人気ブログランキング |


暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

インスタグラム、HP、お問い合わせ

インスタグラム

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

以前の記事

2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさん、本当に。「..
by grandeN at 13:27
今を憂いながらも家の中ま..
by akicosmosA at 11:13
akiraさん、 メッ..
by grandeN at 20:35

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
木洩れ日の森から
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*mais...
テーブルの真ん中
八ヶ岳南麓週末日記+α
うつわshizenブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
Yoko Maruyam...
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん
MY Dear LIFE
スタジオ かるぺ・でぃえむ

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
料理家

画像一覧

カテゴリ:Voyages  旅行( 85 )

【アメリカ東海岸のクリスマス】

日暮れが早まって、クリスマスが近づいている気配です。
アメリカ東海岸のこのシーズンの写真が送られて来ましたので、シェアいたします。

娘が生まれた、この季節と東海岸。
やはりどこか英国の香りがします。
いつか彼女を連れて行ってあげたいなあ。
【アメリカ東海岸のクリスマス】_d0170823_18271436.jpg
【アメリカ東海岸のクリスマス】_d0170823_18271223.jpg
【アメリカ東海岸のクリスマス】_d0170823_18271608.jpg
【アメリカ東海岸のクリスマス】_d0170823_18271790.jpg
【アメリカ東海岸のクリスマス】_d0170823_18282682.jpg
窓からクリスマスツリーが垣間見え、暖かでコージーな室内の雰囲気が伝わってくる。
マッチ売りの少女の気持ちになって見上げる。そんな東海岸のクリスマスを思い出します。

【アメリカ東海岸のクリスマス】_d0170823_09022064.gif
【アメリカ東海岸のクリスマス】_d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
【アメリカ東海岸のクリスマス】_d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-12-14 18:25 | Voyages  旅行 | Comments(0)

【地方創生のお仕事で川内村へ】

ワイン&フードコーディネーターの友人に誘われて、食に関する職業を持つ5人で福島県川内村に行ってきました。地方創生に関するプロジェクトのための視察です。

初めて行く場所に、遠足前の子供のようにワクワクドキドキして伺いました。
まずは新幹線で郡山駅。
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08201075.jpg
そこから1時間半ほど車で行くと川内村です。
この村の中心部におしゃれなカフェがあります。1988年にタイの山岳部の人々を支援するために始まったロイヤルプロジェクト。その一環でできたCafe Amazon 。日本第一号店がこの川内村にあります。ウッディーでおしゃれな空間でタイ料理がいただけます。
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08194870.jpg
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08195594.jpg

そしてすぐ近くにある、草野心平が住んだ場所にある「かわうち草野心平記念館」へ。草野心平はその素朴な詩で知られていますが、この川内村を気に入って住み着いたとのこと。村の人から愛されて、この村に住み続けて欲しいと、村から家を提供されました。

彼の家の入り口には膨大な量の本があり、村人は図書館のようにここを利用していたので天山文庫と呼ばれています。天山とはシルクロードのことで、この場所がいろんな人々の交流の場になるようにと名付けられたそうです。草野心平にはたくさんの文豪の友人がいて、家のあちこちに川端康成作の書が飾られていました。
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08195912.jpg
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08200543.jpg
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08195979.jpg
この地方で始まった新しい試みの一つとして、ワインのための葡萄畑作りがあります。紅葉の中、それは素晴らしい景観の場所で、ワインコーディネーターの友人と、「ブルゴーニュだ!」と興奮しました。この葡萄たちが良いワインになると良いね、と話しました。
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08193849.jpg
夜はこの村周辺の特産物を使ったお料理を、ワインや日本酒に合わせていただきました。いわなも間違いない美味しさでしたが、野菜が本当にいききとしていて、お腹いっぱい食べてももっと食べたい!というくらい。村の方々、村長、とても温かくてすっかりリラックスしました。
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08194271.jpg
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08194618.jpg
私は友人以外は初めてご一緒する方々だったのですが、夜、お宿に戻ってすっかり意気投合し、夜更けまでパジャマパーティー。初めてお会いするのに大爆笑の連続で、なんだか学生の頃に戻ったような夜でした。

次の日は室内で土も農薬も使わない安全な野菜を作ることを目的に作られたKiMiDoRiさんへ。太陽光の代わりにLEDを使用しているそうです。現在すでに購入できますが、よりよいお野菜を作るため研究はまだまだ続いているそうです。最近見かける下のようなパッケージのお野菜はこうやって作られているんですね。
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08192786.jpg
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08193405.jpg
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08192758.jpg
最後に地元の野菜勉強会の皆様が美味しい野菜料理を作ってくださり、その間に私たちはそば打ち体験。この地方、独特の味付けがあるなあと勉強になりました。ご一緒した管理栄養士の方から、魚があまり食べられない地方で脳に大切な魚の油の代わりに、えごまが役立っているという貴重なお話を聞くこともできました。自然と暮らしって理にかなっているんですね。


【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08500604.jpg
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_08502370.jpg
築130年のお家も見せていただいたり、たくさんお世話になって川内村をあとにしました。日本にはこんな素敵な村がたくさんあるんだなあ。


【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_09022064.gif
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
【地方創生のお仕事で川内村へ】_d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-11-21 09:00 | Voyages  旅行 | Comments(0)

【ルーアン:ジャンヌダルクが祀られている街】

モネの絵でも有名なルーアン大聖堂。その尖塔はフランスで一番高いことで知られています。この細かい細工が見えた途端、一瞬息を飲む美しさです。

【ルーアン:ジャンヌダルクが祀られている街】_d0170823_11300179.jpg
【ルーアン:ジャンヌダルクが祀られている街】_d0170823_11300506.jpg
【ルーアン:ジャンヌダルクが祀られている街】_d0170823_11301059.jpg
そしてこの大聖堂から遠くないところに、ジャンヌ・ダルクが祀られている教会があります。こちらはモダンな新しい教会で市場広場の真ん中に建ています。
【ルーアン:ジャンヌダルクが祀られている街】_d0170823_11303004.jpg
その入り口にジャンヌ・ダルクが十字架にかけたれた場所が。
【ルーアン:ジャンヌダルクが祀られている街】_d0170823_11303427.jpg
歴史の教科書で見たところが次々に現れて、子供と一緒に見入りました。

その教会の前にはフランスで最初にできたオーベルジュ(旅籠)の表示が。なんと1345年から!今はレストランになっています。
【ルーアン:ジャンヌダルクが祀られている街】_d0170823_11301756.jpg
【ルーアン:ジャンヌダルクが祀られている街】_d0170823_11301485.jpg
古くから旅籠があり、市場ある、この大きな広場で火炙りの刑になった19歳のジャンヌ・ダルク。大天使の声が聞こえると言って、百年戦争でフランスを勝利に導き、シャルル7世の戴冠に貢献したといわれる少女。彼女のストーリーを読んでいると、なんとなく今話題になっているスウェーデンの環境活動家の少女を思い出します。

スウェーデンの少女は神の声が聞こえるとは言っていないけれど、自分の信念を持って、熱く周りに語りかけ、世の中を変えていく強さを持っている。大人が彼女の言うことを聞きたくて集まってくる。今、中世よりも大人たちが若い声と真剣に向き合えるようになったか、試されている気がします。そんなことを考えたルーアンでした。



【ルーアン:ジャンヌダルクが祀られている街】_d0170823_09022064.gif
【ルーアン:ジャンヌダルクが祀られている街】_d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
【ルーアン:ジャンヌダルクが祀られている街】_d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-09-18 11:58 | Voyages  旅行 | Comments(0)

【ノルマンディー:エトルタと怪盗アルセーヌ・ルパン】

ノルマンディーは印象派の画家が多く生まれています。
青と緑、海と草原、絵心がくすぐられる場面があちこちにあるからでしょう。

【ノルマンディー:エトルタと怪盗アルセーヌ・ルパン】_d0170823_11124636.jpg
モネが描いた絵と比べる。
【ノルマンディー:エトルタと怪盗アルセーヌ・ルパン】_d0170823_11124300.jpg
【ノルマンディー:エトルタと怪盗アルセーヌ・ルパン】_d0170823_11125129.jpg
そしてエトルタには、怪盗アルセーヌルパンの隠れ家として、作者のモーリス・ルブランの自宅が公開されています。この家がなかなか面白くて、ルパンの声を聞きながら暗号を解くように各部屋を巡ります。モーリス・ルブランが住んでいた頃の家具やルパンの仮装として当時の衣装がたくさん置いてあったり、家として楽しめました。
【ノルマンディー:エトルタと怪盗アルセーヌ・ルパン】_d0170823_11123570.jpg
【ノルマンディー:エトルタと怪盗アルセーヌ・ルパン】_d0170823_11124089.jpg
【ノルマンディー:エトルタと怪盗アルセーヌ・ルパン】_d0170823_11123145.jpg
ノルマンディー旅行、ご紹介したい場所はまだまだたくさんあるのですが、あともう少しだけお付き合いください。

