暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、インスタグラム

ホームページ

インスタグラム

お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

基本的に楽観的なほうです..
by grandeN at 05:27
こんにちは。 私も..
by ちしゃねこ at 03:44
きっとお年寄りが家族にい..
by grandeN at 15:18

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
珈琲文明~こーひーぶんめい~
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マッサンとハーフ会

先日、テーブルコーディネート仲間がスクール講師をしたので聴講しに行って来た。
食器の講義で、すごく有意義な時間を過ごした。
余談の中で、いまNHKでやっている『マッサン』の自宅で使っているティーセットはスポードのものだと知った。
d0170823_15014820.jpg
『マッサン』は国際結婚の大先輩としても興味あるし、自分の夢を叶えるストーリーも好きだし、毎日は無理だけれど時々観る。
スポードのティーセットが出るかしらと思い、なんとなく観てみた。今日のストーリーはマッサンの子供が、学校で母親と自分が似ていないと、いじめられる話。大正から昭和にかけての時代。ハーフの子供が出来ればその容姿のせいでいじめられるだろうと気にしていた二人には結局子供は授からず、純粋な日本人の養子をもらっていた。つまり、ハーフだからいじめられるというのではなく、お母さんと娘が似ていないというのでいじめられるというちょっと複雑な内容。でもお母さんが外国人だからという原因に変わりない。差別の感情の表現が激しくなるのは小学高学年から中学生くらいという気がする。子供が他人と自分の違いを自覚する年齢なのだろう。

今日たまたま、タレントのベッキーがハーフタレントを集めてハーフ会というのをやったとインターネットで見た。これだけ可愛い子、カッコイイ子が集まっていてすご〜いとコメントが載っていた。現代ではハーフというと良いね〜、かわいい〜、と言われるようになった。「私、ハーフの子供が欲しかったよ。」と友だちに言われる事もある。
うちの子供達は、フランスにいれば東洋人、日本にいれば西洋人として見られる事が多いと言う。人は自分と違う所に注目するものなんだ。
d0170823_15015167.jpg

私の本音を言えば、可愛さとか、バイリンガルだという事よりも、ハーフの良い所は少なくとも二つの国に起こった事を自分の事として真剣に受けとめる事ができること。1月上旬にフランスで起こったテロも、 今拘束されている日本人ジャーナリストの解放についてもいろいろ考えているようだ。

そんな立派なことだけじゃなくて、オリンピックやワールドカップで日本が負けた時は「残念〜。じゃあフランス応援しよう。」なんて言う風にもハーフの心は応用されているようだけれど。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


by grandeN | 2015-01-27 16:06 | Les enfants 子供達 | Comments(4)

春のテーブル

東京ドーム・テーブルウェアフェスティバルまであと1週間ちょっと。
テーブル好きにはたまらない毎年の祭典です。
d0170823_08200206.jpg


今年は出展していないので、純粋にコーディネート鑑賞とお買い物を楽しむつもりです!
テーブルコーディネートを始めて自分が変わった事。それは前よりも季節に敏感になった事。季節を楽しみたい気持ちが強くなりました。

バイオリズムのように、気になる色も冬はあったかくなる色、春になるとパステル、夏に向けてだんだんカラフルになり、秋にはダークに。
d0170823_08200675.jpg
3年前の春のサロンでコーディネートしたテーブル。サロンの写真で翌年に応募したらテーブルウェアフェスティバルのコンテストに入選したのでした。

私の基本は実際に食事をするテーブルです。
ディスプレイ的ではないと思うけれど、そこに集う人の心が明るくなって食事と会話を楽しめるテーブルが好きです。

今年はどんなテーブルが入選しているのでしょうね。楽しみです。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


by grandeN | 2015-01-23 08:32 | Tables & Deco テーブル | Comments(2)

セールで買ったインテリア小物

気後れしてしまうので、バーゲンセール会場は得意じゃない。雰囲気にのまれて、欲しくないものも買ってしまいそう。きっとセールまで待てば安く手に入るんだろうなと思いながら、ゆっくり店員さんと相談できる時期に買い物する事が多い。

