暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、インスタグラム

ホームページ

インスタグラム

お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

基本的に楽観的なほうです..
by grandeN at 05:27
こんにちは。 私も..
by ちしゃねこ at 03:44
きっとお年寄りが家族にい..
by grandeN at 15:18

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
珈琲文明~こーひーぶんめい~
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春のサロン ピンクとシルバーのテーブル

春のサロンが終わりました。
今回は春のクロスオーバーテーブル。惚れ込んだピンク色の有田焼と数年前に東京ドームテーブルウェアフェスティバルで手に入れて、ピッタリのコーディネートができるまで大切にとっておいたお皿を中心に。
大好きなシルバー系の食器やカトラリーと、洋服だったらなかなか着ないけれど実は憧れるパステルピンク。
d0170823_82558.jpg


クロスオーバースタイルについて、フランスと日本の冬から春の行事について、上巳の節句のお話。
テーブルセッティングは皆さんと一緒にしたので、だんだん出来上がって行くテーブルを見ながら、最後は一緒に作った桜ボールを散らして
「わ〜素敵!」
の瞬間が毎回楽しみでした。

前菜はサーモンとブロッコリーのテリーヌ。菜の花のヴィネグレッとソース和え。
メインはEndives au jambonを日本でも簡単にできる様に、我が家のオリジナルアレンジ。
デザートはPithivierのローズマリー風味。いちごのヴァニラシュガー添え。
d0170823_8251133.jpg


女性同士、フワッとした時間を過ごせて、私自身が癒されました。
次回は5〜6月です。
d0170823_825981.jpg


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
by grandeN | 2014-03-23 08:42 | Table de N  サロン | Comments(0)

バリで見たセンスの良い空間

初めてのインドネシア。典型的な写真も撮ろうとしたけれど、そんな写真を撮る時は日本に帰ってからそれを見せる人の目を気にしている自分がいる。
「せっかく行ったのだから、お約束の写真は撮ってきたのでしょう。」
と言われてもいないのに、期待されているように感じるのだ。
日本旅行する外国人なら、渋谷の交差点で通勤の人々が一斉に渡る様子や、高層ビル群、龍安寺の石庭を写真におさめなければ気が済まないというところか。

人に見せるための写真にまぎれて、自分が素敵と思う空間をメモを取るように残した写真が、日本に帰ってきてしばらくすると貴重に感じる。
どれも洋とアジアのミックススタイルだけれど、洗練を感じるものだ。

d0170823_7532447.jpg

スミニャックに行った人ならオベロイ通りのThe Bistrotに行ったことがあると思う。大きな納屋を改造したようなラフな雰囲気の店内に、シャンデリアやアンティークのインテリア。ソファー席や大人数用のダイニングテーブルもあり、大好きな雰囲気。

d0170823_7532960.jpg

『ザ・インドネシア』と呼びたくなるような雑貨屋さんが多い中、バリのテイストとヨーロッパのテイストをうまく組み合わせたインテリアショップ。

d0170823_7532649.jpg

光と水と石。昼間の強い太陽と華やかな彩りの植物が見えなくなった後の、夜の美しさ。

バリでの日本人ダイバーの痛ましい事故があった後だったからか、日本人に対するバリの方々がとても優しく感じられた。
創造、維持、破壊(誕生、生きる、死)の3大神をまつり輪廻を信じるヒンズー教の敬虔な信者が島の85%だということが関係するのか、一日に何回もお供え物を捧げながら、毎日に感謝して淡々と生きている様子が快かった。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
by grandeN | 2014-03-21 08:53 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

海辺のディナー 夕日を見ながら

バリでのある日、海辺のサンセットが見えるレストランのディナーへ。
夕日がきれいに見えるかどうかは運次第。

d0170823_13384738.jpg

強い潮風にたなびく船の凧がかわいくて、子供にねだられるけれど、
「こんな強い風のある場所になかなか来ないでしょ。」
と言い聞かせてあきらめさせる。

d0170823_1339279.jpg

d0170823_1342197.jpg

d0170823_1339153.jpg

d0170823_13384494.jpg

月と太陽を一緒の写真に収める。


そしてマジックアワー。
d0170823_13391086.jpg

この瞬間にここにいる事、大切な人がいて、冷えた美味しい白ワインがある事に感謝!