【ノルマンディー:エトルタと怪盗アルセーヌ・ルパン】_d0170823_09022064.gif
【ノルマンディー:エトルタと怪盗アルセーヌ・ルパン】_d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
【ノルマンディー:エトルタと怪盗アルセーヌ・ルパン】_d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-09-16 11:21 | Voyages  旅行 | Comments(0)

【フランスの最も美しい村:ブーヴロン=アン=オージュ 】

「フランスの最も美しい村」( Les plus beaux villages de France)に登録されている村がノルマンディーにもいくつかあります。そのうちの一つが、今回滞在した場所に近かったので行ってみました。


Beuvron-en-Auge
【フランスの最も美しい村:ブーヴロン=アン=オージュ 】_d0170823_06533033.jpg

【フランスの最も美しい村:ブーヴロン=アン=オージュ 】_d0170823_06531903.jpg
【フランスの最も美しい村:ブーヴロン=アン=オージュ 】_d0170823_06532672.jpg

ついたのが日暮れ(ということは午後8時くらい)だったのですが、あまりの美しさに次の日も来てしまいました。本当に小さな村です。

この村の一番大きなレストランからフランスの秋の料理の香りがして来て、おなかがなりました。どうしてもそのレストランで食事をしたいということになり、調べてみたらミシュランの星を1つつけています。

【フランスの最も美しい村:ブーヴロン=アン=オージュ 】_d0170823_07343617.jpg
Le Pavé d'Auge

村の古い宿場を改造したインテリアは素晴らしく、料理は繊細だけれどこの地方の野菜や乳製品、魚介類がとてもシンプルに食べられます。牛がゆっくり草を喰む草原と、大きな大西洋に囲まれているノルマンディーを実感できるオススメのレストランです。今回のノルマンディー滞在中に行ったレストランの中から一つだけ、もう一回行くとしたらこのレストランです。 

【フランスの最も美しい村:ブーヴロン=アン=オージュ 】_d0170823_09022064.gif
【フランスの最も美しい村:ブーヴロン=アン=オージュ 】_d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
【フランスの最も美しい村:ブーヴロン=アン=オージュ 】_d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-09-13 07:42 | Voyages  旅行 | Comments(0)

【ノルマンディーで借りた家】

広い海原が見渡せる海沿いの家を借りました。
内陸の広くてプールがある家も魅力的でしたが、夏でも涼しいことが多いノルマンディーのこと、プールに入ることよりも、海を眺める方を取りました。
【ノルマンディーで借りた家】_d0170823_18422436.jpg
【ノルマンディーで借りた家】_d0170823_18422054.jpg
【ノルマンディーで借りた家】_d0170823_18421761.jpg
一日に二回、満潮と干潮が繰り返されて、朝方不意に海の音が聞こえなくなって目が覚めたら、海がこんなに遠くに行っていたり。でもあっという間に戻ってきたり。見ていて全く飽きませんでした。
【ノルマンディーで借りた家】_d0170823_18423686.jpg
隣の家の風見鶏は風見船。
【ノルマンディーで借りた家】_d0170823_18422715.jpg
キッチンがとても素敵な家でした。あまり料理をする機会はありませんでしたが。



【ノルマンディーで借りた家】_d0170823_09022064.gif
【ノルマンディーで借りた家】_d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
【ノルマンディーで借りた家】_d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-09-11 18:48 | Voyages  旅行 | Comments(0)

【フランス・ノルマンディーの夏:蚤の市】

ドーヴィルの日曜日。
教会広場でアンティーク蚤の市が開かれていました。

7月にサロンでポットラックチャリティーバザーをした時、素敵なアンティークがあったけれどフランスで蚤の市に行こう!とぐっとがまんしたのです。
だからこの蚤の市に着いた時、さあ行くぞ!といろいろと見始めました。
【フランス・ノルマンディーの夏:蚤の市】_d0170823_17244205.jpg
【フランス・ノルマンディーの夏:蚤の市】_d0170823_17243985.jpg
【フランス・ノルマンディーの夏:蚤の市】_d0170823_17243567.jpg

ノルマンディーの素敵なアンティークがたくさんありました。蚤の市は久しぶりだったのですが、交渉がいつの間にか楽になったな〜と思いました。

昔なら値切ろうとして焦っていて、交渉を楽しめなかったのですが、今は手に入らなければ入らなかったもの、としておしゃべりを楽しんで、気持ちが通じた人から笑顔で買えるようになりました。向こうから「じゃあ5ユーロひいておくね。」と言われる感じ。
ノルマンティーの食器の特徴を聞いたり、この地方特有のインテリア小物の使い方を聞いたり、おしゃべりが楽しかった。売っているおじさんおばさん(に見える人たち)と同年代になってきたからかも??

