暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

インスタグラム、HP、お問い合わせ

インスタグラム

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

鍵コメさま、良いお話、あ..
by grandeN at 15:39
kanafrさん、ありが..
by grandeN at 09:43
まあ、なんて素敵なディナ..
by kanafr at 06:52

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*mais...
テーブルの真ん中
八ヶ岳南麓週末日記+α
うつわshizenブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
Yoko Maruyam...
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん
MY Dear LIFE
スタジオ かるぺ・でぃえむ

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
料理家

画像一覧

【フランス流 自分で考えると言うこと】

今日は東京には珍しく雪。
雪の予報を聞いて、家にいてゆっくりしたそうだった娘も朝には何も降っていなかったので、不満そうに出かける準備をしていた。

彼女と話していると、今のフランスの高校生たちの考え方がよくわかる。
私がフランスに行ったのは大学生のときだったから、フランスの高校の話は新鮮だ。
高校生と大学生はかなり違うところもあれば、フランス人として一貫したところもある。
d0170823_12142793.jpg

子供達の行っている学校はフランス在外教育庁の直轄校なので、フランス本土と同じ教育を基本にしつつも、海外にあるということで文化や言語に対して本土よりも国際的な内容になっている。英語にしても、現地の言語(うちの場合、日本語)にしても、しっかりした教育をしてくれるし、多様性と国際性を大切にして、主要な文化人が来日したり、機会があると高校生対象に講演会が開かれる。

経済学者のトマ・ピケティが来日したときは、講演があるからと社会経済系の生徒は全員、あの分厚い「21世紀の資本」を冬休みに読まされていた。(息子も死にものぐるいで読み終わったのに、結局スケジュール調整できなくて講演は中止。涙)
講演会が多いのはとても良いことなのだが、すでにいっぱいいっぱいの時間割の中に無理矢理詰め込まれることもある。
高校生たちの多くが午前8時から午後6時まで授業があるので、その後帰宅して膨大な宿題をするので精一杯という生活だ。(だからバカンスがあるんですね)

そんな中で、娘が言う所によると、次回の講演会はある平日の午後6時30分から午後9時まで、他のフランス在外教育庁直轄校からのライブだという。
「つまり授業が終わって、急いで準備し(自分の教室がないので自分のロッカーに戻って時間割に合わせて荷物をまとめ)そのまま食事もせずに講演会に出たら9時まで外に出られないってこと。」
とプンプンしている。

娘「もちろん、そんな不条理なことは許されないはずだと、みんなで担任の先生に抗議しに行ったわよ。」
私「へ〜、さすが。」
娘「そしたら、担任の先生は、自分がこの講演会をブッキングした訳ではないので、担当している副校長に抗議して、ダメならみんなで請願書を書きなさいってアドバイスしてくれた。」
私「うわ〜、フランスだ。」

こうやって自分で考え、不条理なことにはとことん抗議し、納得のいくまで話し合う。
これが億劫な人は、フランスに住むのは難しい。

娘がのちのちフランスで生活できるよう、すでに鍛えられているなぁと感じた朝でした。










d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


______________  お知らせ   _______________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2018-01-22 13:10 | Les enfants 子供達 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード