うからにはローマから来たのかな。でもロマネスコって言う割りには形はゴシック調じゃない?なんてブツブツ言いながら作ったグラタンはとっても美味しかったです。
d0170823_11014598.jpg

第一回プラチナブロガーコンテスト


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-01-09 11:12 | Cuisine  美味しいもの | Comments(0)

1月6日はGalette des Rois ガレットデロワ (くらし部門)

1月6日はEpiphanie(公現祭)。
というよりガレットを食べる日ね、子供にとって。
学校の給食には来週ガレットがでるみたい。
小学生の時は当たらないと本当に落ち込んでいたな〜。
中高生になって、かっこうつけていてもガレットを楽しみにしているのは変わらない。

フランス人と結婚した日本人ママ友が「そうだ、作ろうと思ってた〜。」と言っていた。
結婚した相手のお雑煮の味をマスターするように、日仏国際結婚の私達は行事のお菓子をマスターするんです。

d0170823_18254245.jpg


第一回プラチナブロガーコンテスト


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2017-01-07 06:24 | Cuisine  美味しいもの | Comments(2)

【今年のクリスマスディナー】

遅ればせながら、我が家の今年のクリスマスディナーの覚え書き。
クリスマス当日は旅行中で家にいなかったので、数日遅れてクリスマス。日本中がクリスマスからお正月へと早変わりの術を見せる12月26日以降ですが、うちはのんびりクリスマスタイム続行中。1月上旬はまだクリスマスのデコレーションの中で暮らしています。クリスマスもお正月もおめでたさは変わらないかな?という姿勢は結婚以来変わらず。

テーブルセッティングはクリスマスレッスンのテーブルで。
d0170823_09152239.jpg
Champagne Roséロゼシャンパン
Terrine de foie gras Daniel Martin, accompagné de pain d'épices aux cranberry et mangue ダニエル・マルタンのフォアグラのテリーヌ パンデピスのせ クランベリーとマンゴーソース
d0170823_09152797.jpg
Steak au poivre flambe Albert  牛ステーキのフランベ 胡椒ソース アルベール風
d0170823_09152479.jpg
メインとデザートはダニエル・マルタン料理教室で習ったもの。Steak Albertのアルベールとは料理人ではなくてメートルドテルの名前。マキシムの1920~30年代の料理で、お客様の前で給仕長がコニャックでフランベするという黒胡椒の効いたパンチのあるソースのステーキ。ちなみにこの年代にマキシムに通えたのは、政財界の要人や女優などマキシム側から選ばれた人のみだったそう。マキシムで長く勤めたダニエル・マルタンのフランスレストラン史はいつも面白い。
余談ですが、先月東京の星つきのフランス料理店に行って、給仕の方が肉を切り分けてくれる料理を頼んだのだけれど、切り口がガタガタになってサービスされました。星付きレストランの給仕はいつも完璧だろうと勝手に思っていたので、お客様が凝視する前でフランベしたりデクパージュしたりするのは、大変なんだなぁと当然の事に気付かされました。その名前が料理名に残るアルベールというメートルドテル、どんな方だったんだろう。

デザートはBuche chocolat blanc et noix de coco a la mangue ホワイトチョコレートとココナッツのビュッシュドノエル マンゴー風味
d0170823_09163081.jpg
Joyeux Noel et Bonne Année!




d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2016-12-30 09:40 | Cuisine  美味しいもの | Comments(0)

【クリスマス・ポットラックパーティ】

必ずクリスマス前に集まる友人達。
子供の受験などで大変な年はさらっとランチで済ます事もあるけれど、余裕があればなるべく家で集まる。
理由はみんながとってもワイン好きでたくさん飲むし、家の方がゆっくり話せるし、知り合ってからの方が知り合う前よりも長くなった友人達だから家族みたいなもの。

毎年、メインは家で作り、あとのアペリティフ、前菜、チーズ等を手分けして持って来てもらう。おすすめワインを1本ずつも必ず。

そのときの話題の品だったり、気になる食材などいつも発見がたくさん。今回は珍しく黒いお皿の気分だったので、家にある黒い大皿と取り皿を久しぶりに出す。みんなの気分もカラフル&ベジタブルだったので、とても映える。
d0170823_11000711.jpg
そしてみんな料理上手&グルメ。お料理も美味しく、買って来てくれたチーズも全部試食して買ったというだけあって、絶品(また食べたい)。お互いにどうやって作った?と聞きながらキッチンで1時間くらい準備して、アペリティフに突入。
d0170823_11061973.jpg
今年は私の本の出版もあったので、出版秘話みたいな話もでる。私が黙々とやっていたことに気付いてくれていたことが嬉しいし、時にフランス寄りの変わった感覚も受け入れてくれる。
娘の提案で、本の中に出てくる写真のように俯瞰図も撮ってみたら、楽しそうに撮れた(実際の写真は顔まで写っているけど、みんな夢中で話してる)。
d0170823_11012614.jpg
もうすぐメリークリスマスですね!


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


________________  お知らせ   _________________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

by grandeN | 2016-12-15 11:22 | Cuisine  美味しいもの | Comments(0)