人気ブログランキング |


暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

インスタグラム、HP、お問い合わせ

インスタグラム

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

りんごのケーキ、秋にぴっ..
by grandeN at 15:11
ノルマンディがすごく近く..
by akicosmosA at 09:00
ありがとうございました。..
by grandeN at 15:07

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
木洩れ日の森から
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*mais...
テーブルの真ん中
八ヶ岳南麓週末日記+α
うつわshizenブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
Yoko Maruyam...
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん
MY Dear LIFE
スタジオ かるぺ・でぃえむ

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
料理家

画像一覧

カテゴリ:Quotidien 毎日( 136 )

【今年のクリスマスはどうしましょうか】

秋も温かく、まだまだと思っていたのにもう11月も半ば。クリスマスのことを堂々と考える時期になりました。

和の文化では「はしり」とか「なごり」を大切にして、早めに季節を感じられるよう配慮したり、余韻を楽しんだりします。素敵な慣習だと思いますが、クリスマスに関しては、早すぎると気分が乗らず(気温のせいでしょうか)当日までに少々飽きてしまう気がします。

クリスマスの雰囲気が好きなだけにそれは悲しい。というわけで、サロンのデコレーションもアメリカのサンクスギビングデー(11月第4木曜日)あたりまでお預けにしています。解禁の日が来たら、思い切り楽しめるように。クリスマスソングに関しても同様です。

ここ数年は、サンクスギビングのころ、大好きなpupuramossさんを招いて、クリスマスリースのワークショップをしています。もみの木などの香りに包まれて、一気にクリスマスのスイッチが入ります。
リースができたら家中にクリスマスの飾り付けをします。その時はクリスマスソングをかけながら。

d0170823_16040104.jpg
さて、今年のクリスマスはどんな飾りにしましょうか。インテリアショップや雑貨店で目にするものには一定の流行りが感じられます。思いっきりその流行りに身を任せるのもよし、王道のクラシカルなものを追求してもよし。

今年も茗荷谷のekreaキッチンショールームでクリスマスディスプレイをします。こちらはこの夏リニューアルしたショールームの雰囲気に合わせて、モダンなクリスマス。
サロンの方は、クラシカルな雰囲気になる予定です。

どちらもこの一年に感謝して、家族や友人と過ごす温かい雰囲気を大切にしたいと思っています。
それぞれのデコレーションが終わりましたら、またご報告します。

d0170823_09022064.gif
d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-11-13 16:32 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

【マクロン大統領とセーヴル磁器】

 G20が終わりましたが、フランスのマクロン大統領はG20に先立って2日早く来日していました。その2日間、在日フランス人を東京の大使公邸に招いたり、天皇皇后両陛下から午餐に招かれたりと、忙しく過ごされていたようです。

日本在住のフランス人数は1万人以上ということですが、大使公邸のレセプションには全てのフランス人が招かれていました!

でも当然、1万人も公邸に入れないので、メールの招待に返信した先着1000人が招待状を手にしたとのこと。平日の昼間でしたが、公邸はお祭りムードで盛り上がったと聞きました。建物内に入りきらない人々のため、庭にテントが張られて大きなスクリーンで大統領のライブ演説を聴くという、ガーデンパーティーのような雰囲気。
この時の大統領の演説がエリゼ宮のツイッターに載っていましたが、とてもダイナミックでフランスの未来と日仏関係の未来が輝かしく感じられました。


(フランス語です)

2020年の東京オリンピックのあとは2024年のパリオリンピックです。パリでのジャポニズム一連のイベントも大成功でした。そんな理由もあって、ますます日仏関係が強くなっていく予感です。

さて、そんなマクロン大統領、秀才というだけではなく、ブリジット夫人とともに、文学や芸術などに造詣が深いことでも有名です。
先日フィガロ紙のある記事が目に止まりました。

フランス大統領公邸のエリゼ宮。同じ建物に住んでも歴代大統領はそれぞれに習慣も趣味も違う。その中で、マクロン大統領が大切にしていること、それは食器なんだそうです。
昨年、セーヴルに1200点のサービスを注文したとのこと。

d0170823_07590032.jpg
(セーヴル磁器の絵付け:フィガロ紙サイトより)