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
by grandeN | 2014-03-19 13:59 | Tables & Deco テーブル | Comments(2)

バリの色彩・いろいろ

個性的な装いの人が増えた気がする日本だけれど、全体的に見たとき、まだまだ目立ちすぎないかを気にする傾向にあると思う。
就職活動の学生さん達が没個性的なスーツを着なければならない事を考えても、どこか飛び抜けないように地味な色合いを着るのが無難なのだ。
日本で洋服によく使われる色を見ると江戸時代の四十八茶百鼠(*)の影響がまだ残っているように感じてしまう。国による色彩感覚の違いは大きい。
バリでは鮮やかな色をたくさん目にした。思わずきれいな色の布やストールを買ってしまった。
d0170823_7263280.jpg

d0170823_7263573.jpg

d0170823_726388.jpg

d0170823_7264321.jpg

d0170823_7264183.jpg


*四十八茶百鼠:江戸時代後期、幕府は贅沢禁止法、いわゆる奢侈禁止令を発令し、どんな身分であっても、贅沢な着物を着てはいけないとされた。庶民の「着物の色・柄・生地」にまでも細かく規定を設け、きものに関して身につけられる物は、素材は「麻」または」綿」、色は「茶色」「鼠色」「藍色」のみと限定されていた。
江戸の町人たちは茶色や鼠色といった暗い色のなかに繊細微妙なこだわりを取り入れることにより「四十八茶百鼠」と言われるほどの多様な色を生み出す。(きもの用語大全より)

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
by grandeN | 2014-03-18 08:14 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

バリのホテルのインテリア

少し前にバリに行った。パリではなくてバリ

インドネシアに行くのは初めてで、とてもワクワクしていた。
リゾートとしても楽しみたいし、同じアジアで日本と共通点もあるけれど、独特の生活、色彩やインテリアを見るのも楽しみ。

何回かに分けて心に残ったイメージをご紹介します。
最初の今日はホテル。

有名ホテルではなく、できて6年の比較的新しいホテルに泊まった。
各部屋の独立性が高くて、仲間と大騒ぎというよりは静かにゆっくりしたい人にピッタリ。
バリ独特のアタ製品や布がふんだんに使われていながら、モダンでシンプルなインテリアはとてもくつろげた。

ダイニングテーブル
d0170823_10441271.jpg


朝食
d0170823_10442294.jpg


バスルーム(シャワーは外です!)
d0170823_10441767.jpg


ベッドルーム:バリの伝統的模様のアートとモダンアートがうまくミックス。
d0170823_10441428.jpg


プール用のタオルは緑の葉で。
d0170823_1044781.jpg


鮮やかな色の空、花、プール。
d0170823_10443848.jpg


インテリアを楽しんだ後は、外に繰り出してみる。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
by grandeN | 2014-03-16 11:03 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

パーティに何を着よう?

お久しぶりです。子供の学校の休みなどもあり、更新が滞っておりました。
その間、面白い経験もしたけれど、その話は後日書く事にして、今日はパーティに着ていく服について。

テーブルコーディネートをする時は、クロスや食器、行事や色などからインスピレーションを受けて、集中して短時間でコーディネートを決める事ができる。何が足りないかもすぐわかり、お店でこんな形でこんな色の物が欲しいと相談しながら探す。

ところが、自分が着る物となると、急に自信がなくなってしまう。何が足りないのか、何が似合うのかが全くわからず、試着も面倒だったりして、結局買わずじまいになる。
そんな私がパーティに行く時は、さんざん悩んだ末、いつも同じリトルブラックドレスとパールに落ち着いてしまう。そんな繰り返しに飽きてきた。
d0170823_10195259.jpg

(H&Mホームページより)

春のパーティに行きたくなり、今回はきちんとプロにアドバイスしてもらって服を選ぼうと心に決めた。
でも誰に頼んで良いのか分からず、ネットで検索している時に、西武百貨店でパーソナルカラー診断&ファッションアドバイスの無料サービスがある事を発見!
パーソナルカラー診断は前から受けたいと思っていたし、それを踏まえてファッションアドバイスしてくれるなんて正に私が必要としているサービスだ。早速電話して予約した。

パーソナルカラー診断は専用のブースがあって、ゆっくり診断してもらった。
自分が好きな色が合うと言う結果になって嬉しかったが、意外な色が合う事も教えていただいた。アドバイザーの方とは色と言う共通点があるのでテーブルコーディネートについてもいろいろおしゃべりして楽しい時間だった。
その後、私が支度をしてブースから出る間に、アドバイザーの方はすでに私の要望に合うドレスを数着ピックアップして待っていてくださった。
『テーブルコーディネーターが集まる、Spring Tea Partyに着ていく服』
用意してくださった服はどれも色もサイズもピッタリでみんな欲しくなったが、予算と好みに合う一着を購入。

家で一人ファッションショーをしてみる。考えてみるとテーブルコーディネートする時と同じ楽しい時間だった。

さあ、これで心置きなくパーティに行ける。土曜日が楽しみです!

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
by grandeN | 2014-03-12 10:46 | Quotidien 毎日 | Comments(0)