人気ブログランキング |


暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

インスタグラム、HP、お問い合わせ

インスタグラム

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさんには娘が中学..
by grandeN at 17:08
胸が熱くなる思いで拝読さ..
by akicosmosA at 14:44
こすもすさん、ご参加あり..
by grandeN at 09:12

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
木洩れ日の森から
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*mais...
テーブルの真ん中
八ヶ岳南麓週末日記+α
うつわshizenブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
Yoko Maruyam...
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん
MY Dear LIFE
スタジオ かるぺ・でぃえむ

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
料理家

画像一覧

カテゴリ:Maison 家( 31 )

【Faire le ménage 掃除をする】

野菜用ミルを取り出してじゃがいものピューレを作る前に、掃除をしていた。
家に一人きりになると、片づけや掃除がしやすい。

うちのキッチンの床はタイル貼りである。タイル貼りにしたのは、以前住んでいたマンションのキッチンがフローリングで、子供が小さかったため、たくさんこぼしたり、落としたり、フローリングをどんどん劣化させてしまったからだ。タイルならさっと水拭きすればいい!と思った。

しかしタイルはタイルでメンテナンスが必要だとすぐに気付く。特に、盲点だったのは目地!
白い目地はだんだんグレーになる。それを見込んで、最初からグレーや黒の目地を選ぶ家もあるくらいだそう。

うちにはもうそんなに小さい子はいないのに、いまだにたくさんこぼしたり、落としたりしている。
そんなわけで、タイル部分はいいけれど、目地は汚れ、家が建ってから何回も地震を経験したからか、ひびが入っている部分もある。

以前工務店の点検&メンテナンスが入った時、私はタイル職人の方にずっと張り付いて、その仕事振りを観察し、質問をした。お仕事中、邪魔だな〜と思われたかもしれない。が、作業後に私が自分で目地を掃除したり直したりできるように、目地を直す材料を小瓶に分け、掃除のアドバイスをしてくれた。(ありがとうございます〜。)

そして急に掃除心に火がついたこの日、私はタイルを拭いたあと、目地を直す作業に着手。と、その前に、くたびれたバスタオルを小さく切って雑巾を準備する。
d0170823_08363802.jpg
d0170823_08484281.jpg
手作り感いっぱいの仕上がりだが、フランスの田舎風キッチンというコンセプトです。

リビングに掃除機をかけて、暖炉の前に木の皮や灰が飛んでいるのをキレイにする。暖炉の中の灰を掃除したい気持ちになるが、暖炉を使い始めたころ、暖炉を使うたびに灰を掃除してしまって、夫に注意された事を思いだし、断念。暖炉の火がもつようにするには灰が必要なんですって。暖炉歴の長い夫の忠告に従わざるを得ない。
d0170823_08364133.jpg

その上、灰はいろんなことに使えるらしい。夫の父と銀のカトラリーについて話していた時、
「テーブルにカトラリーをセッティングしていてちょっと黒ずんだフォークを見つけたらね、暖炉の灰をぬれた指にちょっと取り、そのまま磨けばすぐにキレイになるんだよ。」

お手伝いを良くするおばあちゃんの知恵ならね、おじいちゃんの知恵。

d0170823_09162056.gif



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-01-10 09:28 | Maison 家 | Comments(0)

インテリア〜照明も夏の準備

前回、サロンを開催した時は雪が降った日がありました。
今は夏といってもおかしくないくらいの陽気の初夏。

続けてサロンに通ってくださっている方はリビング吹き抜けの照明も夏仕様にしたことに気付いてくださいました。

2月
d0170823_16024137.jpg
5月
d0170823_16024384.jpg
フランスの夏といえば何と言っても南仏、プロヴァンス地方!
テーブルに使う色のこと、フランス人のおしゃれなテーブルコーディネートの色の秘密、そしてプロヴァンス料理がテーマです。