エリゼ宮が最初にセーヴル磁器を購入したのが1872年。デュプレシスがデザインした"Aux oiseaux"。それから新しい大統領が就任するたびにほぼ全員が、それぞれの趣味に合った食器を新調されているそうです。

その中でもマクロン大統領の注文は1200点と膨大でした。招待客300人を一度にもてなせるように、今までのデザインを一新したモダンな"Bleu Elysée"というサービスをセーヴルに注文。コンペでコンテンポラリーアーティスト、Evariste Richer氏がデザインを担当することに決まりました。食器はエリゼ宮の設計図をモチーフにしたデザインになるそうです。この食器で最初にもてなされるのはどこの国の人でしょう。その晩餐会を見るのが楽しみです。

マクロン大統領はコーヒー党で、好みのコーヒーマシーンをどの国に行く時も持参されているとのこと。その時にコーヒーのみならず、セーヴルのコーヒーカップも持参されているので、担当の方はとても気を使うんだそうです。今回のG20でも、合間にセーヴルのコーヒーカップで一息入れていたのでしょうね。

d0170823_09022064.gif

d0170823_15140695.jpg

ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-06-30 11:57 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

【エッセSummerプレゼンテーションに行って来ました】

梅雨晴れの気持ち良い日に、お庭の緑が美しい椿山荘でエッセSummerプレゼンテーションが行われました。エッセのプラチナレポーターをしているので定期的に参加しています。この会ではエッセ読者が興味を持つような商品を各企業がプレゼンしてくれます。実際に試食したり、化粧品を試したりできる楽しい会。

まずは大好きな椿山荘。
d0170823_07464892.jpg
迎え花
d0170823_07465278.jpg
d0170823_07464573.jpg
今回は5つの企業のプレゼンを聴きました。
d0170823_07465664.jpg
オリーブオイルを使った化粧品で有名なDHCから『パーフェクトリップスティック』

d0170823_07470078.jpg
白い歯になるアパガードで有名なサンギから虫歯にならない『アパデント』

d0170823_07470419.jpg
お菓子の森永から素材を楽しめる『マクロビ派ビスケット』

d0170823_07470935.jpg
お酢のミツカンから『黒酢ドリンクシリーズ』

d0170823_07471220.jpg
MANARAの『ホットクレンジングゲル』と『BBリキッドバー』


テーブルコーディネーターとしては、ディスプレイも気になるところ。どの企業のディスプレイが好きですか?私はそのときは気づかなかったのですが、なんとなく癒される・親しみやすいと思った企業はディスプレイもそう考えて作られていたようです。

商品を試せること以外に私がこの会で楽しみにしているのは、各社のプレゼンを聴くこと。女性ばかり集まっているから女性のプレゼンテーターがなじむかと思えば、意外に優しい語り口の男性のプレゼンに惹きつけられたりします。資料は会社のものですが、それをどう紹介するか、どう話すかというのを見るのが結構好きです。私たちの暮らしの中で困ったこと、必要なことに寄り添った視点からプレゼンされると、「そうそう!」とうなづきながら聴いてしまいます。

DHCのパーフェクトリップスティックは、天然オイルを使っているので伸びが良く、くちびるを乾燥から守ってくれる上、カラーも良いと思いました。颯爽としたプレゼンテーターの方が素敵。
d0170823_08222150.jpg


白い歯のアパガードのサンギから虫歯予防のアパデント。NASAの技術から研究開発したそうです。歯って、結構表面が傷ついているそうです。目に見えない傷を埋めて、歯を滑らかにするときれいなだけではなくて虫歯の原因も予防できるそうです。ちなみに8月1日は「歯が命の日」だそうですよ!
d0170823_08235042.jpg
d0170823_08235386.jpg


