暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、インスタグラム

ホームページ

インスタグラム

お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こんにちは。 歴史..
by ちしゃねこ at 04:21
私が本を出す前からテーブ..
by grandeN at 15:36
こんにちは。 今回..
by ちしゃねこ at 03:12

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
珈琲文明~こーひーぶんめい~
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
dessiner la ...
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

<   2016年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

【パーティの次の日のディナーは】

週末にうちで楽しいディナーの時間が持てた。
前から来て欲しかった人たちが偶然にも揃う事が出来た日。それぞれに少しずつ共通点があって、きっと仲良しになってくれるんじゃないかと思う顔ぶれ。

イースターの前日だから、テーブルはもちろんイースターのデコレーション。料理も卵料理、ラムレッグ(仔羊はイースターに絶対必要!)、コンテチーズに、さっぱりしたいときのレモンクリームタルト。

爆笑したり、意外な話にビックリしたり、おしゃべりは尽きない。日本人同士で、ディナーに同席するのが初めてで、こんなに話が弾む人達は珍しいとうちの夫も驚いていた。パーティ慣れしている方々だからかも。

アペリティフ用にパテが焼いてあったり、サーモンのリエットがあったのが少しずつ冷蔵庫に残った。
楽しいディナーの次の日は、冷蔵庫に残ったもので、即席フレンチビュッフェテーブル。
こういう食べ方は子供も大好きで、私達も楽しかったディナーの余韻に浸りながらいただく。
楽しかった時間を反芻できる。

プルーストじゃないけれど、昨夜と同じ食べ物が口に入った瞬間に、急に自分が大げさに言った事を思い出したりして、「ずいぶん酔っぱらっていたかも。」と反省した。相当楽しかったのでしょう。しょうがないよね。
d0170823_19521122.jpg



d0170823_06495648.gif


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-03-28 20:11 | Cuisine  美味しいもの | Comments(0)

【撮影の買い出しに問屋街へ 〜 そして好きな食器店との出会い】

テーブルコーディネートの撮影用に問屋街へ買い出しへ。

どうしても変わったリボンが欲しいから、まずはリボンの木馬さん。合羽橋にも行っておきたいな。でもあれ、それぞれ最寄り駅が結構遠くて、大変そう?

と、マップで確認したら、木馬さんから合羽橋はまっすぐ直線で歩いて行けるんですね!(知らなかったのは私だけ?)

いつもの事ながら、圧巻の品揃えのリボン。必要ないものまで欲しくなる。けど、ぐっとがまん。悩みに悩んで個性的なリボンを購入。
木馬さんをあとにして、まっすぐ歩く。約7分でニイミさんが見えて来た!こんなに近いとは!
d0170823_11152987.jpg
合羽橋ではいつも寄る店に欲しい物があるだろうと思っていたら、今日は見つからない。とてもがっかりするが、気を取り直して、手当たり次第、白い食器を置いている店に入ってみる。

考えてみたら、合羽橋に来始めた頃はいろんな店に入っていたのに、最近は決まった店にしか入っていなかった。
外から見ると何もなさそうな店にお宝の様に、ヨーロッパで見つかるような安いプレースプレートが売られているのを発見したり、フランスの昔風の味のある陶器が売られている場所も発見。

でも今回の一番の収穫は白いキッチン雑貨専門店バイスーさんを見つけた事。こちらは白い食器がたーくさん。お手頃なお値段で買える。レッスン用にも、普段使い用にもとても良い。ここで、欲しい物を見つけた。

いつもと違う事をする、違う道を通るって、なんて楽しいのだろう。こうなったらつくばエクスプレスに一駅だけ乗ってやろうと歩いていたら包丁屋さんの前に中世の騎士を発見。これは家の息子達が喜ぶはずなので写真を撮る。
d0170823_11153514.jpg
家に帰って、戦利品のリボンと食器を眺めて満足。さあ、コーディネートしてみよう。
d0170823_11153273.jpg



d0170823_06495648.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-03-25 11:45 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

