暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、お問い合わせ

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

mcherryさん、妹さ..
by grandeN at 06:30
こんにちは♪  お..
by mcherry0929 at 14:46
のんびりだな〜、向こうは..
by grandeN at 09:06

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*flow...
テーブルの真ん中
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
丸山洋子スタイル
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

- Vente d'objets anciens et d'oeuvres d'art - アンティークと美術品のチャリティーセール

6月13日(月)フランス大使公邸で、フランスのカトリック慈善団体エマユス友の会が主催し、フランス大使夫人協力のもと、アンティークと美術品のチャリティーセールが行われました。エマユス友の会は普段から手芸やお料理のアトリエを開いていて、材料費以外の参加費を全てホームレス支援団体などに寄付しています。この会のモットーは " Aider à aider" つまり、助けるのをお手伝いする。今回のチャリティーセールは東日本大震災被災者の方々のための寄付金になるそうです。
d0170823_661963.jpg

広々とした玄関から、ダイニングルーム,新緑の美しい芝生と木々を眺められるサロンに所狭しと並べられたアンティーク、アクセサリー、アマチュアアーティスト達による作品。
空間が素敵なだけで優雅な気分になり、手が出ない値段が付いているものも買えるような錯覚をしてしまいます。「あ、これは素敵。」と思ってちょっと隣の棚を見ていると、もう気になっていた作品は他の人の手の中へ。美しいオブジェを買う事で辛い生活をしている方々を助けるなんて、考えてみればParadoxですが、それぞれの場所でできる事を考える良い機会を与えられました。
# by grandeN | 2011-06-17 06:19 | Francais フランス語 | Comments(0)

ごあいさつ <Table de N  フランス家庭料理とテーブルコーディネートサロン>

フランスと言えばパリのシックで高級な雰囲気を想像する人が多いかもしれません。でも実際のフランスは農業大国と言われる通り、それぞれの伝統を愛し守り、なおかつゆったりとしたペースで「暮らし」を大切にするたくさんの地方によって作られていると言うのが私の印象です。そんな地方都市の一つ、フランス東部にあるブザンソンと言う街が夫の故郷です。パリからTGVで2時間半、17世紀の軍人であり建築家のヴォーバンが建てた要塞『Citadelle』やその他の歴史的建造物によりユネスコの世界遺産に登録されている古い街です。

フランスではどこでもそうですが、家族の時間が一番大事。友人と過ごす時間も大切。女性の就業率は高いのですが、お昼には家族みんな一旦家に帰っていっしょに食事をしますし(大都市以外)、お父さんも夕方には家に帰って「家族で夕食」が基本です。社会自体がそういうシステムになっています。それはとても羨ましいことだけれど、今「おうちごはん」が注目されている日本でも、家族の時間を振り返ってみよう,食事を大切にしていこうと言う思いは高まっています。
洗練の国としてのフランスではなく、「家族時間を大切にする」「生活を楽しむ」ことが上手なフランスを伝えたい。フランス語で"Art de Vivre"(アールドヴィーヴル:生活芸術)と呼ばれるものです。

料理はレストランで出てくるいわゆる『フレンチ』ではありません。忙しいお母さんが美味しいものを家族に食べさせたいと作る家庭料理です。私にとってのテーブルコーディネートは舞台装置ではなく、日常を少しだけ明るくし、ご飯をいっしょに食べる人への友情・愛情を表現するものです。私の家での料理、空間、おしゃべりによって、来てくださる方のお家での生活がいつもより少しだけHappyになれば嬉しいなと思い、サロンを開きたいと思いました。


時間: <10時30分 〜 13時30分>
   10時30分Bienvenue 〜 その日のテーマ レクチャー
   11時30分 〜 料理のデモンストレーション
   12時30分 〜 13時30分 試食しながらお話しましょう
料金:5000円/回
場所:東京都23区内 (詳細は参加される方にお知らせします)
*前日キャンセルの方は3000円、当日キャンセルの方は5000円ご負担願います。ご了承下さい。
# by grandeN | 2011-06-14 19:36 | Table de N  サロン | Comments(0)