暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、お問い合わせ

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさんの秋ですね〜..
by grandeN at 11:46
先日レッスンで伺ったハー..
by akicosmosA at 08:30
mcherryさん、妹さ..
by grandeN at 06:30

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

【エクレアキッチンショールームでクリスマス装飾】

毎年11月中旬になると、茗荷谷にあるエクレアオーダーキッチンショールームでクリスマス装飾をします。
秋になるころ、今年はどんな飾りにしようかと悩むのが実は嬉しい。悩みながらお店や街を歩くのも。

3つ違うタイプのキッチンが展示されているにも関わらず、エクレアさんのショールーム全体のイメージは北欧っぽい。
だから当然北欧っぽいコーディネートが合う。でも時にはわざとはずして違うスタイルにしたくなったりする。

今年はエクレアさんには白!が良いと思う。だからといって必ずしも私の自宅のクリスマスと同じ色やスタイルにはならない。だって空間の個性が違うし、その環境、用途、集まる人などが違う。
昨日、秋から思い描いていた装飾をしてきました。
d0170823_14393008.jpg
d0170823_14393589.jpg

今日から12月25日までクリスマス装飾のショールーム、お近くにお越しの際はお寄りください。

茗荷谷のおすすめ:

あ、どこもフランスと食べ物に関係ある所ばかり


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


______________  お知らせ   _______________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

# by grandeN | 2017-11-17 15:06 | Tables & Deco テーブル | Comments(0)

【私が家族に愛情を表せるのはやっぱり食卓】

私が持っている様々な役割の中で、もっとも大切なものは、母親であり妻である家庭人としての自分。
子供や夫が幸せに毎日を過ごしているか、それを気にするのが一番の仕事だと思っている。

子供の話を聞くのは父親でも母親でもどちらでも良いと思う。けれど、子供達は父親に話す事、母親に話す事を分けているようだ。特に女の子は母親にしか言えない事が思春期に入って増えて来た。もちろん、思春期の女の子がすべてを母親に言っているなんて信じていないが(自分自身がそうだったし)、自分ではどうしようもないことや、自分へのふがいなさや、悲しかった事などが言える最後の砦になっていたいと思う。

男の子はきっと父親と話す事で自分に自信をつけたり、目標を持ったりするのだろう。うちの場合、息子たちは夫の性格を受け継いで(義父も同様だけれど)フランスの男性らしく、母親に優しいねぎらいの言葉をかけてくれる事が多い。「ママありがとう。」「ママは座っていて。ぼくが片付けるよ。」これはフランス人の夫を選択した最大の利点だ。

忙しいと言っていると本当に忙しくなってしまって、普段気がつく事も気がつかなくなって来るようだ。家庭以外の仕事に集中していた時、私に「おめでとう」と言ってもらいたい事があった家族がいて、話をしてくれたのに私はそれをなんとなく聞き流してしまったらしい。
なんだか不機嫌なのでどうしたのか聞いてみたら、私の「おめでとう」が聞けなかったせいだとわかった。
「私も忙しかったから」なんて言い訳を聞いてもその気持ちは収まらないだろうな。
考えた末、私にできる最大の愛情表現はこれしかない。

d0170823_18161995.jpg

普通、平日はキッチンのカウンターで済ませる夕食を、ダイニングテーブルにテーブルクロスをかけて、キャンドルをともす。食事は簡単なグラタンでも、デザートのケーキは焼いた。
「おめでとう」と言って、家族全員で代わりばんこに、今週あった良い事を言い合ったら気持ちも落ち着いたみたいです。

やはり食事の時間は大切です。エラーもリカバーできますよ。



d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


______________  お知らせ   _______________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

# by grandeN | 2017-11-10 18:59 | Quotidien 毎日 | Comments(0)