【Decoration de Paques イースターの飾り】

春分の日が過ぎ、東京の桜の花も開き始め、今週末はイースターサンデー(復活祭の日曜日)がやってきます。
d0170823_10563634.jpg


長男が中学生になるまでは毎年、早起きしてイースターエッグを庭やベランダに隠して、早起き大騒ぎの子供達とエッグハントをしたっけ。。。

大きい子がどんどん卵を見つけてしまうので、小さい子のために低い所(植木鉢の裏とか、木の根元)にも隠しておいたものです。ヒントをあげながら(あくまでも子供は自分で見つけたいので)、手を引いてなんとなく卵の近くを通ったりしました。

お兄ちゃん達が見つける前に見つけられたら大喜び。かわいかったな〜と思いながら、今年は久しぶりにエッグハントをしてみようかと、プラスチック製の卵に卵形チョコレートをしこんでいます。


d0170823_10563917.jpg


いつもお花をお願いするププラモスさんに春のお花を頼んだら、とても珍しい笹の葉みたいな葉っぱがついたミモザを届けてくれました。

「これが市場に出て来るのは珍しいんですよ〜。ラッキーですね!」とニコニコ笑顔で。一気に春が来た感じです。
d0170823_06495648.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-03-23 11:30 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

カナダのテーブルウェアディスプレイ

テーブルウェアとコーディネートを愛する人々へ、カナダのお土産のテーブルウェアのディスプレイ写真。
(といっても夏に撮った写真なので、秋を意識したコーディネートが多いです)
シンプル、ナチュラル、でもシックなカナダのディスプレイ。
食べ物が美味しく見えそうなテーブルウェア。

d0170823_19253644.jpg
d0170823_19254186.jpg
d0170823_19254566.jpg
d0170823_19254983.jpg
d0170823_19255336.jpg
d0170823_19255660.jpg
d0170823_19261183.jpg
白いお皿のディスプレイ棚の上に色とりどりのガラス瓶がかわいい。
個人的にはブルーグレイのお皿が珍しくて心惹かれました。

d0170823_06495648.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-03-17 19:37 | Tables & Deco テーブル | Comments(2)

【春の色を aux couleurs de printemps】

インテリアを春の色に変えた。
インテリアは季節ごとにテーマの色を変えて行く。
クリスマスは断然レッド。お正月も赤を中心にしたのは、温かい雰囲気にしたいから。
バレンタインデーが来ると、もう少し明るい色にしたくなる。赤〜濃いピンクと白。
3月になると、今度は緑、黄緑、イエローが気になってくる。

d0170823_20563098.jpg
春は黄色い花が連れて来ると聞いた事がある。早春に咲く花は黄色の花が多いのだそう。
新しい出発、芽生え、仕事、勉強、いろいろな事が終わり、次の事がスタートする季節。

ベランダの植木鉢は、簡単に色を変える事はできないので、冬の続き。枯れた花の所に白や薄い色の花を植えて行く。
d0170823_20563403.jpg

新たな挑戦をしようとする人達へエールを送ります。元気な色の花、自分にもエールを。

d0170823_06495648.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-03-16 06:55 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

【春のテーブルコーディネート展示を見に西武池袋店へ】

先週末は西武百貨店池袋店へ、春のギャザリングパーティーのセミナーと展示を見に行きました。
コーディネート&講師はStyle GreenのMichi先生。
Michiさんとは最初あるセミナーで同席し、その後はいろんな所でご一緒するようになりました。

実は昨年もMichiさんが銀座の香蘭社でコーディネート展示&セミナーをしたときにお伺いして、その柔らかい口調のお話に癒されてファンになりました。
当日、リビング売り場7階は全体的にピンクの優しいトーンで飾り付けされている中、さらにピンクで惹かれる一角があるな〜と思ったら、そこがMichiさんのテーブル&セミナー場所。
ドレスも素敵でしょう?「関西出身ですから。」と笑っておっしゃっていたけれど、関西の方って、欧米の方のような色彩の使い方をするなとかねがね思っていたのです。このピンク、大好きな色です。

d0170823_09511458.jpg
このセミナー3月13日(日)にも開催するそうです。展示の方は3月22日まで見られるそう。

セミナーから帰って来たらうちも春のディスプレイをしたくて、暖炉上にイースターのコーナーを作ってみました。
d0170823_09515234.jpg
d0170823_09095744.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-03-09 10:16 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

【A la prochaine! しばしの別れ】

街に戻って、あと2泊で日本へ帰国。
d0170823_09542300.jpg
1晩目は息子の希望でラーメン屋さんへ。ちゃんと日本の味のラーメン屋さんだった。
こちらで何回か和食レストランに行ったけれど、日本人が経営している所が増えている。
アルバイトの日本人も豊富にいるようだ。

日本語が恋しい長男は日本語で話しかけたいのに、向こうは英語で返してくる。たまにお互いに日本人とわかっても、頑に英語で通そうとする人もいる。長男がその店のアルバイト情報の張り紙を見たら、「ウェイター募集。バイトしながら英語の勉強ができる!」と書いてあったそうで、英語の勉強のつもりでウェイターをやっているから英語が話したいんだね、と納得。でもお客さんに合わせて言語を変えるって言うのも、すごく良い勉強だと思うけど、私としては。
d0170823_09542616.jpg
カナダ最後の夜は、ホテルから近いビストロ風のお店へ。
この日、私は大奮発して、SURF & TURFという料理を頼んでみた。 SURF & TURFつまり「波と芝」。海の物と山の物を一緒に頂ける料理で、カナダのロブスターと牛フィレが一緒にのっている!カリフォルニアやハワイではSURF & TURFというと、サーフィンもやるしゴルフも、みたいな意味で使われる事もあるらしい。

一緒にいる間はあえて今の生活の良い所をたくさん話してもらった。長男自身もネガティブな事は全く言わなかった。ただ海外生活で、不便な事が全くないなどとは思っていない。私自身、好きで住んだフランスにいるときも、夫の仕事についてアメリカに行ったときも、ぐちぐち言いたくなる事はたくさんあった。

次の日の飛行機の時間はちょっと無理すれば息子は見送りに来られる時間だったけれど、彼はいつもの時間通りに起きるので、特に送りには行かないと言った。私もそれで良いと思った。

昔、私が海外に住んでいて日本に一時帰国したとき、うちの両親も全く普段のペースを変えなかった。私がいても夜、習い事や友達に会いに行く。少し寂しいと思ったけれど、そのおかげで、私も罪悪感無く、自分の世界に戻って行けた。普段のペースを崩さないというのは、再会の短い時間が終わったら、離れて生活を送らなければならない同士には大切だと思った。
d0170823_09542904.jpg
というわけで、レストランを出て、ホテルの廊下でさようなら。
しっかりハグをして、次回は日本かフランスね!と約束。少し寂しいけれど、次に会うときはお互いどのくらい成長していられるかな?

d0170823_09095744.gif



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-03-05 10:30 | Voyages  旅行 | Comments(2)

【カナダの居心地の良い食空間】

今日は雛祭り。春めいた気候のなか、カナダの雪景色をいくつか見納めのつもりで。

泊まったロッジは、スキー場の周りに小さな村のようにいくつも建物が集まったところにありました。それぞれの個性もありつつ、全体のトーンを合わせているので統一感が合って、景観を大切にしている事が伝わってきます。
d0170823_08345080.jpg
d0170823_08344732.jpg
d0170823_08344346.jpg
やはりカナダは全体的にブリティッシュな雰囲気の建物が多くて、私達が泊まったロッジはジョージアン風。

この小さな村の中で一番と言われているレストランに行きました。といってもレストランの数自体があまりないのだけれど。
全体的に暗い照明で、モダンな暖炉があり、ワインも美味しくて、スキーのあとのリラックスに最適。
d0170823_08345343.jpg

