暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、お問い合わせ

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさんの秋ですね〜..
by grandeN at 11:46
先日レッスンで伺ったハー..
by akicosmosA at 08:30
mcherryさん、妹さ..
by grandeN at 06:30

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

<   2017年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【食の学びウィーク・行正り香さんのアメリカンポークで作るポットラックパーティー・クッキングセミナーにご招待いただきました。】

今週は学びの週。
木曜日は行正り香さんの「アメリカンポークで作るポットラックパーティーレシピ・クッキングセミナー」に行ってきました。
行正り香さんの本は何冊も持っていて、独特のセンスと繊細そうに見えて実は男前なレシピに好感を持っていたので、お誘いを受けてすぐに行ってきました。

会場は銀座の素敵な場所で、なおかつ周りは初めての方々ばかりだし(結局会場で知っている方に会えたのですが)ちょっとドキドキして待つ。
d0170823_09195277.jpg
d0170823_09191517.jpg

会場に現れた行正さんはしっとりした雰囲気で、声も想像していたよりも低めで落ち着きます。

d0170823_09193294.jpg
お料理のデモンストレーション中のお話も、ポットラックパーティーについての考え方など、私も普段から思っている事と同じ!と共感しました。かまえすぎないでとにかく集まろうということ。私も本の中や、サロンでお伝えしている『フランス流』の考え方と同じです。

お料理は、簡単で美味しかった!アメリカンポークの違う部位を食べ比べてみたのは初めてでしたが、お肉がみずみずしいという印象を受けました。お値段もずいぶん手頃なんですね。どこでも見かける訳ではないけれど、イオン系のスーパーなどにあるそうです。

デモンストレーションを見ただけで「私にも作れそう!」というレシピにも共感します。忙しい人達が毎日の食卓で、複雑な工程のある料理なんてできません。それでも出来上がりはグッドルッキングで、お味も大満足。洋風、和風両方を味見させて頂きました。
d0170823_09195785.jpg
d0170823_09194772.jpg
d0170823_09200080.jpg

ちょっと試食するだけかと思っていたら、コーヒーまでつくしっかりとしたランチ。
小雨の肌寒い街に出たら、煮込み料理やオーブン料理、早速作りたくなりました!

d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


______________  お知らせ   _______________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2017-09-29 09:44 | Cuisine  美味しいもの | Comments(0)

【ESSEフェス2017&プレゼンテーションにご招待いただきました】

9月25日(月)は雑誌『エッセ』のプラチナリポーターとして、ESSEフェス2017&プレゼンテーションにご招待頂きました。
d0170823_14302956.jpg
広い椿山荘の中、エッセのエディターズルームや各企業のブース、エッセでおなじみの料理家の方々のトークショーなど盛りだくさんで、全て見切れないほど。

d0170823_14302015.jpg
お昼にはプラチナリポーターが招待されたプレゼンテーションへ。ここで各企業のプレゼンがありました。


d0170823_14302567.jpg
パナソニックのレッグリフレと骨盤おしりリフレ。体験させてもらいましたが、仕事のあとにこれをしてソファーに寝そべったらたぶん、5秒以内に寝ます。立ち仕事の多い方におすすめ。


d0170823_14301176.jpg
ロート製薬の肌ラボ極潤ヒアルロン液。保湿力がとても高いというものですが、家族みんなで使える(男性のひげ剃りあとにも)ところが気に入りました。


d0170823_14451644.jpg
第一三共さんのような製薬会社が取り組んでいるスキンケアも科学的な根拠が感じられていかにもシミに効きそうでしたよ。トランシーノ薬用スキンケアシリーズ。今年は下田で油断して焼き過ぎてしまったのでこれでいたわるか。


d0170823_14301523.jpg
紫と黄色のプレゼンテーションがかわいかったDHC。薬用クイックジェルモイスト&ホワイトニング。オリーブオイル入りなのでべたつくかと思いきや、これはス〜っとのびて気持ちよかったです。こちらのプレゼンをされた方がとても「頼れるお姉様」という感じでお話に説得力があって、引き込まれました。最後に彼女が「スキンケアをイヤイヤやっていてはキレイになれませんよ。このおかげで明日の朝はキレイになって目が覚めると思いながらお手入れしてくださいね!」というお話が印象的でした。
面倒くさくてそのまま寝てしまう事が多い私は反省。


エディターズルームでは昨年から始まったEsse Shu_fu of the yearコンテストで優秀賞を取られた方のプレゼンやワークショップがあり、以前撮影でお世話になった編集者の方と再会したり、皆さんの素敵なアイデアを拝見したり、楽しかったです。
d0170823_14303281.jpg
d0170823_14304744.jpg
これは去年の賞を取られた方のアイデア。アクセサリーボックスのガラス部分に好きな柄をプリントしたトレーシングペーパーを貼り、中にLEDのライトを入れてランプにしたもの。とってもかわいかった。電源の使えない所や、ハロウィーンの飾りにも使えそう。

いろいろと満足して帰るとき気になった、椿山荘の素敵なインテリアもお裾分け。
d0170823_14300249.jpg

d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


______________  お知らせ   _______________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2017-09-27 15:05 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

【11月2日(木)神戸でレッスンいたします】

フランス家庭料理とテーブルコーディネートのサロン『Table de N』、出張レッスンを神戸でいたします。
サロン文化が進んでいる神戸のシックなマダムが集う「Joie Riche ジョワリッシュ」サロンにて11月2日(木)に開催します。
d0170823_09564993.jpg

Table de Nのエッセンスをギュッと凝縮して、午前10時からはフランス流のおもてなしについてお話&体験(料理デモンストレーション+レシピ、ランチ付き)して頂きます。Joie Richeさんを私のサロンに置き換えて、皆さんと楽しいお時間を過ごしたいと思います。

午後2時30分からはフランスの美食史、エリゼ宮の晩餐会のテーブルとフランス式セッティングについて、ティータイムもはさんでお話したいと思います。固い内容かと思いきや、歴史の楽しい逸話やフランスの友人たちとのエピソードをたくさんお話したいと思います。

ぜひ、いらしてくださいね。

テーブルコーディネートの恩師、丸山洋子先生がいらっしゃる神戸なので、テーブルコーディネーター仲間は神戸の方、住んでいた事のある方がたくさんいらっしゃいます。なのに私はなんと大学時代ぶりの神戸です。
少しドキドキしますが、皆さまとお会いするのを楽しみにしております!



d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


______________  お知らせ   _______________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2017-09-19 10:02 | Table de N  サロン | Comments(0)

フランスのスローライフ in 『フレンチカントリー』

『フレンチカントリー』と聞くと、グレーのペンキがはげたアンティークの家具や、古びたシャンデリアを思い浮かべるかもしれない。古びていてもシックなインテリアのスタイルとして確立した言葉だ。

けれど『フランスの田舎』という意味でこの言葉を聞く時に、いつも思い浮かべるのが、親戚がやっているシャンブルドート" chambre d'hote"つまりBed &Breakfastの宿だ。最近は有名な料理店やショコラティエの出現で知られつつあるアルボアという街。から車でさらに田園風景の中へ。
d0170823_11595704.jpg

彼等がそこの農家を買って、シャンブルドートと農業を営みながら子供達を育て始めたのはもう30年以上前になる。
私達が夏休みにここへ行ったときの記事はこちら
d0170823_11594743.jpg
d0170823_11595490.jpg
馬、牛、豚、鶏、ウサギ、などなどと共存し、畑を耕し、納屋を改造したシャンブルドートはモダンで清潔なインテリアで、そこにヨーロッパ中からの旅人を迎えている。B&Bなので、提供するのは朝食のみ。でも希望があればランチもディナーもだす。奥さんはフランシュコンテやジュラ地方によくいる、料理上手な肝っ玉母さん。

この週末、夫の両親に連絡した所、このシャンブルドートの留守番をしていると言う。
シャンブルドートの経営者夫妻(夫の両親にとっては、いとこの子供になる)が結婚式に呼ばれて(フランスの結婚式は土曜日から日曜日まで48時間はかかる)出かけなければならないので、泊まり込みで動物達のお守りを頼まれた。
動物達だけのつもりが、シャンブルドートに数室予約が入って、日曜日の朝食の準備もする事になったという。

奥さん手作りのジャム、朝採りたての卵料理、有機栽培のサラダ、村のパン屋のパン、飼っている牛の牛乳、収穫したばかりの果物。
夢のような料理が並ぶ朝食。お義母さんは有名な料理上手なので、こんなお願いもなんなくこなす。

d0170823_11595043.jpg

朝食が終わり、ほっとしているところへ電話をした。
お義父さんが楽しそうに言う。

「今朝、鶏舎にいるはずの鶏が部屋の前を鳴きながら通るんで目が覚めた。鶏舎は閉めたはずだからビックリして外に飛び出た。キツネにやられたんじゃないかと思って。そしたら鶏舎にはちゃんとカギがかかってた。つまり一羽だけ一晩中放し飼いしちゃったらしいんだ。ばれたら怒られちゃうね。」

なんというスローライフ。時間に追われる週末を過ごした私は、そのラフォンテーヌ寓話のような暮らしをうらやましく思った。これこそフレンチカントリー。

d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


______________  お知らせ   _______________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2017-09-11 12:41 | Quotidien 毎日 | Comments(4)

【秋のインテリアとこわれたオーブン】

つい先日書いたばかりですが、次々と家のメンテナンスに取りかかっている中、とうとううちのオーブンが言うことを聞かなくなりました。
確かにずいぶん働いてもらったので、仕方ないのかもしれない。

秋のサロンにオーブンを使おうと思っていたのでちょっと困ります。メニューもほぼ確定し、秋らしい料理をオーブンで作ろうと思っていたから。
メニュー変更しなければ。

ちょっとへこむので、今日は久しぶりに晴れだし、思い切って家中のインテリアを秋仕様に変えて気分転換しよう。

まずはリビングルームから。ソファーのカバーを外し、秋冬のカバーをかける。クッションカバーも変える。全部洗濯機へ。

暖炉の上の飾りをとって、掃除して、秋の装飾を。額の写真も変えた。部屋の隅にある小さな花瓶に枝を飾る。

暖炉の前に白いキャンドルを飾ってあった。夏には暖炉に入れられない火の代わりに。
そこに、夏には緑色だったバラの実が秋色に良い感じに変わったので立てかけてみると秋の雰囲気になった。

d0170823_14364286.jpg
d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


___________  お知らせ   ____________
d0170823_09372487.jpg

フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2017-09-08 15:38 | Maison 家 | Comments(2)

【雑草取りといけばな】


晴れていた昨日、重い腰を上げて夏の間に生えてしまった家の周りの雑草を抜いた。
知らないうちに大きなヤマゴボウが生えていて、立派な枝ぶりだったので、いけばなをした。
雑草取りをしているうちに水が下がってさんざんな姿になっていたのに、水にいれたらすぐにピンと枝を張っていた。
夏と秋の間の季節をかんじるヤマゴボウを和箪笥の上に飾った。

d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


___________  お知らせ   ____________
d0170823_09372487.jpg

フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2017-09-06 19:35 | Maison 家 | Comments(2)

【ついに終わった、夏休み。にしたこと。】

ついに、自由の身になりました。全国の学齢期の子供を持つ親のみなさん、頑張りましたね!
d0170823_10245580.jpg
(誰もいないリビングを見て感慨に浸る)

私も夏休み中は、楽しい事も大変な事もいろいろありましたが、後半暑さも手伝って、簡単にイライラするようになってきました。

「はっ!これはそろそろストレスたまって来ているのだわ。」
と気付いて、家族にストレスたまってます宣言をして、なるべく手伝ってもらったり、休み時間は放っておいてくれるように頼んだりして乗り切りました。

「ママ〜」と呼んでくれる子供がいるのは幸せな事。でもたまには一人でゆっくりコーヒーを飲んだり、ぼーっとしたり、考えたりする時間がないとバランスを崩しやすくなります。親しくてもお互いに”タイムアウト”の時間を作って、リフレッシュするようにしています。

子供の用事などの他に、この夏、私を忙しくさせていたもの。それは家関係のメンテナンス。もうすぐ築9年の我が家。9年経ったといっても、とても心地よい空間であることに変わりません。が、例えば電気関係、水回りなどがくたびれてメンテナンスが必要な所が一気に出てきました。
というわけで、気になっている箇所をほとんど全部メンテナンスした夏休みになりました。

その中でも、キッチンのタイル目地のコーキングをしなおしたのは、気分的にもさっぱりして嬉しかったです。(もちろんプロに頼みました。キッチンはレッスンなどで酷使するので自分で適当にできる場所ではないとわかっていたので)

d0170823_10244924.jpg
この日はとても暑い日でした。午後中キッチンを片付けたり、掃除をしたりして作業につき合っていたので、終わった夕方には料理をする気力ゼロ。
そしてコーキングが乾くまで「キッチンを使わないように。」と言われてマスキングテープでキッチンは立ち入り禁止に。

やった。大手を振って「仕方ない。外食だ!」と夫にメッセージを送り、早めに帰って来られた夫&子供達と近所の気に入っているレストランに行けたのは、ささやかなごほうびでした。

さあ9月。子供達の学校では新学年が始まりました。
新しいクラスメート、先生、時間割。今年もがんばろう〜!で、ママは今日はお休みね。


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


___________  お知らせ   ____________
d0170823_09372487.jpg

フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2017-09-04 11:10 | Quotidien 毎日 | Comments(0)