暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

HP、お問い合わせ

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

てぶくろさん、ご参加頂き..
by grandeN at 07:22
先日は、ありがとうござい..
by uransuzu at 03:53
まさにkanafrさんの..
by grandeN at 06:55

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*mais...
テーブルの真ん中
八ヶ岳南麓週末日記+α
SHIZENブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
Yoko Maruyam...
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Petit Bourge...
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん
MY Dear LIFE

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
インテリア・収納

画像一覧

【母校に展示された自分の本】

心がきゅっと固くなるような出来事があった週末が終わり、習慣である月曜午前中のルーティンで、家を一通りきれいにしていた。
日差しは明るくて、外で歩きたい気分になった。

ふと、母校の大学の広報課の方から、インフォメーションボードに私の著書を展示していると連絡を受けていた事を思い出した。
久しぶりに散歩がてら行ってみよう。母校へ。

温かい日差しの中で歩いているうちに、ドキドキして来た。まるで合格発表を見に行くみたいに。

d0170823_16164362.jpg
いつ見ても美しい母校。入学式前、春休みの静かなキャンパス。
インフォメーションボードというのは、私が学生のときはなかったから、どこにあるのかすぐにわからなかった。
d0170823_16161387.jpg
d0170823_16160931.jpg
キャンパス内を歩き、チャペルの前に来た時に、パイプオルガンの音色が聞こえて来た。これから始まる一連の入学セレモニーのための練習だと思われる。懐かしくてチャペルの前でしばらく聴き入った。

学生課から出て来た男性にインフォメーションボードの場所を聞いた。大学生と言うには大人で、先生というには若い感じの方。大学院生かしら。
「すみません。インフォメーションボードを探しているんですが。」
「掲示板の事かな。どういうものをご覧になりたいのですか?」

「わかりません。」というような画一的な返事ではなくて、私の探しているものを理解しようとしてくれるその質問の仕方、姿勢に、大学生の時、母校の男友達に心のあるコミュニケーションがとりやすい人が多かった事を思い出した。懐かしい。そして誇らしい。

しばらく歩いて、結局インフォメーションボードは池袋駅から来る時に最初に見える大学の校舎の角にある事に気付いた。
私の本、あるかな〜。
d0170823_16162317.jpg
d0170823_16163266.jpg

あった!見えやすい所に展示してくださってました。

春の日差しが気持ち良くて、久しぶりの大学も心地よくて、固くなっていた心が少しゆるんだ気がしました。帰りに自由学園に寄り道して、フランクロイドライトの美しい建物を眺める。心の栄養になります。
d0170823_16162777.jpg
d0170823_16163824.jpg

帰りながら、この大学に行っていなければ、ブルゴーニュ大学には留学しなかっただろうし、そこに留学していなければ夫にも会っていなかっただろうし、そうすると私の子供達も今この世に存在していなかったんだな〜と思う。

春の気配が嬉しい。卒業される方、入学される方、新しい道が開かれる分岐点にきました。人生を思い切り楽しんでください。おめでとうございます!











d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ



________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2018-03-12 16:51 | Quotidien 毎日 | Comments(4)
Commented by いつも微笑んで at 2018-03-13 14:17 x
春の日差しにさそわれてお出かけした母校は文字通り温かく迎えてくださったのですね。
ご活躍の卒業生がたくさんいらっしゃるからでしょう、このようなインフォメーションボードよいですね。
今日はポカポカ陽気、う~んと伸びでもしましょうか!!🎵
Commented by grandeN at 2018-03-14 09:21
いつも微笑んでさん、ありがとうございます。
確かに、お聞きしたら、卒業生の著書は半端ない数でした。
ですので展示して頂いて嬉しかったです。
本当に嬉しい春の陽気です。インフルエンザの流行る辛い時期に受験期があることに文句を言っていますが、門出を祝うのが春と言うのは良いものですね。
Commented by akicosmosA at 2018-03-14 15:00
私もご一緒したように気持ちを味あわせていただきました。
胸の中がやわらかい春風にノックされたような気分でとてもさわやかな 気持ちになりました。
すべてが順番に繋がっていくって本当に不思議な感じですが
それって自分に置き換えても納得してしまうような不思議で嬉しいことですね。
Commented by grandeN at 2018-03-15 18:09
こすもすさん、ありがとうございます。
思うように物事が進まない時、きっとあとで「そうか、あの時そうだったから今があるんだな。」と思える日がくると思うようになりました。
直線でなくて曲線でも、継続的でなくて断続的でも、あの日が今日につながっているって、実感できます。なんだか不思議ですね〜。
名前
URL
削除用パスワード