暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、お問い合わせ

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

楽しい時間でした。こすも..
by grandeN at 13:25
素晴らしいお料理が並んだ..
by akicosmosA at 10:00
mcherryさん、あり..
by grandeN at 05:17

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

手編みのセーターからスヌード、その次は。。。 Au fil du temps

以前も書いた事があるのだけれど、手作りすることが好きだ。縫い物ならぜったい手縫い、冬は編み物ができれば幸せ。

90年代に夫にプレゼントした白い毛糸のセーター。いろんな形を編み込むのが好きで楽しく編んだのに、あまり着てもらえなかった。

なんたって体温の高いフランス人の夫。冬でも家で半袖で過ごす事が多く、外に出る時はその上にフリースか上着を着るだけなのでセーターは必要ないらしい。
だったらほどいて他の物を作る。使わない物はとっておかない方だし、なんたって他の物を編む口実にもなる。

子供が生まれた時に、おくるみに編み直した。目の数だけを決めて、あとは思いつくままに図案を編み込んで行った。子供がお昼寝している時間にちょこちょこ編んだ。集中して赤ちゃんの世話以外の事を考える時間が嬉しかった。
d0170823_2133987.jpg


3人の子供がおくるみを必要としなくなってから、箪笥の引き出しにしまってあって、たまに来客の赤ちゃんがお昼寝する時に使ってもらったり、テーブルウェアフェスティバルに出展した時には小道具としても使った。
d0170823_2133618.jpg


土曜日の朝、娘が自分はお友達に比べて洋服が少ないと言う。”みんな”はしょっちゅう洋服を買いに行っているとか。

だれが”みんな”なのかはわからないけれど、”みんな”がどうしようとそれはうちには関係ないよ。お洋服が好きだったら、あなたの洋服ダンスに入っていてあまり着ていない服を活用してコーディネートすべきじゃないの?

「でも、本当に欲しい物があるの。持っていないものなんだから。」

「どうしても欲しい物ってなに?」

「白い毛糸のスヌード。」

「え、白い毛糸?あ〜それだったら買いに行かないでいいよ。30分後に手に入るから。」

「ほんとうに?」

本当です。あのおくるみを引き出しから引っ張りだして、長い辺同士を縫い合わせてチューブ型にして端を合わせたら、あっという間にスヌードの出来上がり。
大きさもピッタリで、欲しかったスヌードのイメージ通りらしい。
d0170823_21331221.jpg


どんどん新しい物を買って古い物を捨てる時代。だけど捨てずに使い続けられたら嬉しい。

これを友達に言ったら、家族のためになっていて良いわね。でもこれをまだ使っていないのはあなただけよ。スヌードに飽きたらあなたのために作り直したら?と言われた。

スヌードから私用に何ができるかしら。やっぱり腹巻きかな。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

冬でもぬくぬく♪私のお気に入りあったかアイテム!
by grandeN | 2014-01-26 22:25 | Quotidien 毎日 | Comments(3)

フォーマルディナーのテーブル

すべてがカジュアル方向に流れている現代。
ただでさえ『テーブルコーディネート』と聞くと敷居が高そうなのに、
フォーマル、プロトコールと聞いたら尻込みしてしまう人も多いのではないか。
テーブルコーディネーターと呼ばれる人達でさえ、プロトコールに沿ったテーブルを作る時には細心の注意を払わなければならない。

しかし、プロトコールに沿ったテーブルと言うのは、実は洋テーブルを構成する基本要素が簡潔に表現されていて、余計な物を削ぎ落とした一番シンプルなテーブルでもある。
d0170823_16573577.jpg


ブランチパーティ、ランチパーティ、ティーパーティ、ポットラックパーティ、そしてディナーパーティ。
あらゆる可能なパーティの定義と現代における位置づけ、実践方法、そしてパーティ体験という内容で9ヶ月続いてきた丸山洋子先生のパーティ講座。今回は締めにふさわしいディナーパーティ、それもフォーマル&セミフォーマル。

ホワイトタイ、ブラックタイ、といったフォーマルディナーに招待された体験はあるだろうか?普通の生活をしていたらなかなか無い事だと思う。
ホワイトタイ、ブラックタイは男性の服装の格を示す言葉で、ドレスコードにこれが書かれていたら、私たち女性はホワイトタイと同格のドレス、ブラックタイと同格のドレスを着る事を要求されている。
d0170823_173847.jpg

                         (写真:Wikipediaより)

ホワイトタイに合わせた女性のドレスがあるならば、ホワイトタイに合わせたテーブルセッティングもまた存在する。
d0170823_16574066.jpg


何を着るか、何を使うか。形が整った後で、プロトコールで一番難しいのは社交の部分。全く知らない人と隣になって物怖じせずに会話を楽しむ。共通項を見つけようとして人のうわさ話などを持ち出さないように、などとタブーの数々も考慮すると会話も大変だ。
そして日本人の私たちには不慣れと思われる事は常にカップルで行動すると言う事。基本的に男性だけ、女性だけの集まりではなく、男女のカップルで招待される。
d0170823_16573746.jpg


カップルで招待される話を聞きながら、パリの風景を思わせる窓辺を見ていたら、ふと今、不倫で話題のフランソワ・オランド仏大統領の事を思い出した。
1回離婚した後、10年以上事実婚している女性がいるにもかかわらず、女優と浮気したという。普通、大統領のプライベートには寛大かつ無関心なフランス人がこれを話題にしている。

火曜日の記者会見で「来月の訪米には、どちらの女性を連れて行かれるのですか?」と質問されて、大統領は明言を避けた。当然、自分の名を言うだろうと思っていた事実婚のパートナーは大変ショックを受けていると言う。

ホワイトタイに同格のドレスがあるように、大統領にはファーストレディがいる。もしも正式な結婚と言う段階を踏んでいなければ、基本的には大統領が誰をパートナーとして連れて行こうが良いと言う事になる。
プロトコールというルールの前で、事実婚の自由を選んだカップルは、その愛を証明する勇気を試されている。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
by grandeN | 2014-01-18 19:26 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

Year EndとNew Yearのパーティの思い出

クリスマスからお正月の休みには、親しい人たちとのパーティが多くある。
誰でも友人、同僚、家族と集まる機会が増える時だ。
1月から今年は始まっていたのに、やり残したことを片っ端から片付けるはめになる12月。どうしたって忙しくなる。
私の場合も同じで、たくさんのやりたいこと、やるべきことが12月に入った途端にリストアップされた。

全部やることは不可能。というわけで優先順位の高い物からこなすことになるのだけれど、今の私には大掃除よりもパーティすることの優先順位が高い。
毎日のちょこちょこ掃除で気にならない程度に家は片付いているのだから、ガラスがちょっと曇っていても、普段会えない人、今年もっと会っておきたかった人をどんどん家に呼ぶ。
d0170823_8504887.jpg


普段は月に1回はちゃんとしたディナーの招待をするようにしている。
けれど、12月は何回ディナーやランチ(結局ディナーの時間まで延長される)をしたことか。
その上、普段は簡単料理でご招待していても、クリスマスがせまってくるとしっかりとした料理を作りたくなるし、作らねばという気持ちになる。当然、キッチンに立ち、テーブルセッティングする時間も長くなる。

それでも、久しぶりに会う人たちの顔を思い浮かべ、準備する時間は楽しい。
家族もそれは同じの様で、掃除から買い物まで機嫌良く手伝ってくれる。
パーティスタートの時間まではちょっと忙しい。けれど始まってしまえば出来るだけ座って皆さんのお話が聞きたい。だから、夫の協力を期待する。時に、初めて会った人と夫が討論を始めてしまい、全く席を立たなくなってしまうこともあるのだけれど。
そんな思い出一つ一つに浸っている。

年が明けると、急にさっぱりと清々しい空気に変わる。あのパーティの夜達は夢だったのか。
2014年も始まって、最初の月がすでに半分終わってる。
今年自分がすべきことは何か。どこに向かって進めばよいのか。わからない時は私は静かに座って考えるよりも、片付ける。
この一週間、掃除をたくさんした。年末に放っておいた家回りの掃除、枯れた雑草、お隣の立派な紅葉から落ちた枯れ葉をひろったらなんと45Lゴミ袋に6杯にもなっていた。
すっきりしたら、少し前が見えてきた気がする。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
by grandeN | 2014-01-17 09:27 | Quotidien 毎日 | Comments(2)

Galette des Rois ガレットデロワ

今年初めてのガレットデロワを焼きました。
d0170823_14471140.jpg


1月になると日本ではおしゃれなパン屋さんに並ぶようになったガレットデロワ。
1月6日の公現祭 Epiphanieの機会に食べるお菓子ですが、1月中は人の家にお茶にいくと必ず出てくるお菓子です。

フランスではもちろんパン屋さんでも買えますが、簡単お菓子ですので、家庭でお母さんが子供と作ったりします。
パン屋さんで買えるのは、アーモンドクリームの入った日本でもおなじみのガレット。
夫の実家のあるフランシュコンテ地方で家庭で作るガレットは、中にクリームが入っていなくて折込みパイ生地を使わない素朴な味のガレットです。

ガレットとは丸い焼き菓子の事ですが、デロワは何かと言うと、Des Roisとフランス語で書き、『王様達の』という意味です。ここで言う王様はいわゆるルイ16世のような王様ではなく、12月25日にキリストが生まれた時に東方から駆けつけた3人の博士のこと。フランス語では博士ではなく、rois(王)と表現します。この3博士が王冠をかぶっている絵を見た事があるかたもいらっしゃるでしょう。
d0170823_1447816.jpg


つまりクリスマスはまだ続いていたという事で、12月25日がすぎると急いでクリスマス飾りをしまってお正月準備をするのが日本ですが、フランスでは少なくとも1月6日まではクリスマス飾りは片付けないのです。

というわけで、お正月でも急いでクリスマス飾りを片付けない口実のあった私も、今日ガレットを食べたらそろそろ片付けをしなくちゃね、、、という気持ちにさせるお菓子です。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
by grandeN | 2014-01-06 15:11 | Cuisine  美味しいもの | Comments(0)

Meilleurs Voeux 2014

今年が健康と幸せに満ちた年になりますように。
d0170823_207830.jpg


Que tous vos souhaits et rêves soient réalisés!
GrandeN

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
by grandeN | 2014-01-01 20:09 | Quotidien 毎日 | Comments(0)