暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、お問い合わせ

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

てぶくろさん、ご参加頂き..
by grandeN at 07:22
先日は、ありがとうござい..
by uransuzu at 03:53
まさにkanafrさんの..
by grandeN at 06:55

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*mais...
テーブルの真ん中
八ヶ岳南麓週末日記+α
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
Yoko Maruyam...
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん
MY Dear LIFE

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

【自然の中でボーッとする時間をつくる】

この週末までフレンチスクールは冬休み。
子供達が小さいときは、二週間の休みを目一杯使ってフランスの両親の所に帰り、一緒にスキーを楽しんだ。フランシュコンテ地方は、雪が多いのに高い山がないため、国境を越えてすぐ近くのスイスの山までスキーに行くのが夫が小さいときからの習慣でした。

フランスに住んでいる頃は、毎年2月の冬休みには、車いっぱいにスキー道具と美味しいものを詰めて高速にのり、一時停止して "Bonjour!" と言うだけのスイス国境を越えてスキー旅行へ。

日本から子連れで行くようになってからは、早朝パリでジュネーブ行きの便に乗り換え、ジュネーブ空港で両親と再会の抱擁をし、山に向かいました。山の美しいシャレーの景色、美味しい空気。スイス特有の、のんびりしたフランス語でバカンス気分も盛り上がる。

d0170823_08231414.jpg
懐かしのスイスの写真

時は流れ、両親は歳を重ねてスイスの山まで遠出するのが辛くなり、子供は大きくなって山ごもりするよりも繁華街が良いと言い、(スイスフランは高騰し)、冬休みにフランスに帰国する事はほとんどなくなりました。

悲しいのは山が大好きな夫。やはり寒い時には寒い所に行ってスキーがしたい。雪が見たい。ということで、先週は大好きな八ヶ岳へ。中央道で甲府を過ぎた辺りから、スイスの景色にそっくりで好きなのです。

もちろん、繁華街とインターネットが大好きなティーンエイジャーも同伴。最初はブツブツ文句を言っていたので、一喝しました。しばらく経つと雪山の静かな雰囲気に慣れて行った様子。インターネットがあればそれぞれが別々のビデオを観たりしているのに、山にこもると本を読んだり、ゲームをしたり、おしゃべりしたり、家族の時間がぐっと濃くなります。そこにたどり着くまで多少の葛藤はありますが、その代償を払う価値あり。

d0170823_08064833.jpg
スノーシューで誰もいない森を散歩。鹿やうさぎの足跡を見つけたり、寒い中にも小川が流れていて春の気配を感じたり。広い森の中、どこまでも行けそうで都会育ちの私は少し心細くなる。

夫に、
「迷子になるんじゃない?」と言うと、
「大丈夫、ぼくは地下鉄の出口から出るとどこにいるか分からなくなるけど、山の中ならちゃんと分かる。」と言う。
本当かしら?
「だってスノーシューの足跡、ぼくたちのしか無いじゃない。」
だよね。





d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ



________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2018-03-03 09:03 | Voyages  旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード