暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、インスタグラム

ホームページ

インスタグラム

お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

基本的に楽観的なほうです..
by grandeN at 05:27
こんにちは。 私も..
by ちしゃねこ at 03:44
きっとお年寄りが家族にい..
by grandeN at 15:18

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
珈琲文明~こーひーぶんめい~
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

On est prêt pour Noël! クリスマスの準備ができました!

サンクスギビングが終わって、11月中ずっと考えていたクリスマスの飾りつけにやっと着手しました。
ハロウィンの時も感じていたのですが、今年はイベントの飾り付けをいつものようにしていても、心のどこかが悲しいです。3月のショックからまだ日本中が立ち直れていないのでしょうか。みんな楽しくしたい気持ちはあるけれど、心の底から無邪気に笑っていない気がします。
それでも家族中を巻き込んで、家中の飾り付け。
d0170823_14353243.jpg

がんばる子供達がはりきってオーナメントをつけようとして落として割ってしまいました。でも、これで「オーナメントはプラスチックじゃなくてガラス製だから気をつけよう。」という事を学んでくれたはず。と、書くが易し、実際は「何やってんのよ〜。」と言ってしまいましたが。
d0170823_14374161.jpg

夜になって、外から家の中を見るために娘と外に出て「いいね。」と確認して家に戻ると、夫が暖炉に薪を入れていました。暖炉の火を見ながら温かい飲み物を飲んだり、パズルやゲームをしたり、やっと冬を楽しむ準備が整いました。
d0170823_14422864.jpg

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
by grandeN | 2011-11-28 14:47 | Maison 家 | Comments(4)

Un colis de France フランスからの小包

この時期になると、毎年フランスの両親から小包が送られてきます。
d0170823_10422688.jpg

11月26日が娘の誕生日なので、プレゼントが入っているのですが、ちょうどアドベントのころと重なるので必ずクリスマス気分を盛り上げる物が入れられています。家族中が温かい気持ちになります。感謝!
d0170823_10415190.jpg

アドベントカレンダー (チョコレート入り)、5人分。
両親なりに「この人にこの絵柄を」と考えて送っているのです。でもここ2、3年、娘用にディズニープリンセスのアドベントカレンダーを送ってきても10歳の娘は「マミー(フランスではおばあちゃんのことをマミーと言います。ちなみにおじいちゃんはパピー)、私の事、まだベベ(赤ちゃん)だと思っているね。」と言ってプリンセス柄を拒否するので私がプリンセス担当。
柄よりも、家の子供達が取り合うのは「Milka」のカレンダー。だって、チョコが他のやつよりずっと美味しいんですもん。
d0170823_1103819.jpg

Un an de plus
もう一つ年をとったね。
以前、Teenager(ティーンエイジャー)とは10代の子供の事を言うと思っていたのですが、うちのティーンエイジャーに「英語でteen(ティーン)がつく数13から19がティーンエイジャーだよ。」と言われて納得。10歳と13歳では別人。13歳くらいになると大人の準備が始まったと思えますものね。

子供がいるクリスマスは良い物です。いつまでも小さいままでいてくれたらと思う季節です。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2011-11-23 11:11 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

展示設営完了! クロスオーバースタイルのテーブル

11月22日〜12月1日(定休日:日、祝日)銀座の香蘭社ショールームにて、輪島塗をメインにした「クロスオーバースタイルのテーブルコーディネート提案」の展示があります。
d0170823_19302519.jpg



d0170823_19334890.jpg

今日は一日中セッティングに行ってきました。メンバーは今回の展示会のために結成したLUCE2011の6名。それぞれの得意分野を生かして、とても面白い展示ができたと自負しております。


日本の伝統工芸である作家物の輪島塗、西陣織、江戸切り子、そして香蘭社の素晴らしいお皿を使っての『洋テーブルの提案』です。それぞれのテーブルにはそれぞれのストーリーがあって、お話を読んでそのテーブルの実際の情景を想像するのも今回の展示会の楽しみの一つになっています。





作家物の輪島塗を使うと言う事は、一点ものが多い中で、展示会時にどの作品が手に入るかの確証がなく、最後までハラハラした準備期間となりました。最後は香蘭社様を始めLUCE2011のリーダーのお力添えで素晴らしい作品を使わせて頂ける事になり、大変感謝しています。
d0170823_19382065.jpg


各百貨店やブティックがクリスマスのディスプレイを競い合う、美しい銀座の街並に呼応するように、私達のテーブルも街灯が灯る頃には完成に近づいて、輝きを増していきました。

d0170823_19395099.jpg

お近くにお越しの際は寄って頂きたいのはもちろんですが、クロスオーバースタイルがお好きな方は是非見に来て頂きたいと思います!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2011-11-21 21:25 | Tables & Deco テーブル | Comments(2)

ワインの「おとも」とワインの選び方

ボジョレーヌーボーが解禁になっても、あまり気にしない夫。それに普通の木曜日に急にワインを飲むための料理を作る気にもなれず飲まずにいましたが、たまたま友人の所で今日いただきました。
結構おいしくてビックリ。
私は何も食べずにワインだけを飲む事ができません。ワインを飲むのはおいしい料理、チーズ、など何か一緒に食べたい物があるから。

ワインのお供は何がお好きですか?