一緒に行く人がきちんと意見を言ってくれる人だと助かる。
以前、小さくておしゃれ、定価よりは安いけれど実は安くないバッグを買いそうになったとき、
「素敵だけれど、あまり物が入らないね。どんなとき使うかな?」
と言ってもらって目が覚めた経験がある。

昨日、ルームフレグランスが欲しくて、セールのお知らせをもらっていたインテリアのお店に行った。
普段は整然と片付いていてコーディネートもばっちりなお店なんだけど、残りものや半端ものを並べてセールしているコーナーがあった。
アレクサンドル・チュルポーのリネンナプキン、安くなっているけれど使いにくい色のものが数枚。キャンドルはいかにもクリスマスというデザインで今すぐ欲しい感じではない。カラフルなガラスのコップ、キャンドルを入れても可愛いなと思う色合いだったけれど、絶対に連れて帰りたいというほどでもなく。。。

ふと棚の上を見ると、優しいミントグリーンのガラスの花瓶が目に入った。春!ピンクの花を無造作に入れてみたい!と一目惚れ。
持ち上げてみると、値札がない。きっと高いんだろうな〜と通りかかった店員さんに値段を聞く。
15分以上して店員さんが戻って来たら(花瓶にも何の印もないし、1つだけのこっていたので定価を探すのに手間取ったらしい)予想をはるかに下回る値段!
夫が、良いけれど家にあまりない色だと水を差して来た。が、この花瓶にピンクの花を生けたイメージが忘れられない私は店員さんの気が変わらないうちに早速レジに進みました。

家にはピンクの花がなかったので、お正月の残りの葉牡丹を挿してみる。
かわいいなあ。春。セールも悪くないじゃない。
d0170823_10101792.jpg
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


by grandeN | 2015-01-12 10:49 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

パリでの銃撃事件

1月7日(水)にフランスの風刺週刊誌Charlie Hebdo本社が銃撃されて、フランス屈指の風刺漫画家達や同誌編集者達が一度に亡くなりました。

フランスの風刺画は日本に比べて際どい内容のものが多いので、編集長や漫画家達は宗教的思想の強い団体や個人から脅迫を受けていたと言います。そのため警備もついていたのですが、結局事件は起こってしまいました。

怒りと悲しみの感情がフランス本土と、外国にいるフランス人達の中で大きく膨らんでいっているのを感じます。
表現の自由を侵されたとして、フランス全土でデモや集会が行われています。フランス共和国の1つ目の標語Liberté(自由)を侵害されるなんて彼等には耐えられない。

80年代にそうだったように、ヨーロッパ大都市でテロが続発するような時代の流れにならなければと祈っています。

d0170823_07434864.jpg

by grandeN | 2015-01-10 08:09 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

Meilleurs voeux pour 2015! 明けましておめでとうございます。

2014年最後のお仕事は、いつもディスプレイを担当させて頂いているエクレアキッチンのショールームのお正月テーブルコーディネートでした。
クリスマスの装飾に1か月以上囲まれていると、急にツリーやガーランドがなくなると寂しい感じです。
でもさっぱりと新しい年を迎えるため、クリスマスが終わってすぐお正月テーブルにチェンジしました。
d0170823_20272113.jpg
年末にお世話になったペンションのオーナーとクリスマスツリーをしまうタイミングについて話しました。
フランスやアメリカでは少なくとも1月6日まで、普通は1月中旬から下旬までツリーを出しておくと話したら、雪深い山の中に住んでいると、ライトやオーナメントで飾られた常緑樹は、長い冬を明るくしてくれると、一緒に納得しました。
d0170823_20272479.jpg
さあ、今年はどんな年になるでしょう。楽しく、思い出深く、満足の年にしたいです。
Tous mes meilleurs voeux pour tout le monde.



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


by grandeN | 2015-01-01 20:40 | Tables & Deco テーブル | Comments(2)