森永といえば子供が喜ぶお菓子ですが、自然と調和した体に負担のかからないおやつとしてマクロビ派ビスケットが開発されました。グリーンラベルといってパッケージ裏の材料を見ても安心の内容。その上、美味しかったです。子供にも安心して与えることができそうだし、自分も罪悪感なく食べられそう。

d0170823_08262132.jpg
d0170823_08260271.jpg
ミツカンから黒酢ドリンクシリーズ。味見しましたが、私はブルーベリーが好きでした。CMのヨーグルト黒酢が一番人気のようです。確かに朝ごはんに良さそう。オイルなしのドレッシンソースもありました。こちらは好きなオイルを加えられるというもの。中華っぽくしたいならごま油。イタリアンならオリーブオイルという感じで。
d0170823_08282797.jpg
d0170823_08283321.jpg
d0170823_08283049.jpg
最後はMANARA。実は今回初めてこの企業を知ったのですが、興味を持ちました。起業するきっかけが、社長の岩崎さんの肌荒れの悩みから始まったというのも面白かったです。そしてこのBBリキッドバー。BBは苦手な方ですが、これは欲しい!と思いました。開発された方がお話してくださったので説得力も大きかったです。
d0170823_08334435.jpg
d0170823_08334089.jpg
d0170823_08333373.jpg
というプレゼンテーションの会でした。皆さんの参考になればと思います。


d0170823_09022064.gif
d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-06-14 08:41 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

【 森瑤子の帽子 を読んで】

大学生の頃、「大人ってこんな風に恋をしているのかぁ」と思いながら読んだ森瑤子さんの本。描かれる場面がバーだったり、異国のホテルだったり、男女の駆け引きも粋すぎて、非現実的で自分には無縁の世界だと感じました。
d0170823_10551070.jpg
それから数年後、国際結婚して日本に戻ってきて読んだ彼女の本からは違う印象を受けました。子供の話がたくさん出てきて、私の少し先の未来を描いているよう。イギリス人のご主人の頑固なまでにスタイルを守る姿、その主張の仕方、怒っている時の皮肉な表現。ヨーロッパ全土かどうかはわかりませんが、自分軸がしっかりしているその様子はうちの夫にも共通しています。

80年代の日本で「国際結婚」というとまだ特別に見られていて、白人男性と外国語が得意な日本人女性のカップルというイメージだったと思います。今は、国際結婚もバラエティに富んでいて、私の周りに増えているのは、海外に一回も出たことのない日本語しか話さない日本人女性と、日本語が堪能な外国人男性。そして彼らは日本の普通の生活に馴染んでいる。森瑤子さんの世界の国際結婚は、当時のバブルの影響もあってか、極度にセレブなイメージです。

私はこの本から森瑤子さんの子供達が当時どう感じていたのか知りたかった。子供達と言っても、私と同世代です。有名作家の母親を持ち、忙しさから家庭をおろそかにすることに警告を発する父親。末っ子のナオミさんが食事のときの様子を語っている場面で、私には彼女の気持ちが痛いほど伝わってきました。

家族のために食事を毎日作っていると、それはそれは疲れて何にもしたくない日もある。どうして私だけ、と思うこともある。それでも1品でも料理を作って家族で食べるってやっぱり大事なんだよなぁ。その蓄積が家族を作っているのだなぁ。
そんなことを思いながら昨日もキュウリを切って、ナスを炒めておりました。


d0170823_09022064.gif
d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-05-21 11:28 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

【フランス人のあるディナーパーティーで】

4月にあるフランス人宅にディナーに呼ばれました。
このディナーはフランス流に、ホストの友人で、知り合い同士ではない人たちを引き合わせるディナー。
ホストは自分の友人の中で、この人とこの人は気が合うんじゃないかと思う人たちをマッチングさせるのです。楽しくなるかどうかは、その手腕と運にかかっています。もちろん、招待客も上機嫌で仲良くなろうという意気込みで参加することが大切です。

毎回、どんな人が来るのかな。仲良くなれるといいなぁとちょっとドキドキ。

d0170823_14340207.jpg
(写真は他の日のディナー。漆の朱色を取り入れたテーブルが素敵だったので。)

この日は、私たちの他にひとカップル招待されていました。ホストの夫妻と合わせると6名というのは、じっくりお話できる良い人数です。10人以上になると、グループに分かれてしまうことが多いのです。

先に着いた私たちは、ホストと一緒にもう1組のカップルを玄関でお出迎え。年代も同じくらいの優しそうな方達です。
私が日本人だと知ると、「日本語は習っているけれど、なかなか上手にならなくて。」とご主人はご謙遜。奥様の方も「でも日本は大好き。」と。

日本に駐在しているフランス人との会話の特徴は、普通はvouvoyer (敬語)を経てtutoyer (親しい人と話す言葉)になるところ、知り合う時間が短いことから、最初からtutoyerするところ。そして、普通のフランス人はいきなり自分の働いている会社名を名乗ったりしないのですが、駐在の人たちは共通の友人を見つけて早くお近づきになりたいのか、どこで働いているの?とすぐに聞き合うところ。駐在員の世界は狭く、友人になる時間は限られているのです。

この日もすぐにご主人が、大きな会社で日本に工場まであるフランスの某メーカー勤務だと知りました。この企業はフランス本国からの駐在員が多くて、何人も知っている人が勤めています。共通の知人がいるのではないか?と嬉しくなって、

「勤務地はどこですか?工場?事務所?」と聞きました。
ご主人は「どちらかというと事務所です。」との答え。

なんとなく釈然としないなか、日本での仕事について会話が進んでいったときに、さっきの自分の質問を思い出して冷や汗をかくことに。
だって、ホストが彼に

「社長だとこんなときに大変だよね。」って言うんだもの。

会話って難しい。

d0170823_09022064.gif
d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-05-12 15:05 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

【素敵なお宅にランチにおよばれ】

春一番のようにサーっと通り過ぎてしまった4月。いろんなことがあってあっという間でした。
心に残ったことを書き留めておきたいと思います。
まずは、素敵なおもてなしを受けたこと。

『フランス人は3皿でもてなす』というサブタイトルがついている本の著者を、気軽に家に呼んでくれる人というのはあまりいないのです。当のフランス人は、そんなことは気にせず(というか知らず)食事に呼んでくれるのですが。

私の自宅で季節ごとにやっているレッスンは、フランスやテーブルコーディネート などを中心に私が興味をもっている内容をレクチャーして、その内容に沿ったテーブルコーディネート やフランス家庭料理を作り、試食していただく、というもの。インテリアやテーブル、料理や話題などすべてが一つになって、みなさんと良い時間を過ごすのが目的です。
そして、その先にはみなさんが家でご家族やご友人と良い時間を過ごしてくだされば、という願いがあります。なので、「教わった料理を家族に作りました。」「テーブルクロスをかけて家族で食事をしました。」というご報告をいただくと本当に嬉しいです。

そんなレッスンをやっている人を家に呼ぶのはちょっと緊張するという気持ち、わかります。私も料理研究家の友達を家に呼ぶのはやはりドキドキします。でも、私は人の家に呼ばれるだけでとっても嬉しいのです。もっと仲良くなれる気がするから。お料理とか、片付けとか、そういうものは「家に呼んでくれる」という事実に比べたら小さなディテールだと思うのです。

私を家に招いてくださった方がいました。大学の先輩。数年前に同窓会的な集まりで再会し、その時に近況を伝えたところ、私のレッスンに他の先輩も誘って来てくださるようになりました。先輩の最初の就職先が海外の食器メーカーだったということからもわかるように、昔から食卓に興味を持っていらっしゃいました。

この日のテーブルはブルー&ホワイトを基調にしていて私もブルー&ホワイト気分だったので、とても嬉しく。
d0170823_15442777.jpg


「3皿でいいんだっていう、その言葉で救われたよ。」と言ってくださって、女子の昼間の集まりに野菜を中心にした軽やかな料理。美味なサラダとローストビーフ。簡単レシピも伝授してくださいました。
d0170823_15430274.jpg

d0170823_15423302.jpg
デザートは一人の先輩のお土産。デザートをのせたお皿がとても素敵でつい「これはもしかして?」なんて器の話も。ご自分で集められた食器、お母様からの食器など、大切な器たちを使わせていただきました。

軽やかなお料理と、すっきりとしたテーブル。外と内の境界線が絶妙な設計のお宅。先輩の気を使わせない心遣い、学生時代から知り合いだという居心地の良さ、時を隔てて大人になって再会できたこと、全てがありがたかったです。長女の私にとって先輩方はまさに姉達。

食卓を囲んで、爆笑の話も、しんみりの話も、心にひびく気持ちの良い時間でした。
私たちを遠くから、そして近くから見守る、この方達のおかげもあったかな。
d0170823_08150563.jpg



d0170823_09022064.gif
d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-05-10 15:32 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

【エイプリルフールと新元号】

とうとう、新元号が発表されました。

フランス人の知人に、平成とはどういう意味?と聞かれたことがありますが、きちんとは答えられませんでした。二つの漢字の意味を説明するのが精一杯。でもインターネットで調べれば由来などでてくるので便利な世の中になりました。
天皇の名前じゃないの?どこからくるの?など、海外の人から見ると元号とは不思議な存在のようです。新元号も、漢字を見ただけの意味という訳ではないようなので、外国の人に説明するのにちょっと手こずりそう。

これがまたエイプリルフールに発表されるものだから、なんだか不思議な気分。エイプリルフールをフランス語ではPoisson d'avril(四月の魚)と呼ぶのですが、この日は小学生は先生の背中に気づかれないように魚の絵をぶら下げて楽しんだり、たわいのない嘘をついたり、という日です。
d0170823_13485528.jpg
なぜ魚?というのには複数説があります。16世紀に、もともと4月1日が新年だったのを1月1日に変更した次の年からおふざけで4月1日に新年の贈り物をし続けた名残、とか。

先週から春のイースターのレッスンが始まりました。
今年のイースターはちょっといつもと違った雰囲気のテーブルにしています。暖炉の上に、四月の魚とイースターの卵のアンティーク型を飾っています。

新しい元号、新学年、新しい職場や学校、それぞれの場所で良いスタートを!


d0170823_09022064.gif
d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-04-01 14:06 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

【文旦とマインドフルネス】

毎年3月になると、愛媛県から文旦が送られてきます。最初は贈り物でいただいて、家族が大好きなので今は自分でも注文しています。果実がおいしいのが一番の理由。文旦は皮がたくさんでるので、それを使ってコンポートを作っていますが、意外に難しくてまだ「これだ!」というレシピには達していません。これだ!を見つけたら皆さんに味見していただこうと思います。
d0170823_08203909.jpg
文旦には一つの欠点が。私にとっての欠点ですが、それは皮を剥くのが大変なこと。分厚い外皮を剥くと、中の薄皮もあって、大きな種も出てきます。その作業が億劫なのです。それを何気無く言って見たら、なんと私の妹や夫は
「え!文旦の皮むくの大好き!リッラクスするじゃない。」
とのこと。
夫にいたっては「マインドフルネス」とも。

マインドフルネスに関する本やサイトがいろいろありますが、瞑想の域に達するのは難しいとしても、何かにグッと集中するというのは心地いいものです。特にインターネットで全てが繋がって、いつでもどこからでも連絡が来るような現代において、周りを忘れて集中する時間って貴重だと思うのです。それが彼にとっては「文旦の皮」。
私は文旦の皮を剥きながら「次は洗濯して、メールチェックして、えーとえーと」と焦ってしまうのです。

私の場合は、時間が許せば編み物やキルト。おかしいかもしれないけれど、手書きの文章をコンピューターにタイピングするなんていう作業も好き。(これは秘書だった時の名残。指が勝手に動いて頭は自由なんです。今はAIに横取りされかかってる作業)
人によって集中できることって本当に違うなと思います。

先日、思春期の末っ子が友達との口論の後、悩んでいる様子でした。細かいことは言いたがらないので、いろいろ質問するのはやめて一緒に夕飯を作っていました。そうだ、デザートは文旦にしようと思い、
「文旦の皮むいてくれない?」
聞いたら、素直にうなずいてキッチンテーブルで作業を始めました。
彼は静かになって、集中している様子。そのうち私がキッチンを離れても気にせずにどんどん文旦の皮をむいていました。何を考えていたのか、気づけばたくさん作業してくれていました。

そのあとはとてもすっきりした顔で、やっぱり自分の考えは変えられないと言いました。友達と話してみる、とも。あ〜そう、そうだね。
そして、たくさんの文旦が食べられて、母も嬉しかったよ。

d0170823_09022064.gif
d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-03-29 08:56 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

【料理したくない日は】

お料理が何よりも大好きで、言われなくてもキッチンに立ってしまう、そんな人だと思われることがあるようなのですが、私のサロンに来てくださった方は本当の私を知っています。

美味しいものは好き、美味しく作れたときは嬉しい、でも何よりも人とゆっくりテーブルでお話するのが好きなんです。お料理すること自体よりも。食事の時間は大切にしたい、でも簡単に手間をかけすぎず、食事を楽しみたい。人間ですからお料理が億劫な日もある。
特に一日中忙しく動き回って、家に帰ってホッとしたい時、座らずそのまま夕飯の支度にとりかかるのが辛いこともあります。(だって、家族は帰って来たら「疲れた〜」とか言ってリラックスしているんですもん)

昨日はそんな日でした。そんな日に限って献立なんて何にも考えてない。でも冷蔵庫にたくさん野菜は入っている。
そこに春休み中の長男と、早く仕事が終わって帰って来た夫。

「あまり料理する気にならないんだけど。」
「いいよ、僕たち二人で何か作るから。何が食べたい?」
「冷蔵庫にたくさんお野菜があるし、ヘビーじゃないものを。」

しばらく待つと、" A Table!" (ご飯だよ〜)の合図。宿題をしていた娘と末っ子も加わる。

その少し前に、疲れていた私と今ヨーロッパで話題になっている気候変動に関する学生運動の話で意見が食い違った娘はちょっとムッとしていて、末っ子もお疲れの様子でした。

できたお料理は大きなボウルいっぱいのサラダ。そして野菜たっぷりのパスタ。
最初はなんとなくムッとしていたのにいつのまにか上機嫌で話していました。人にお料理を作ってもらうって、なんだか心もあったかくなるね。家族は毎日こんな感じでご飯を食べているのね、いいなぁ〜。
作りたくないときは言ってみると意外とあっさりやってくれるものだなと気づかされました。なぜか「私がやらなくちゃ」って思い込んでいるけど、疲れたら背負いこまず、「助けて。」って言ってみるのも良い。まあ、あんまりしょっちゅだとだめでしょうけど。

d0170823_11270876.jpg



d0170823_09022064.gif
d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-03-20 11:56 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

【週末のあるホームパーティー】

ホームパーティー、していますか?

したいけれど、片付けやお料理のことを思うと、億劫で。
外で会う方が楽だし。

という言葉をよく聞きます。
その気持ち、わかります。が、ホームパーティーにはそれを上回る魅力があるんです。
片付けやお料理のバリアがないとしたら、きっともっと気軽に集まれるはず。
お料理は必ず手料理で、みんなをうならせる絶品をださなければならないでしょうか。
禅寺のように片付いた部屋でなければ、ゲストは文句を言うでしょうか。
d0170823_09212922.jpg

先週、友達のバースデーホームパーティーがありました。
記念すべき年齢になったその区切りに、彼女が熱中している和の出し物があるパーティー。
それを聞いた時に、
「そうよね、子供の誕生会にマジックをやったり、人形劇したりエンターテインメントがあるのだから、大人のパーティーに余興があっていいよね。」
と納得。
着物で来た人もたくさんいました。

リビングの不要なものは寝室に移動。これはご主人とその友達の男性たちが担当。
自分が楽しむためにはお料理を作っている暇はない。それなら、ケータリング。みんなで楽しむんだから、料理はドーンと置いておく。飲み物カウンターを別に作る。そしておしゃべり。
d0170823_09212649.jpg
ケータリングは自分で作るよりはお金がかかる。でもレストランで集まったってお金もかかるし、自分で作って疲れ切ってしまうよりも、記念すべき年齢なのだからそこは奮発。
おしゃれな彼女とご主人らしい、シンプルだけど温かい、自分たちの好きがギュッと凝縮されたホームパーティーでした。
おめでとう〜!



d0170823_09022064.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ 著書:3刷になっています  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-02-02 09:37 | Quotidien 毎日 | Comments(0)