PS: サロンのお知らせメールに登録してくださっている方で、メールが届いていないという方、鍵コメか、左のお問い合わせからご連絡ください。今回メールが届かなかったという方が数人いらしたので対策をしなければなりません。(今回は募集が終わっています。)



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


by grandeN | 2015-05-27 16:14 | Maison 家 | Comments(2)

初夏のテラス

ここのところの晴天、寒かった4月がうそのように気持ちいいですね。
梅雨に入る前の晴天の日々とその気温と湿度は、ちょうどヨーロッパの夏のよう。
それが梅雨をくぐりぬけると、ずしーんと重い湿度の夏の気温。日本の夏がやってきます。
このつかの間の日本にいながらヨーロッパの夏気分が味わえる季節、嬉しいものです。
近所のグリーンのお店へ足を運びました。
d0170823_19412127.jpg
色とりどりの花が嬉しくてつい色々買ってしまいました。
そして我が家のテラスの植物達もメンテナンス&リニューアルで夏仕様に。
冬の間、リビングに避難していた旅人の木、やっぱり外が似合います。
d0170823_19412513.jpg
つかの間の東京で『テラスで食事』ができるこの期間、目一杯楽しみます。あっという間に、蚊と猛暑でテラスに出られなくなってしまいますからね。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


by grandeN | 2015-05-18 19:52 | Maison 家 | Comments(0)

花菖蒲を暖炉の上に

家を建てた時のうちの夫のこだわりは暖炉だった。
寒い地方で生まれ育った夫は、冬に暖炉の前で火を見ながらゆっくりする夕べが何よりも好きで、日本の厳格な防火法と格闘しながら家に暖炉を取り入れた。
これが結構、場所をとるんです。だから火を入れない季節の間は、リビングのフォーカルポイントとして最大活用する(しかない)。

寒くて雨の多い4月前半だったけれど、やっとここにきて春を通り越して初夏の天気になってきた。
端午の節句ということで、兜を出した。
d0170823_08443062.jpg
ソファーのとなりにある暖炉のうえに花菖蒲を生ける。
d0170823_08585140.jpg
白、緑、紫がすっきりしていて気持ちいい。爽やかなこの季節がもっと長く続けば良いのにね。



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


by grandeN | 2015-04-28 09:02 | Maison 家 | Comments(0)

リビングの片づけ

うちのリビングルームはみんなの共有スペースという位置付けで、夜寝る時には、個人の持ち物は片付けることにしています。
上着をソファーにかけて雑誌を読む人、テレビを見ながら手にはミニカーを握っている人、お気に入りのyou tubeのチャンネルを見ながらマニキュアをする人がみんな物を出したまま部屋に戻ってしまったら、次の日の午前中、私は片付けに追われてしまうでしょう。
d0170823_10463942.jpg

おもちゃはおもちゃのある部屋へ、雑誌はローテーブルに重ねておいてよし、洋服は個人の部屋へ。と一応ルールはあります。一番ルールに従ってもらうのが難しいのは実は夫。
どこのお宅でも同じかと思いますが、インターネットと言う物が普及してから、帰宅後に仕事を続けるお父さん、多いですよね。本当にご苦労様、と思います。うちの夫も夜にリビングルームで仕事を続ける事が多いので、朝起きると、仕事で使った物が出しっ放しの状態です。仕事をしなければならないのはわかる。でも散らかったリビングを朝、目にするのはちょっと辛い。ということで、夫の仕事道具をリビングでさっとしまえる場所を作る事にしました。


リビングルームが片付いているように見える一番の方法は、面積の大きいテーブルの上に物が散乱していない事だと思います。
夫の仕事道具をしまう適当な場所を探した所、ソファー前のローテーブルに、最近子どもが使っていないゲーム器があることに気付きました。ここに片づけ用のかごを置く事にしましょう。

d0170823_10463761.jpg
もともとこのローテーブル用にかごを持っていたのですが、他の部屋で使っていたので戻しました。かごを使っていた部屋では、見えない場所で使っていたので箱で代用して問題無し。
d0170823_10464335.jpg

かごに仕事道具をおさめて、ローテーブルの下へ。


d0170823_10464557.jpg

ついでに雑誌の整理もして、埃取りをして、そしたら床を拭きたくなって、階段も拭きたくなって、(途中、掃除機の袋を取り替えようとしたらそこの部品がうまくはまらなくて分解し始め、、、なんてロスタイムを経て)とうとう大掃除まではいかない中掃除になってしまいました。
が、その後の爽快感は晴れた日曜日にふさわしい!
自分へのご褒美を買いに、大好きなパティスリーに行ってしまおうかな。。。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


by grandeN | 2015-03-22 11:22 | Maison 家 | Comments(7)

春のインテリアに模様替え

スキー旅行の宿泊先で、フレンチプレスのコーヒーを飲んだ。
最近エスプレッソ系のコーヒーばかり飲んでいたので、珈琲豆を煎じたようなマイルドな味と、温かいうちにたっぷり頂けるコーヒーが新鮮だった。
それで帰宅してあっという間にフレンチプレスを手に入れてしまいました。
コーヒーを作りやすいようにキッチンのカウンター上も模様替え。 ステンレス&ブラックの小物ばかり集めてCafe & Teaコーナーを。

d0170823_09342563.jpg

そうなると一気に模様替したくなり、リビングルームへ。こちらのインテリアは、雛祭りまでは赤を中心にしていたけれど、今年に入ってからずっと気になってるペパーミントグリーンに。
イースターも意識してイースターエッグの飾りも出してみました。
d0170823_09342102.jpg



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


by grandeN | 2015-03-15 09:59 | Maison 家 | Comments(0)

そして片付けの問題:その後

片付けの専門家で自分の方法なら絶対リバウンドはしないと言う方がいるけれど、私にはそれがどういう方法なのかよくわからない。
だって、家族は常に成長し続けて、必要な物や空間やしたい事は、いつも変化する。だからいらない物と、必要な物が出てくる。
3人の子供が11歳、7歳、3歳の時と、17歳、13歳、9歳の今ではその余暇の過ごし方が違う事は明らかである。

家を建てた時、「個室は小さく、共有の空間は大きく」という希望を建築家に伝え、子供部屋は机とベッドが入るだけの大きさで、共有のプレイスペースを作った。そこにはおもちゃと本を児童館のように集めて置いてもらった。年齢の離れた長男と次男も同じ空間で本を読んだり、ブロックで遊んでいた。

が、2〜3年前から子供達の遊び方が変わって来た事に気付いた。思春期に入った上の二人は友だちが来ると部屋にこもって話し込んだり、ゲームをしたり、ビデオを撮ったりしている。プレイスペースに誰もいないようになった。プレイスペースは、小さい子向けのおもちゃに場所を占領されて、大きな体の子供が話し込める雰囲気も場所もない。

空間の無駄遣いをしている事に気付き、秋から夫とプレイスペース改造計画を建てた。
1:まずは不要なおもちゃや本をなくす。
2:十分片付いたら、ソファーベッドを買って、思春期の子供が友だちを呼んだ時、話しやすいラウンジ的な空間を作る。
ソファーベッドは、子供の友だちが泊まったり、フランスの友人や親が来日した時、泊まってもらうためでもある。

物の処分はいつも私の仕事。もらってくれる人をさがし、どうみてもゴミの様なものは処分し、どうしても手放せない思い出の品の収納場所を確保する。これに2か月かかりました!