この日中、スキーの途中でカフェテリアで休憩していた私と娘に、スキー場のアンケート係のマダムが近づいて来て、質問に答えたら無料コーヒー券がもらえるというので喜んで答えました。娘の英語のためにも娘に答えさせる私(というか、英語を聞き取るのは娘の方が得意という事実!!)。

マダム「どこから来たの?」  
娘「日本」でビックリされ
マダム「初めてこのスキー場で日本人にアンケートとったわ!」

日本からの距離とスキー場の規模を考えると不釣り合いなので
マダム(少々あきらめた感じで)「またこのスキー場を利用しますか?」
娘(即答で)「はい」
にマダムと私二人でビックリ。

もらったコーヒー券でコーヒーを飲みながら、
「またここに来たいの?」と聞いたら「うん、だってここすごく居心地が良いよ。」と娘。
人も優しいし、余裕があって、娘は気に入ったそうです。北アメリカ的なワイルドなフードも若い子には魅力かも。

楽しい時間は過ぎ、また息子に会いに街へ戻ります。

d0170823_09095744.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-03-03 09:03 | Voyages  旅行 | Comments(0)

【カナダからただいま】

カナダに行ってきました。
目的は、長男に会うため。昨年9月に巣立って行った長男。長男やその友達はほとんど全員が日本で生まれ育ち、日本のリセに通ったとはいえ、旅行ではなく日本以外の国(フランスをはじめ、カナダ、アメリカ、イギリスなど)で暮らすのはほぼ初めての子供達。
幼稚園のときから成長を一緒に見守って来たママ友達もみんな、巣立ったあとをとても心配していました。
年末年始に日本に帰って来た子供達もいるけれど(軽くホームシックになっていた子も)、うちの息子はあえて帰って来ない選択したので、こちらが会いに行ってしまったというわけ。みんなが言うのには6か月を超せたら、あとは安泰だって。
d0170823_09093572.jpg
息子の学校はこの時期に休みはないので、彼が学校に行っている間は暇な私達。一週間のうちで、息子の授業が沢山ある3日間は気軽にシャトルバスで行けるスキー場に行ってきました。勝手の分からない国で猛吹雪の中を運転するなんて気が重いですものね。
d0170823_09094123.jpg
雪と言うよりは、白い砂?と思えるようなサラッサラの雪。気温が低くて、リフトに乗っている間がちょっと辛い。有名リゾートというわけではないしウィークデーなので地元の方がスキーに来てました。誰もがすっごく上手。

こちらで泊まったロッジは長期滞在対応のキッチン付き。長期滞在でなくても夜外に出るのが寒くていやだから部屋で料理したくなったのは初めて。
d0170823_09094420.jpg
以前も書いた気がするけれど、うちはまとまって何日か泊まるときは、いつもキッチンのある部屋や家を借ります。毎回楽しみなキッチンの備品をチェック!
d0170823_09094705.jpg
ディナー皿、デザート皿、シリアルボウル、マグカップ、コップ、ワイングラス、カトラリー、調理器具、必要な物が必要な数だけシンプルに用意されている長期滞在用のキッチンを見るといつもなんだかスッキリするのです。これだけでいいのよね〜って。テーブルには6枚のテーブルマット。
きっちりお揃いのマグとティーポットで外の寒さで冷たくなっている体を温めるべく、備え付けのお茶をいれました。家に帰って来たようで嬉しい時間です。
d0170823_09095024.jpg
ちなみにこのお部屋はガスの暖炉つきで、各バスルーム付きの2ベッドルーム。この余裕が北アメリカだなと感心。ヨーロッパのスキーリゾートにある貸しアパートはもう少しこんじんまりとして部屋も狭いので、とても贅沢な気分です。

d0170823_09095744.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-03-01 09:46 | Voyages  旅行 | Comments(2)