人気ブログランキング | 話題のタグを見る


暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

インスタグラム、HP、お問い合わせ

インスタグラム

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

以前の記事

2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

初めまして。コメント嬉し..
by grandeN at 11:58
初めまして、ランキングか..
by Tomo at 23:05
鍵コメさま 温かいお言..
by grandeN at 10:36

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
木洩れ日の森から
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*mais...
テーブルの真ん中
八ヶ岳南麓週末日記+α
うつわshizenブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
Yoko Maruyam...
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん
MY Dear LIFE
スタジオ かるぺ・でぃえむ

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
料理家

画像一覧

ボストンで優しくしてくれた人

ちょうど20年前、ポストンに住んでいました。
夫は仕事に忙しく、幼稚園に通い始めたばかりの3歳の長男と過ごす毎日。
長男が生まれてから3歳まではどうしても自分の目で彼の成長過程が見たくて、ほとんど預けたことはありませんでした。そして引っ越したばかりのボストンで幼稚園が始まり、長男が通うようになると、朝から夕方までポッカリと時間が空いてしまいました。

長男がいない寂しさとまだ知り合いもいない外国暮らしで、少し落ち込みました。
何かしなければ。
そのとき、夫の派遣先大学のコミュニティー誌でQuilting Beeがあることを知りました。ニューイングランド地方と言えば、アメリカンキルトの発祥地。アメリカに行く前から独学でキルトを作っていた私にとっては、現地の方々や留学生の家族の皆さんと一緒にキルトができるなんて願ってもないアクティビティでした。
すぐに書かれていた番号に電話して、次の週から大学の中で開催されているQuilting Beeに参加することになりました。

リーダーはニューイングランダーらしい、知的で落ち着いたルイーズでした。彼女が毎週、みんなにキルトのワンポイントレッスンをしてくれて、その後の時間で自分のキルトを製作したり、時にはグループで大きな作品を作ったりしました。キルトの技法を学んだだけでなく、キルトをしながらたくさんお喋りする中で、ルイーズの温かな心からたくさんのことを感じ取りました。

しばらくして二人目を妊娠した私は切迫早産になってしまい、Quilting Beeに通うことができなくなりました。長い(そして辛い)自宅待機期間を経て、娘が我が家にやってきました。

娘を連れてQuilting Beeに復帰したとき、ルイーズが娘のために編んだブランケットをさりげなくプレゼントしてくれました。私は無事に出産できた喜びと、私の不在の間にブランケットを編んでくれていたルイーズへの感謝の気持ちでいっぱいになって涙が出てしまいました。
ボストンで優しくしてくれた人_d0170823_07401230.jpg
ボストンで優しくしてくれた人_d0170823_07401026.jpg
そのルイーズが、先日亡くなったと連絡が来ました。彼女を慕っていたQuilting Beeのメンバーは世界中に散らばっています。
ルイーズのお嬢さんの文章には

「このような状況ですからお葬式は家族だけでいたします。お花を贈ろうと思っている方は、ぜひ代わりに誰かに優しくしてあげてください。母だったらそう願うと思います。」

と書かれていました。
誰に、何人に優しくすれば、ルイーズの優しさと同じくらいになるのか、わからなくて途方に暮れています。




ボストンで優しくしてくれた人_d0170823_09022064.gif



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
ボストンで優しくしてくれた人_d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2020-11-13 07:51 | Quotidien 毎日 | Comments(2)
Commented at 2020-11-13 12:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by grandeN at 2020-11-14 10:36
鍵コメさま
温かいお言葉、ありがとうございます。
ルイーズは誰の心にも大きな優しさを残してくれたと思います。そんな素晴らしい人と出会えたのは本当に幸せでした。誰かに優しくするたびに彼女を思い出すと思います。
名前
URL
削除用パスワード