こうして晴れてソファーベッドが導入された。明るい窓のあるプレイスペースは本家リビングルームを差し置いて現在我が家で一番人気のリビングルームになっている。(左の写真)
大人っぽい雰囲気になったけれど、ソファーの特等席を陣取っているのは小さい頃の思い出がいっぱいつまったぬいぐるみ達です。

d0170823_16384545.jpg


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


by grandeN | 2014-11-11 17:15 | Maison 家 | Comments(0)

リビングの夏のインテリア

台風がゆっくりと日本列島を縦断して行きそうですね。
嵐の前の静けさの東京、小雨程度ですが一日中空が灰色です。
気分も暗くなりがち。

そこで家のリビングのインテリアを夏仕様にしてみました。
白が基調のインテリアなので季節ごとにキャンドルや小物を変えて楽しんでいます。
この暗い気分を吹き飛ばすためには、カラフルにいきましょう。

d0170823_16131825.jpg

テラスのランタンはフランスの雑貨店から。これ安いのに優秀で、外に出しておくと、勝手にソーラーパネルが太陽光を充電して、暗くなると灯がともるのです。

d0170823_16133395.jpg

こちらも庭用のライト。ですがコンセントが必要なので吹き抜けに。

d0170823_16133748.jpg

暖炉上はカラフルなコップと夏の小物達。

実はリセの夏休みが始まった途端、子ども達をフランスに行かせてしまったので、家の中も静か。
あんなに騒がしくて、ご飯作りに明け暮れていたのに急にポツンと一人の時間。

ちょっと嬉しいけれど、ちょっと寂しい。何年後かはこの暮らしになっていくのかな、なんて。
そんなとき、サロンに来てくれている先輩ママの言葉を思い出します。
「子どもが大人になると、親友になれるわよ。今までで一番仲良し!」
楽しみです。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
by grandeN | 2014-07-09 16:26 | Maison 家 | Comments(0)

インテリアコーディネートのしあげ・ルームフレグランス

インテリアは、視覚からそのお家の雰囲気や好きなイメージを伝える。
素敵なインテリアのおうちには、たいがいその家の香りがあって、
嗅覚からもイメージを膨らませてくれる。

うちの今お気に入りのルームフレグランスのイメージは
d0170823_7542060.jpg

d0170823_7542524.jpg

d0170823_7543025.jpg


夏の南フランス。たくさんの果物と花達。すがすがしい空気。強い日差し。

といっても最初からイメージがあってこの香りを選んだのではなく、
たくさんの香りを揃えているお店に行ったとき、
子供達全員が気に入った香りが見つかっただけの事。
子供って大人よりも動物的だから、余計な情報がなく、
嗅覚に専念して好きか嫌いかを感じるようだ。
このシリーズはどれも大好きな香りだったのだけれど、
うちに帰って子供が選んだ香りのディフューザーをセットしたら、本当にうちにピッタリ。
d0170823_7544539.jpg

オレンジ、バラ、マグノリアそして葡萄。

他の香りも試してみたいとサイトを見てみたら、さすが、
それぞれの部屋に合わせたフレグランスの提案があった。
フィレンツェ発の素敵なヨーロピアンインテリアを見ながら、
香りを想像してみてください。
Dr. Vranjes

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2013-05-12 08:20 | Maison 家 | Comments(2)

家の中のお気に入りの場所

ゴールデンウィークの中休み。
でも、子供達の学校は春休みなのでみんな家にいる。宿題もたくさん出ています。
人ごみが苦手なので遠出する事が少ないゴールデンウィーク。
家でゆっくりする。宿題をする。読書をする。過ごし方はさまざま。

d0170823_13311259.jpg


家を作ったとき、以前住んだアメリカウィスコンシン州出身の建築家、フランク・ロイド・ライトの考え方が参考になりました。
『家の内部は箱を並べたような間取りにせず、オープンにしてそれぞれのスペースが何気なくつながっており、家族の気配を感じるようにする。』
そして、あちこちに座りたくなるような場所を作って、それぞれが好きな場所で過ごす。

d0170823_1331153.jpg


私はテラスでコーヒーを飲みながら、次のおもてなしのメニューと買い物リストを考える。
水屋箪笥の横には椅子があって、読みかけの本が置いてある。
娘は吹き抜けのパソコンコーナーで宿題をしている。

d0170823_13311348.jpg


それぞれのスペースで、お互いの時間を邪魔せずに、でも一緒にいる。


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2013-05-02 13:45 | Maison 家 | Comments(0)