暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、インスタグラム

ホームページ

インスタグラム

お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

基本的に楽観的なほうです..
by grandeN at 05:27
こんにちは。 私も..
by ちしゃねこ at 03:44
きっとお年寄りが家族にい..
by grandeN at 15:18

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
珈琲文明~こーひーぶんめい~
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【Gateaux de l'hiver 1~2月のお菓子】

昨日取材があり、フランスのお菓子について話していた。
考えてみれば、私達が例えば花びら餅、ひなあられ、桜餅、柏餅、なんて言う風に季節の行事に合わせて、その季節にしか食べないお菓子をいただくように、フランスでもクリスマスくらいから春までの間に、季節の行事に合わせて食べるお菓子がけっこうある。

寒い季節に嬉しいスパイス入りや、行事に由来するものが多くて、話をしながら昔の人の配慮や習慣を再確認して、なんだか温かい気持ちになった。

私が12月から今日まで作ったフランスの季節のお菓子は
クリスマスシーズンの Pain d'épices (ジンジャーブレッドのようなもの)、公現祭のGalette des Rois (ガレットデロワはもう日本でもおなじみ)、Chandeleurのクレープ(宗教的な意味のあった行事だけれど現在はクレープの日として楽しまれている2/2)。

その他に、作ったケーキをいくつか覚え書きとして。


友達の実家からもらった無農薬レモンが嬉しくて、レモン風味のアーモンドケーキ
d0170823_08292514.jpg


バレンタインデーにいつもの焼きっぱなしガトーオショコラじゃなくて、グラサージュのGateau au chocolat
d0170823_08292855.jpg

昨日はこの冬最後と思われるGalette des Roisを
d0170823_08293118.jpg
d0170823_08293337.jpg

取材の方にフェーブがあたると良いなあと思っていたけれど、残念ながらハズレ。学校から帰って来て大きく切り分けたガレットをほおばっていた末っ子が当てた。

もうすぐ春ですね〜。

d0170823_09080291.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-02-19 08:56 | Cuisine  美味しいもの | Comments(0)

【バレンタインのベストカップル】

春の嵐、と呼ぶにふさわしい、昨夜からの雨。

友達の家で久しぶりにディナー。最初は大人数だったはずなのに、病気や予定の変更で、ディナー時には友達カップルと私達だけの4人になった。すごく珍しい。でも良い機会なので4人でじっくり話す。

あまりにも居心地がよい家、美味しい韓国&フランス料理(友達は韓国人とフランス人カップル)とワインで今朝は時差ぼけ状態です。
d0170823_12132658.jpg
普段ふざけてばかりいる友人夫妻が、5年前の震災のこと(あの日、彼女はご主人へのサプライズパーティを企画していた。でももちろん大量のシャンパンと料理は冷蔵庫に残されたままになった。)その後の生活、そして今を真剣に話し合った。自分の人生のターニングポイントは奥さんと知り合えた事、という彼。

今日はバレンタインデー。そしてかわいいベストカップル、お雛様をだしてみました。

d0170823_12012093.jpg
d0170823_09080291.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-02-14 12:18 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

【ローズピンクが印象的な桃の節句セミナー】

2月に入ってから、日差しに春を感じる日も増えてきました。花粉をすでに感じているという知人もいます。

そんな中、丸山洋子先生の桃の節句セミナーへ。
桃の節句にピッタリな福井県の山久漆工さんと先生のコラボの「モダンかわいい」(テーブルのイメージスケール8分類や16分類を学んだ方、モダンとプリティをミックスするなんてあまり思いつかないと思いませんか?)「SHAKU-YAKU」シリーズの漆器を丸山先生のコーディネートでたくさん見せて頂きました。

芍薬は、日本では美しい女性を表す言葉として使われますし、フランス人にPivoine(芍薬)というと、6月頃の夜の時間が長くなる、柔らかな夕べ、華やかな女性を連想させる言葉なのです。その名前がピッタリだと思いながらじーっと見て、触って、お茶まで頂いてみたローズピンクのティーカップ&ソーサー。色気があるのに、かわいいなあ。
d0170823_08321681.jpg
美しい年上の女性が、「自分のために。」と1組だけ買われている姿が印象的でした。私も最近、一人でお茶やコーヒーで一息入れる時、自分のためだけのとびきりのカップがあったらなあと思い始めていたところ。
ローズピンク、白、ブラックシルバーの構成のシリーズなので、どう組み合わせて使ってもやっぱり「モダンかわいい」。

ランチビュッフェは素材に気を配った優しいお味のMOMOEケータリングで、こちらも堪能しました。春の野にでて、ピクニックをしているような気分のお料理とセッティング。
d0170823_08322018.jpg
お話に夢中になりすぎて、ビュッフェテーブルの前に集まってしまっているのに気付き、反省。
でもいろんな方と交流できて、豊かな時間を過ごしました。

帰り道でニコライバーグマンさんとすれ違いましたが、こちらはモダンかっこいい。

d0170823_09080291.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-02-07 09:11 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

【Tableware festival 2016 で心を奪われたジアン】

現在開催中の東京ドームテーブルウェアフェスティバル。
毎年楽しみな祭典ですが、今年は特に Maison de Parisという、パリのエスプリを感じられるフランスのテーブルウェアが集まっているコーナーがあるのです。おなじみのブランドもあれば、初めて見るブランドも。どれもパリジェンヌの様に、洗練されているけれど堅さのない、少し色気のある器達です。

その中でも私はジアンに心奪われました。というより、再び恋に落ちたと言う感じ。
ジアンを知ったのは、はるか昔、フランスで結婚するときに、東洋のお嫁さんだと聞いた親戚の人が、東洋風のジアンの絵皿をプレゼントしてくれた時でした。そのシリーズは今はなくなってしまったみたいだけれど。今でもそのお皿を出すと、皆さん、「わ〜、素敵!」と言ってくださいます。

10年以上前の夏休み、ロワール河の古城を訪ねようということになり、地図を見ていたら、行く途中にGIENという街があることを発見。「これってあの食器のGIEN?」と聞くと、正にそうでした。行ってみると、ジアン陶器博物館はすでに閉まっていて(開館時間内に行った気がするけれど、これもフランスらしいってことで)、隣りのファクトリーストアを見るのみ。荷物の関係で大きい買い物はしないつもりだったのに、おばあちゃんの台所を思わせるようなサラディエ(サラダボウル)に出会ってしまい、陥落。
d0170823_09432681.jpg
それがこちらHortensia 紫陽花。(実物は洗面器のように大きいです)

その後、日本に帰って来てから出会うジアンはカラフルで元気な感じのお皿が多く、私がジアンにもとめる、『おばあちゃんの台所』っぽいシリーズが少なくなったように感じました。

が、ここ数年、『おばあちゃんの台所』のお皿が戻って来ているようです。フランスのサイトでは前からチェックしていたのですが、今回のテーブルウェアフェスティバルで実物を目にし、手に取ってみる事が出来ました。
d0170823_09102671.jpg
Mariage a la campagne 田舎の結婚式:結婚式への段階が一枚ずつ描かれていて可愛い。プロポーズ、市役所で婚姻届、etc.
d0170823_09102221.jpg
Monuments de Paris パリの記念碑 

テーブルコーディネートするときに、「白で無地が使いやすいですよ。」と自分で言っているし、わかっているのに、絵柄物がかわいいなあと思うこのごろ。テーブルにのせるのが難しいかな〜、でも気になる〜。もうすぐ春ですからね。恋しているのです。

d0170823_09162056.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-02-05 10:08 | Tables & Deco テーブル | Comments(4)