お昼の時間になった時、きちんとテーブルにクロスをかけてランチを取るおじさん。フランスらしい。
【フランス・ノルマンディーの夏:蚤の市】_d0170823_17305901.jpg
この蚤の市での戦利品を大切にフランスから持って帰ってきました。9月末から始まる秋のレッスンでテーブルに登場させますね。楽しみにしていてください。


【フランス・ノルマンディーの夏:蚤の市】_d0170823_09022064.gif
【フランス・ノルマンディーの夏:蚤の市】_d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
【フランス・ノルマンディーの夏:蚤の市】_d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-09-08 17:46 | Voyages  旅行 | Comments(0)

【フランス・ノルマンディーの夏:ドーヴィル】

19世紀にパリジャンの夏の別荘地として栄えたドーヴィル。大きな別荘が立ち並ぶ高級リゾートです。
高級なヴィラが並ぶ街並みと海の開放感のバランスが不思議な街。

北西フランスの海は冷たく、マリーンスポーツを楽しむリゾートを望むなら南に行くべきでしょう。
でもここでは海岸の散歩を楽しみ、日焼けをし、ゆっくり過ごし、ショッピングをして、優雅な雰囲気でお食事やパーティーというのが似合います。

今年ノルマンディー上陸作戦後75年ということで様々なイベントがあったせいでしょうか、夏の初めには日本の有名なモデルさんが撮影に来ていたり、フランスのエレガンスのアイコン、イネス・ド・ラ・フレサンジュもこの夏しばらく滞在していたようです。そんなおしゃれな大人の高級リゾートです。

【フランス・ノルマンディーの夏:ドーヴィル】_d0170823_10235418.jpg
有名な「ホテル ル・ノルマンディー」
(ちなみにノルマンディーはフランス語で女性名詞なのでLa Normandie では?とフランス語を習った人なら思うところですが、このホテルは Hôtel Le Normandyとノルマンディーを英語で書きます。ホテルという言葉が男性名詞なのでそちらにひっぱられているんですね)

【フランス・ノルマンディーの夏:ドーヴィル】_d0170823_10235848.jpg
有名ブランドのお店もノルマンディーの伝統的なコロンバージュ様式の建物に入っています。エルメスやシャネルもありました。

名物になっている景色ですが、海岸線には色とりどりのパラソルや仕切りつきのパラソルが時間(〜1日)貸しされていました。1日借りておよそ30ユーロ(4000円ほど)。
【フランス・ノルマンディーの夏:ドーヴィル】_d0170823_10240422.jpg


毎年アメリカ映画祭が行われることもあって、浜辺にある、貸しキャビン(こちらは1日〜1年貸し)は、キャビン番号の代わりにアメリカの俳優さんの名前がついています。
「私のキャビンはサラ・ジェシカ・パーカーね」みたいな。
【フランス・ノルマンディーの夏:ドーヴィル】_d0170823_10240170.jpg

ドアが開いていたキャビンをちらっとのぞいたら、印象派が生まれたノルマンディーらしく、画家の方のミニアトリエになっていました。画材とイーゼル、いろんな絵が置かれていて、今まさに外に出て絵を描こうというところだったようです。

悲しい歴史のあるノルマンディー。その中でキラキラと輝く、今でも北フランスの人の憧れの街、ドーヴィル。自分とはかけ離れているようだけれど、その魅力に何回か通いました。ここのアンティーク蚤の市に行った話はまた次回。


【フランス・ノルマンディーの夏:ドーヴィル】_d0170823_09022064.gif
【フランス・ノルマンディーの夏:ドーヴィル】_d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
【フランス・ノルマンディーの夏:ドーヴィル】_d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-09-07 14:20 | Voyages  旅行 | Comments(0)

【フランス・ノルマンディーの夏:夏の初め】

フランス、ノルマンディー地方に行ってきました。
もちろん夏休み、ですが、今年はそれ以上に娘のフランスの大学入学準備がメインになりました。用事の合間に観光、観光の合間に用事を済ますといった感じです。

ノルマンディーに前回行ったのはなんと30年前!学生時代に友達と旅行しました。久しぶりに行くとわかってから、色々調べると本当に見所の多い地方!私のみならず、夫は夫で見てみたいものがたくさん。
【フランス・ノルマンディーの夏:夏の初め】_d0170823_15145202.jpg
けんかしないように話し合って、とてもバランスの良い旅行ができたように思います。

実はこの夏、娘の高校卒業式直後に足首を骨折してしまいました。夏休みに計画していたたくさんのイベントをキャンセル。情けなくて落ち込む日もありましたが、今思うとゆっくりと家族と向き合う良い時間となりました。一人では買い物に行けない私を娘がフォローしてくれ、渡仏前の彼女の通院に私が付き添い、私の病院に彼女が付き添い、通常よりもたくさんの時間を一緒に過ごせました。

そんなわけでのんびりペースの私に合わせたノルマンディー旅行。渡仏前はノルマンディー特有の雨の予報(「シェルブールの雨傘」でも知られるようにノルマンディーは雨が多い地方です)だったのに、ついてみたら雨は1日だけであとは例外的に気温が30度まで上がる夏らしい毎日でした。しばらくこの旅行記にお付き合いください。
【フランス・ノルマンディーの夏:夏の初め】_d0170823_15253260.jpg




【フランス・ノルマンディーの夏:夏の初め】_d0170823_09022064.gif
【フランス・ノルマンディーの夏:夏の初め】_d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
【フランス・ノルマンディーの夏:夏の初め】_d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-09-05 15:31 | Voyages  旅行 | Comments(0)

【外国のお客様と行くのにオススメな場所】

二つおもてなしを受けた4月初旬。その時期に私がとても忙しくしていた最大の理由は10年ぶりに来日した夫のお父さんとお母さん。
10年経つうちに、歳を取り、病気もし、以前のようなペースで東京を歩き回ることは困難になりました。
それでもできるかぎり、今までしたことのない経験をプレゼントしたいと思い、彼らの来日前にいろいろと調べて計画しました。

フランスの年配の方は神社仏閣に大変興味があるので、今回は私が最近気に入っている神田明神へぜひお連れしようと思いました。
神田明神は数年後に創建1300年を迎えるため、記念事業が目白押しなんです。サイトもモダンで見やすくなっています。

私が特に興味を持っているのが、境内にあるEDOCCO神田明神文化交流館。日本の方にも外国の方にも気軽に日本文化に触れてもらおうというイベントがたくさん行われています。その中でもお父さんとお母さんと一緒に行きたかったのが、「六花街の芸妓衆の踊りと幇間(ほうかん)芸を楽しむ」という企画。東京の六花街の芸妓衆の踊りを月替わりで楽しめるのです。

実はずーっと昔、芸妓さんの踊りに興味があった両親をダンサーが芸妓の格好をして踊る外国人向けツアーに招待したことがあったのですが、喜んでくれたもののなんとなく納得していない様子でした。やはり本物の踊りを見せたいと思い、このイベントに行き着いたわけです。

場所は文化交流館のEDOCCO STUDIOにて。
今回のイベントは美味しいお弁当付き。


【外国のお客様と行くのにオススメな場所】_d0170823_14094320.jpg
お弁当を食べ終わると、いよいよ小唄とともに踊りが始まります。
【外国のお客様と行くのにオススメな場所】_d0170823_14094508.jpg
【外国のお客様と行くのにオススメな場所】_d0170823_14093626.jpg
フランスのお父さん、お母さんも芸妓さんの美しさとその身のこなしに釘付け。本物は踊りだけではなく、その話し方、動き、すべてに陰影があって非現実的な感じ。美しいエンターテイナーです。この日は浅草の芸妓さんの踊りと幇間(コメディアンのような感じで、芸妓さんの出番の間に面白いパフォーマンスなどして盛り上げる方)の芸で楽しみました。「ぶっちゃけ」という感じの質問コーナーもあって面白かったです。

最近は女性同士で、和の習い事の免状取得の打ち上げでお座敷を利用されたり、着物の会の方達がお勉強がてらいらしたりするそう。私も見習って、あんな余裕の身のこなしができたら、日本だけでなく、どこでも大切にしてもらえるだろうな〜と思いました。
お父さんも「やっぱり本物は違うね〜。」とため息。

このほかにも日本文化についてのイベントがたくさんありますので、外国のお客様がいらした時にいかがでしょう。そして文化交流館の1階にあるEDOCCO CAFE、美味しくて和のインテリアが素敵で落ち着けます。おすすめ!

【外国のお客様と行くのにオススメな場所】_d0170823_09022064.gif
【外国のお客様と行くのにオススメな場所】_d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
【外国のお客様と行くのにオススメな場所】_d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2019-05-16 14:49 | Voyages  旅行 | Comments(2)