人気ブログランキング |


暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

インスタグラム、HP、お問い合わせ

インスタグラム

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさんには娘が中学..
by grandeN at 17:08
胸が熱くなる思いで拝読さ..
by akicosmosA at 14:44
こすもすさん、ご参加あり..
by grandeN at 09:12

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
木洩れ日の森から
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*mais...
テーブルの真ん中
八ヶ岳南麓週末日記+α
うつわshizenブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
Yoko Maruyam...
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん
MY Dear LIFE
スタジオ かるぺ・でぃえむ

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
料理家

画像一覧

カテゴリ:Francais フランス語( 13 )

誰かを食事に招くと言うことは... Convier quelqu'un, c'est ...

Convier quelqu'un, c'est se charger de son bonheur pendant tout le temps qu'il est sous notre toit.
誰かを食事に招くということは、その人が自分の家にいる間じゅう、その幸福を引き受けるということである。
d0170823_21423689.jpg

かのブリア=サヴァランの金言(美味礼讃)です。
真実だなあと思います。
幸福を感じてもらいたいから、ドキドキしながら準備し、素敵な時間が過ごせた後はこちらも幸せになるのでしょうね。食べ物だけでも、空間だけでも、おしゃべりだけでもない、すべてが一つになった所にさらに一緒に食事する人たちの空気が化学反応を起こして思いも寄らない雰囲気が生まれるように思います。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
にほんブログ村
by grandeN | 2011-07-27 21:52 | Francais フランス語 | Comments(0)

- Vente d'objets anciens et d'oeuvres d'art - アンティークと美術品のチャリティーセール

6月13日(月)フランス大使公邸で、フランスのカトリック慈善団体エマユス友の会が主催し、フランス大使夫人協力のもと、アンティークと美術品のチャリティーセールが行われました。エマユス友の会は普段から手芸やお料理のアトリエを開いていて、材料費以外の参加費を全てホームレス支援団体などに寄付しています。この会のモットーは " Aider à aider" つまり、助けるのをお手伝いする。今回のチャリティーセールは東日本大震災被災者の方々のための寄付金になるそうです。
d0170823_661963.jpg

広々とした玄関から、ダイニングルーム,新緑の美しい芝生と木々を眺められるサロンに所狭しと並べられたアンティーク、アクセサリー、アマチュアアーティスト達による作品。
空間が素敵なだけで優雅な気分になり、手が出ない値段が付いているものも買えるような錯覚をしてしまいます。「あ、これは素敵。」と思ってちょっと隣の棚を見ていると、もう気になっていた作品は他の人の手の中へ。美しいオブジェを買う事で辛い生活をしている方々を助けるなんて、考えてみればParadoxですが、それぞれの場所でできる事を考える良い機会を与えられました。
by grandeN | 2011-06-17 06:19 | Francais フランス語 | Comments(0)

le français et le japonais フランス語と日本語

Ce qui est difficile pour l'apprentissage du français et du japonais, c'est surtout l'écriture.
日仏カップルの私達は子供の話す言葉について聞かれた時,よくこう答えます。つまり、言葉を話すのは実はそんなに難しい事ではなく、一番苦労するのは読み書きであるということ。
子供が幼稚園の時は、「なんとなくフランス語も日本語も話せているし、子供って言葉を覚えるのが早いから意外と簡単〜。」なんて思っているけれど、学年が進むほどそうでもないってことが身にしみてきます。大きくなればなるほど,抽象的な事を考えて表現しなければならないし,自分の感情や込み入った状況を話し言葉でも説明するのは大変な事です。

さらにフランス語と日本語は読み書きが大変な言葉という気がします。
よく日本語を学び始めたばかりのフランス人に

「漢字って何文字覚えれば普通の生活できる?」と聞かれます。

「高校までに習う漢字数は2000字くらいかな」というと

引きつった笑顔で"D'accord(そうなんだ)...."と言われてしまいます。

だって彼女達はひらがなを始めたばかり、知っている漢字が一つか二つなのですから、そのショックは大きいでしょう。でも日本人だって2000の漢字を毎日フル活用しているわけではなく、読めるはずなのが2000字として普段はコンピュータに助けられながら字を書いているっていうのが現実でしょうか。
そういうフランス語だって、男性名詞や女性名詞があり、複数形が単数形からは想像もできない形に変形していたり,「〜を」の「〜」に当たる名詞が代名詞になると前に行ったり、そうするとそのあとの過去分詞が変形したり,そりゃあもう話しながら(書きながら)神経ピリピリします。
こう考えると子供に厳しい事は言えません。それが建前,でも昨日教えたはずの漢字を「ママ〜,これ何?」と聞かれると「あなた、それ昨日ぶつぶつくどくど・・・・・」と説教してしまう私です。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
by grandeN | 2010-11-21 06:54 | Francais フランス語 | Comments(0)