フランスなら人気があるのは、
Saucisson ドライソーセージ
d0170823_17121645.jpg

Fromages チーズ
d0170823_17125899.jpg

日本では流行りもののような扱いを受けているけど、フランスではおばあちゃんの代からワインのお供と言えば Cake salé ケークサレ。
これがブルゴーニュに行くとgougèreグジェール(チーズ味のシュー)に。
d0170823_1715718.jpg


でも本当のお供は、会話する相手でしょうか。二人きりでも大人数でもワインを飲めば話も弾みます。
だからと言って、ワインについてのうんちくをずーっと語り続ける人とはワインを飲んでいても楽しくない。

ワインはどうやって選んでいますか?うちは夫が好きな物をお店からチョイスして来たり、ワインの専門家に食べたい料理を伝えて選んでもらいます。あとはブルゴーニュでワインを作っている夫の親戚から買う事も。
個人が家でちょっとずつ味見できるワインの数に比べると、圧倒的に多様なワインを毎日試飲しているプロにはかないません。
でも料理から入らずに、ストーリーからワインを選ぶことも有りだなと思わせてくれた本があります。

          「フランスワイン 33のエピソード
d0170823_17543648.jpg


著者は友人の須藤海芳子さん。知性的だけど親切な文体で、フランス旅行をした気分になります。
須藤さんは、フランスのシャンパーニュやチーズのシュヴァリエ(騎士の称号)も持っていらっしゃるすごい方なのに、ご本人はとてもかわいい方。フランスがお好きな方はぜひ読んでみてくださいね。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2011-11-18 18:21 | Cuisine 美味しいもの | Comments(0)

秋から冬へ vers l'hiver

冷たい雨は嫌だけど、そんな日は家に帰った時の温かさと安心感がいつにも増して感じられる、幸せなとき。
幸せな気持ちを家族にもっと感じて欲しくて、パウンドケーキのチョコレートがけを作ってみる。家っていいな〜と思ってくれるはず。
d0170823_203336.jpg

ハロウィーンのかぼちゃをかごにまとめてサンキライのつるを飾れば、深まった秋から冬へと季節が変わって行くのが感じられる。
風邪をひいて元気がないときも、いきいきとした植物を見ると元気が出る。
d0170823_20323358.jpg

せまってくる年末。あっという間に過ぎて行くでしょう。
去年のクリスマスはカジュアルなアメリカのクロスに、夫のおばあちゃんが使っていたナプキンを合わせました。軽い雰囲気の中に歴史がある物を合わせるとカジュアルテーブルもぐんとシックになります。パターンオンパターンは自分の洋服では絶対しないけれど、テーブルに使うのは好きです。
d0170823_2030640.jpg

災害の多かった今年。皆が心安らかに年末を迎え、新しい年を希望を持って迎えられるよう祈っています。
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2011-11-12 20:45 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

クリスマスサロン

11月29日から"Noël en France"(フランスのクリスマス)をテーマにサロンを開きます。
が、今までサロンに来て頂いた方、お知らせが欲しいと言ってくださっていた方に先にお知らせしましたところ、ほぼ満席になってしまいましたので、ブログでお知らせできる回はなくなってしまいました。
もし、追加でサロンを開催する事になりましたら、こちらでもお知らせいたしますね。
ありがとうございました。
d0170823_9411714.jpg

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2011-11-10 09:47 | Table de N サロン | Comments(0)

ハロウィーンとクリスマスの間には…

ハロウィーンが終わるといきなりクリスマスの飾りが街中に現れます。
東京ディズニーランドのハロウィーンの飾りが11月1日になったとたんクリスマスバージョンになっているのは魔法の様。でもハロウィーンバージョンのとき、よ〜く飾りをみるとオーナメントをちょっと変えればクリスマスに使えそうなものをうまく忍ばせているのに気づいたことがあります。
d0170823_22144483.jpg

アメリカに住んでいた時、町はハロウィーンからいきなりクリスマスにはなりませんでした。
11月下旬にサンクスギビング(収穫感謝祭)が待っています。
日本ではあまり祝わないサンクスギビング。ターキーを焼いて家族で祝うのが習慣です。
日仏家庭では祝わないサンクスギビングを無視していきなりクリスマスになってしまえば良いのですが、そうなれない理由がうちにはあります。
d0170823_2227137.jpg

それは10年前、アメリカのサンクスギビングの時のこと。私は妊娠中でした。大きなお腹で近所に住む方をターキーを焼いておもてなししました。枯れ葉が散り終わった、北風が寒い日。
ご近所さんは「サンクスギビングが終わると明日からクリスマスセールが始まるよ。朝早くからスーパーで安売りするからクリスマス用品やプレゼントを買うチャンスだ。」と教えてくれました。
その夜、疲れたな〜と思いながらなかなか眠れないうちに朝になり、次の日はなんだかお腹が痛い。「予定日にはまだ早いな。」と思ってのんびりしていたのは午前9時。その後あっという間に陣痛が来て午後1時30分には娘が生まれていました。サンクスギビングのプレゼント。(確かに5キロもあるターキーを焼いておもてなししてれば陣痛も来ますって)
それからというもの、うちでは、娘の誕生日が終わらなければクリスマスの飾りは出さないと言う決まりになったのです。(っていうか私が勝手に決めました)
大好きなクリスマスの飾り。出したいけれどもう少しがまん、がまん。
d0170823_2237485.jpg


にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2011-11-05 22:50 | Quotidien 毎日 | Comments(0)