暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、お問い合わせ

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさんの秋ですね〜..
by grandeN at 11:46
先日レッスンで伺ったハー..
by akicosmosA at 08:30
mcherryさん、妹さ..
by grandeN at 06:30

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

<   2015年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

【Gateau au chocolat 家族のお祝いはいつもガトーオショコラ】

長男の受験生活が終わった。
今の日本の大学受験はどのくらい前から本格的に準備するんだろうか。私の頃とはきっと勝手が違っていると思う。
フランスのバカロレア試験の場合は高校2年生で2〜3科目ほど受験して、高校3年生で5〜6科目受験する。
高校2年生になると模試が始まり、習い事をセーブする生徒が増えてくるが、高校3年生ではその割合がもっと増える。
考えれば多分1年半くらいは長男のバカロレアの事を考えながら暮らしていたのではないか。

それが終わった。無事にバカロレア試験に受かり、本人も拍子抜けしている様子。
卒業式も無い学校なので、合格証明書を教務課に取りに行っておしまい。

合格発表があったのはフランスと時差があるため、日本では夜。
受かってくれると信じて、家族でディナーパーティをしようと準備していた。
お祝いのケーキはいつもシンプルなガトーオショコラ。
d0170823_09092488.jpg
15年前から少しずつレシピは変わってきているけれど、今お気に入りのレシピは今年の1月に考えた超簡単混ぜるだけなのにしっとりガトーオショコラ。超簡単でもジアンのお皿にのせるとちょっと高級感(?)がでる。
d0170823_08425394.jpg
家族だけの時にローテーブルでアペリティフをした事がなかったけれど、やってみると子供達も嬉しそう。
シャンパンが美味しかったです!



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2015-06-30 09:13 | Cuisine  美味しいもの | Comments(8)

anniversaire au parc キッズ・ガーデン誕生パーティのすすめ

うちの末っ子、10歳の誕生パーティをしました。
1人でも10歳の男の子のパワーってすごいので、10人も集まったらどうしよう?
と夫と話していたら、息子はサッカーをしたいとのこと。呼んだお友だちもサッカー好きばかり。
d0170823_12000913.jpg
梅雨だけれど晴れの可能性にかけて近所のフットサルコートを予約。
芝生の多い公園なので、誕生ケーキとおやつもそのまま公園で。
お母さん達に着替えの用意もお願いしました。
当日は梅雨がうそのような完璧な晴れの日。フットサルコートでたっぷり2時間サッカーをしたあと、芝生でおやつ。
d0170823_11594236.jpg
テーブルコーディネートどころではない勢いでおやつをほおばること、5分。そして彼等はまた芝生のグラウンドに戻って行きました。

d0170823_11595458.jpg

「これが雨だったら、大変だったね〜。このパワーは家の中では発散できないね。」
と夫。
もうすぐ夏休み。



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2015-06-27 12:15 | Les enfants 子供達 | Comments(2)

Une fleur pour moi toute seule キッチンに花を一輪

毎日キッチンに立つ。
旅行から帰り、久しぶりの我が家での食事を楽しみたくてワクワクしながら料理をする日もあれば、一日中忙しく過ごしクタクタで、できるなら誰かに代わってもらいたいと思いながら料理をする日もある。
日曜日でも、微熱があっても、キッチンに立つ。家族の食事を作る係だからしょうがない。

私が一人でキッチンにいるとき、うちの家族は余裕があれば手伝ってくれるけれど、全員が勉強中や、仕事中で、私一人っきりということも多々ある。そう言う時はわかっていても、ちょっと寂しい。
うちのキッチンは独立型なので、特にそうなのかもしれない。

ある時、いつも行くスーパーの前で可愛い花が売られているのに気付いた。いつもなら通り過ぎるのに、なんだか通り過ぎる事が出来なくて一輪だけ花を買ってみた。自分のために。

一人でサロンの料理の準備をしているとき、パーティの前夜にタルト生地を仕込んでいるとき、花が私の顔をのぞきこむようにしてそこにいてくれる。
d0170823_18394650.jpg
それからいつも花を絶やさないようにしている。
花屋で大きなブーケを買っても、一輪だけは自分用に。昨日はこんなバラを。
話し相手がいるようで嬉しい。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2015-06-22 20:17 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

Quilt アメリカンキルト

もう10年以上も前の事、ボストンに2年間住んでいた。
当時はまだ子供が一人で、幼稚園に預けたら夕方までた〜っぷり自分の時間だった。
仕事もなく、知り合いもいなく、夫は忙しく、何がどこにあるかもよくわからず、本当に時間を持て余すくらい。
見かねた隣りのアメリカ人ママがたまにお茶に誘ってくれたっけ。

あるとき、夫が通っていた大学の季刊紙を読んでいたら、学生・留学生・教員の家族のためのクラブ活動がある事を知った。
その中で目を引いたのが、 『Quilting Bee』の活動。
ボストンに来る少し前からパッチワークに目覚めて、子供の昼寝の時間に小物を作ったりしていた。
もう、これしかない!とすぐに連絡先に電話する。一応、英語の文章を用意してちょっとドキドキして電話したのに、出たのは日本人の方だった。次の週から早速参加する事になった。

リーダーはご主人が大学の教授をしているアメリカ人のルイーズ。アメリカ人って、会った瞬間からずっと前から知り合いだった様に本当にフレンドリーだ(フランス人の対極といえる)。気後れする事もなく、自然にそのグループに入っていけた。

電話対応をしてくださった日本人の方はルイーズのアシスタントをしていて、初めての私を気にかけてくださった。
毎週水曜日の午前中はクラブハウスへ。
自分の作品を作ったり、宿題を出されたり、病院に寄付するキルトをみんなで作ったり、アンティークキルトを見にニューイングランド地方の田舎町に遠足に行ったり。今でも私のアメリカは、キルトの周りで見たアメリカ。

日本に帰ってきてからも、そのクラブ出身で東京に帰ってきた人達でたまに集まってキルトを作っている。つい先日ボストンのメンバーが来日して皆で会った。

「そういえば、Nさんのグランマズ・フラワーガーデンどうなりました?」
と質問されて、答えに困った。
8年前に5歳だった娘のために作ると宣言したキルト。グランマズ・フラワーガーデン(おばあちゃんの花畑)は小さな六角形を継ぎ合わせて花形を作っていく細かいパターンだ。アンティークキルト美術館で見て、一目惚れしてしまった。でも細かいパターンだけに何度も挫折しそうになっている。
d0170823_09280132.jpg

あれから8年、たまにしか縫っていないのでまだ終わっていない。皆の前で、今年中にサンドイッチ(パッチワークした上の布と真ん中の綿と下の布を仕付け糸で大まかに縫う。キルトする前の段階で、みんなで助け合ってやる作業)すると約束した。

家に帰ってキルトを広げる。ペーパーピーシングという技法を使っているので、一つ一つの六角形の中に紙を入れて成形したため、今度はその紙を全部取り出さなければならない。裏の方が表より迫力がある。
d0170823_09280448.jpg

いつまでかかるかな。でも始めなければ終わらない。
ルイーズも言っていた。

「時間は有るとか無いとか言うものではないのよ。時間は作るもの。」

本当に。のろのろやっていたら自分がグランマになってしまうかもね。








にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2015-06-20 10:21 | Quotidien 毎日 | Comments(2)

Montre intelligente ou montres connectee スマートウォッチ

電話がコンピューターの様な機能を持つとスマートフォンと呼ばれるように、同じような機能を持った時計はスマートウォッチと呼ばれる。

フランス語ではスマートウォッチを直訳して
Montre Intelligente (頭の良い時計)
もしくは
Montre connectee (オンライン時計)
と呼ばれている。

頭の良い時計が店先に並んで、小さい画面からたくさんの情報に効率よくアクセスできるようになっている様子を見た。
それは長男の誕生日の少し前。

中学生のときに祖父母が買ってくれた時計が壊れて、それでも文句を言わずに過ごしてきた受験生の彼に、時計をプレゼントしようと思っていた。しばらく考えたが、スマートウォッチはスマートすぎて、きっと受験時は使用禁止になるに違いないという結論に達し、頭の良い時計を買う事はなかった。

それでもやっぱり時計をプレゼントしたいと思っていた。
ファッションにはまったく興味のない男の子だけれど、一応彼の要望も聞いてみると
「懐中時計がいいな。」
と言う。夫は
「へ〜、そうなんだ。僕が高校生の時と同じだ。」
と驚いた。そう言えば、夫と知り合った時、古い懐中時計を大切そうにポケットにいつも入れていた。
d0170823_14285833.jpg

というわけで懐中時計。
フランス語では
Montre de poche (de gousset) ポケット時計(小ポケット時計)
もしくは
Montre oignon 玉ねぎ時計
という。

長男はとても喜んで、毎日使ってくれているようだ。
でも受験の時は結局、黒板上の大きな時計を見ているので、懐中時計は文字通りポケットの中。
あるだけで落ち着くお守りの様な存在になっているらしい。玉ねぎ時計。





にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2015-06-19 14:54 | Francais フランス語 | Comments(2)

Saison des pluies  梅雨に楽しむ暮らし

今年の5月は爽やかなヨーロッパの夏を思わせる気候で、一足先にバカンス気分を楽しんだ。
そして気付けば梅雨。晴れる日はあるものの、小雨が降ったり、曇りがち。気分も少しブルーになる。

昔フランスに住んでいた時、一年で一番好きだった6月が、日本に一時帰国すると梅雨の時期でがっかりした。
「梅雨なんてなければ良いのに。」
と思っていた。
d0170823_07213058.jpg

子供がフランスの学校に行くようになってからは学年末の寂しい季節。仲良くしてくれた友人が海外に転勤になる時期。親子共々、サヨナラを経験する時期。寂しいけれど愛おしい季節。

そして、フランス人にとっての一年最大の楽しみ、夏のバカンスがやってくるちょっと前。学年末の疲れと、梅雨で体調が崩れやすくもあり、家族のために数年前から6月には梅ジュースを漬ける事にした。7月になったらフランスの祖父母のところに行ってしまう子供達が飲むのに間に合う様、ちょっとずるをして青梅を冷凍して早くできあがるようにする。
d0170823_07213445.jpg
梅ジュースは2週間ほどで出来上がるけれど、飲み始めたらあっという間。
今年は初めて梅酒を漬けてみた。それもブランデーで。出来上がりは1年後。この夏、巣立ちする長男、1年後にはどうなっているかしら。






にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2015-06-18 09:33 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

Bracelet ラ・ドログリーのビーズのブレスレット

フランスのリセは試験期間の真っ最中。この時期に大切な試験があるのは高3(バカロレア・高校卒業試験)、高2(バカロレア前期試験・フランス語)と中学4年(中学卒業試験)。
中1、中2、中3、と高1は1週間学校が休み。うちの長男はバカロレア試験に臨み、毎朝早起き。反対に中3の娘は友達と遊び三昧。宿題のない休みは珍しいので満喫している。

片づけ好きな娘がアクセサリーを整理していて、数年前に誰かにプレゼントしてもらった途端に床に落としてビーズが割れてしまったというブレスレットを見つけた。あまりにもショックで見えない所にしまっておいたらしい。

これはどうにかしなくちゃね。
たまたま手芸屋さんに行く用事があったので、同じようなビーズを探すことに。
La droguerieというフランスの手芸屋さんだったら似たようなビーズが見つかると思い、行ってみると、元のビーズよりピッタリの物を見つけた。ビーズと金具でしめて164円也。

直し方を店員さんに聞き、ちょっと複雑だったので代わりにやってもらえないか交渉し(フランス生活の名残がこういう所に出ます)あっけなく却下され(日本の生活に慣れたので引き際は潔くなりました)、家に帰ってペンチを握る。
100%言われた通りにはできなかったけど、まあまあの出来上がり。割れたビーズとさようなら。
d0170823_17185588.jpg
家に帰ってきた娘が、これをくれたのは実は私で、それは娘がトゥーシューズになったときのご褒美だったと教えてくれた。私ったらすっかり忘れていたわ。思春期で憎たらしい娘が少しかわいく思えた瞬間。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2015-06-16 20:16 | Les enfants 子供達 | Comments(2)

Fete d'anniversaire 素敵なバースデーパーティ

この週末、とっても素敵なバースデーパーティに呼ばれた。
この日の主人公は10年来のパパ友。子供の幼稚園の保護者会で知り合ってから、子供同士、ママ同士、パパ同士、家族ぐるみでおつきあい。
子供同士も親同士もいつも一緒にいる訳ではないけれど、いざという時に頼り合う仲。10年も続いている友情に感謝。
d0170823_17433612.jpg
10年の間に友人は引っ張りだこのデザイナーになってしまった。
普段は知り合わない異業種の方々がたくさんのパーティで、最初は少し気後れ。
でもあまりにも美味しいごはん(後からchiobenのケータリングだと知った)、ワイン、フレンドリーな友人夫妻の友達はみんなフレンドリーで素敵な方ばかり、で、いつのまにかたくさんおしゃべり。

あ〜、もっと最初からたくさんの方と話せば良かったと、ペース配分の悪さを反省。
着席の少人数のパーティが好きだったけど、こういう大人数でワイワイするパーティも好きになってきた。

Joyeux Anniversaire!





にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2015-06-15 18:06 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

Fleurs & Tables 花と器のハーモニー2015

今年もこの季節がやってきました。横浜山手の花と器のハーモニー。
山手西洋館に花とテーブルコーディネートの美しいデコレーションが見られる9日間です。

今年のコーディネートはフラワーの専門家が中心になっているので、テーブルコーディネーターとしてはちょっと寂しく、行こうかどうか躊躇していたのですが、ほとんど毎年一緒に見に行っている友達にグッドタイミングで声をかけてもらって行ってきました。
今年のテーマは「横浜を彩る 世界のおもてなし」で、コーディネーターも7カ国からという国際的な展示。
それぞれの洋館が、いつもの年にも増して個性的に彩られていたように感じました。
花はもちろん素敵だけれど、思いのほかテーブルコーディネートも素敵で新しい発見が沢山!
d0170823_07463897.jpg

ひいき目で見ていると言われるのを覚悟して言うと、フランスのエルヴェ・シャトラン氏のコーディネートが花もテーブルも抜群。
たくさんの花器と食器との出会いもあり、ゆったり散歩し、これからの怒濤の一週間を前に充電完了!





にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2015-06-14 08:15 | Tables & Deco テーブル | Comments(2)

Diner en terrace テラスでディナー

8年くらい前に東京からフランスに帰国したフランス人の友達が出張で東京に来ると聞いたのは2日前。
それじゃあ家にご飯を食べにきてよと呼んだらすぐにOKの返事。
こういう時は考える時間もそんなにないし、かしこまったことをしてはいられない。
会うのは2年ぶり。前回はフランスで彼らの家に行った。
だから今回はうちでご飯。フランスの人達は呼ばれたら呼び返すを基本的なマナーというか暗黙のルールにしている。

さあ、なにする?せっかく日本に来たから和食?
でも、何回か外国からの友人が家に来て気付いたのは、普段お客さんとの接待などでたくさんお寿司や会席料理を食べていると、案外シンプルな料理で一息つきたいと思っているという事。私達だってフランスに旅行に行って毎日豪華フランス料理だったらちょっと違うものを食べたいと思うだろうし。

それでは、初夏のまだ爽やかな気候の中、テラスで食事にしよう。ボウルいっぱいのサラダ、牛ステーキと鶏肉をBBQで焼き、チーズ、アメリカンチェリー&ブルーベリーのクランブルをデザートに。
d0170823_05410141.jpg
涼しい風が吹き始めるころ、午後7時の約束を大幅に過ぎて午後8時に表れた友達。これもフランス流。絶対時間ピッタリには来ない。30分〜1時間遅れてくる。
だからフランス人の家に呼ばれた時、時間ピッタリに到着すると驚かれます。

シンプルな料理とワインと、そして何よりも外での食事を喜んでくれた。彼等にとってテラスでの食事は夏の何よりの楽しみ。
近況報告、ちょっとした悩みを打ち明け、でも深刻にならずに冗談を言いつつ。普段会わなくてもこうして友達でいられることは、大人になってから知った楽しみ。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2015-06-13 06:00 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)