人気ブログランキング |


暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

インスタグラム、HP、お問い合わせ

インスタグラム

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさんには娘が中学..
by grandeN at 17:08
胸が熱くなる思いで拝読さ..
by akicosmosA at 14:44
こすもすさん、ご参加あり..
by grandeN at 09:12

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
木洩れ日の森から
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*mais...
テーブルの真ん中
八ヶ岳南麓週末日記+α
うつわshizenブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
Yoko Maruyam...
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん
MY Dear LIFE
スタジオ かるぺ・でぃえむ

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
料理家

画像一覧

カテゴリ:Les enfants 子供達( 36 )

フランスの中学校 Collège en France

自分が中学生だった頃と今はずいぶん変わったと思いますが、子供をフランスの学校に行かせていると、自分が経験しなかった事がたくさんあって面白かったり驚いたりしています。

普通のフランスの学校では、幼稚園に入ったら、その後最初に受ける入学試験は大学受験です。
小学校受験、中学校受験、高校受験などがないため、途中で辞めたり休んだりせずに、長く習い事をし、好きな事に没頭する時間があります。
その代わり、幼稚園から「落第」という制度があり、きちんとその学年でやるべき事をやらなければ3歳であろうが、もう一回同じ学年をやり直します。といっても数年前からフランス国民教育省は落第を少なくする傾向になりましたが。
学校での勉強にしっかりついて行けば、大学受験もまず問題ないと言う制度です。

日本の10歳くらいの子供が夜遅くまで塾に行き、家族と夕飯を食べられない日が週に何日もある現実には、心を痛めています。仲間とは楽しく過ごしているかもしれませんが、家族で囲むテーブル、小さい子供の記憶に残る大切な時間だと思います。
d0170823_17185321.jpg

話はそれましたが、中学3年の長男はもうすぐ「企業研修」という制度で、社会経験をします。フランスは中学3年生になると、自分で興味のある仕事、企業を探してアプローチし、ただで1週間働かせてもらうのです。タダ働きとはいえ、社会経験のない中学生が1週間来た所で企業としては、面倒を見る従業員が必要になったり、返って仕事が増えるので、どこでも研修をやらせてくれる訳ではありません。
ここで両親が登場して、知り合いを通して受け入れ企業を見つけたり、最終的には学校が斡旋してくれたりするのですが。

息子の場合は興味のある分野の企業が快く研修をさせてくれると言うので、早速社長と顔合わせに行ってきたそう。Tシャツをボタンダウンのシャツに着替えて、自分が持っている中で一番きちんとしたパンツを合わせて緊張して行ってきました。
帰って来た顔はすがすがしく、ちょっと大人になった感じ。

いつまでも子供扱いせず、大人の世界をのぞかせる時間を作る国。
こうして私の息子はフランス人になって行くんだなあ。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by grandeN | 2012-02-23 17:26 | Les enfants 子供達 | Comments(0)

Halloween ハロウィンパーティ

フランスの学校はToussaint(万聖節)のお休みに入りました。
万聖節は日本の『お盆』のような感じで、死者がこちらの世界に戻ってくると言われ、フランスではお墓参りのシーズン。南米の友達は先祖の墓の前でお花見レベルのピクニックで盛り上がるそう!!
d0170823_8321193.jpg

この時期にアメリカではハロウィンを盛大にやりますね。
私がフランスに住んでいた頃(むか〜し昔)ハロウィンを路上や家庭でやっているのなんて聞いた事も見た事もありませんでした。
時は流れ、長男が幼稚園のときにアメリカで経験したハロウィンは大人も子供も街ぐるみで『悪ふざけ』。本当に楽しかった!
日本に戻って来たら、近所に住む『Newフランス人ファミリー達』は子供の仮装パーティとしてハロウィンの習慣を取り入れていることがわかり、それぞれの家を廻るTrick or Treatをやることになりました。
d0170823_8325645.jpg

それから数年、引っ越しても近所を巻き込んで毎年やっています、このTrick or Treat。子供達は万聖節の休みに入って浮かれている所へ、この「仮装して夜友達と歩き回り、お菓子までもらえる」竜宮城の浦島太郎待遇。楽しい気分は最高潮。
親も毎年頑張ってますよ。今年は魔女の毒入りドリンクをサービス。
d0170823_835767.jpg

いらっしゃ〜い。
d0170823_837242.jpg

一夜明けて、戦利品。
d0170823_839231.jpg

そして、玉手箱。
d0170823_8392380.jpg

休み中の宿題プラニング表。夢は覚めるのだ。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2011-10-23 08:47 | Les enfants 子供達 | Comments(0)

国際結婚の子育てで戸惑うこと

夏休み、海で遊んだり、ハイキングしたり楽しい時間を過ごしました。
d0170823_19532577.jpg

火山の火口近くのトレイルを進んでいた時、子供達、夫について行く私は一番後ろ。
みんなの後ろ姿を見ながらいろいろ考えました。
国際結婚って文化的なギャップとか大変じゃない?と人に聞かれるけれど、うちに関しては同じ国の人と結婚するのと変わりないと感じています。もともと他人なんだから育った環境や習慣が違うのは当たり前。ある程度産業が栄えた国の出身で、生活方法に大きな影響力を持つ強い宗教を持っていなければ今の世界、どこも大差ないのでは。

ただ一つだけ、私が今から心配していること。それは今中学生の長男が高校卒業と同時に家を出て行くこと。日本でも地方に住む人が東京の大学に子供を送るとき同じことを感じるのかもしれませんが、フランス人の感覚とはちょっと違うように思います。
というのはフランスでは高校卒業後、その子供は大人として自分で生きて行くということだから、今のように毎日寝起きを共にする生活はもう一生無いと考えるのが普通。日本ではまた地元に帰るとか、同居とか将来また一緒に住む可能性が残っています。

そうなると、あと数年で出て行く息子に伝えなければならないことがたくさんあります。
「炊事」「掃除」「洗濯」が自分でできることは基本。お手伝いはさせているけれど、今はどれも中途半端なレベル。
一緒に暮らせる年数、過ごせる夏休みの数を数えたらなんだかちょっと寂しくなってしまいました。
d0170823_20112041.jpg


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by grandeN | 2011-08-27 20:16 | Les enfants 子供達 | Comments(0)

子供のバースデーパーティ Anniversaire de mon fils

23 juillet 2011
d0170823_87222.jpg

今日は子供の6歳の誕生日。
ちょっとしたハプニングがあり、予定通りの場所でできず、家で開催となりました。
おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、いとこ達、そして私達家族。みんなで集まるのは久しぶりで、とても楽しみにしていました。
午前中はテーブルコーディネートの用事があったので、料理の準備を済ませ、お肉を焼く寸前まで用意して出かけました。
海外の食材を摂るように心がけている友人からのおすすめでDinig Plusを初めて利用しましたが、大満足!

<メニュー>
ブリニ スモークサーモンとクリームチーズのせ Blini au saumon et au fromage frais
ブリニもスモークサーモンもDining Plusをそのまま使っただけ。
サラミ Saucissions
グリーンピースのスープ Soupe aux petits pois
グリーンピースのピューレを牛乳に混ぜて調味しただけ。
子羊のもも肉のロースト エルブドプロヴァンス風味 Gigot d'agneau aux herbes de Provence
前日から冷蔵庫で解凍した子羊のもも肉にオリーブオイル、塩、エルブドプロヴァンスをまぶしてマリネしたものをオーブンで焼いたもの。

焼く前
d0170823_8223570.jpg

焼いた後
d0170823_830151.jpg

「12時になったらオーブンに入れてよ!」と言い残し、午後1時に帰って来た時には焼き上がっているという計画。
d0170823_8235867.jpg

フランス・インゲン Flageolet
ゆでるだけ。
フランス・マッチ棒のようなポテトフライ Pommes Allumettes
息子のリクエスト。子羊のロースト時間後半に一緒にオーブンに入れるだけ。
フランス・チーズ Fromages
もちろん、コンテ。
チョコレートケーキ Gâteau au chocolat
これも息子のリクエスト。
d0170823_8243028.jpg
おねえちゃんの「おめでとう」の文字。

コーヒー、紅茶 Café, Thé

というわけで、前日に作ったチョコレートケーキ以外、当日の調理時間は肉がオーブンに入っている時間(1時間)+30分でした。
帰って来てすぐに乾杯とアペリティフができたし、便利なサイトと協力的な家族に感謝!
Joyeux Anniversaire!
d0170823_854647.jpg

by grandeN | 2011-07-23 23:59 | Les enfants 子供達 | Comments(0)

フレンチスクールの学年末

今日で子供の学校の一年が終わりました。
なんてたくさんの事があった一年だったでしょう。
小学校の先生のご主人が急遺した秋.
春先の東日本大震災でバラバラになった友達同士。
さようならも言えないまま別れてしまった友人。
3月以降、私の大好きな家での「おもてなし」もなかなかできない、する気にならない時期が続きました。
子供達はフランスに避難したり、日本に戻ったり、戻ってみたら先生がいなかったり、不安定な時間を過ごしたと思います。
それでもがんばって最後まで病気もせず通いました。
今年の成果!
d0170823_1903863.jpg

これだけノート使いました。貴重な努力の証拠。
でもどこにしまおう?
by grandeN | 2011-06-30 19:06 | Les enfants 子供達 | Comments(0)

Carnaval カーニバル

リオのカーニバルと同じカーニバルです。もともとキリスト教の四旬節(復活祭までの46日)に入る前に最後のどんちゃん騒ぎをして、脂っこいものやお肉を食べる日です。フランスではMardi Gras (マルディグラ)と呼ばれる日。敬虔なキリスト教徒はこの四旬節に、肉を食べないなどの軽い断食をするため、この日は無礼講っていうわけで大騒ぎです。
アメリカのハロウィーン、フランスにもだいぶ浸透してきましたが、フランスで「仮装」といえばやっぱりCarnaval。学校でも「クラス対抗仮装合戦」。
d0170823_16452414.jpg

音楽も子供向けの曲はかけません。ラテン音楽をかけて、先生達も踊る踊る!
どのクラスも楽しくなる色彩の衣装。インディアンあり,本場リオのようなスパンコールキラキラの衣装あり,子供が好きなプリンセスやヒーローものの衣装あり。とにかく寒くてモノトーンばかり着てしまう季節にこっちまで温かくなる色達。カテゴリー分けなら迷わず「ハードカジュアル」です。歌と仮装行列だけで大した出し物はありませんが、すごく楽しませてもらいました。
冬もあと少し、頑張りましょう!
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
by grandeN | 2011-02-16 16:58 | Les enfants 子供達 | Comments(0)