人気ブログランキング |


暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

インスタグラム、HP、お問い合わせ

インスタグラム

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさんには娘が中学..
by grandeN at 17:08
胸が熱くなる思いで拝読さ..
by akicosmosA at 14:44
こすもすさん、ご参加あり..
by grandeN at 09:12

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
木洩れ日の森から
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*mais...
テーブルの真ん中
八ヶ岳南麓週末日記+α
うつわshizenブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
Yoko Maruyam...
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん
MY Dear LIFE
スタジオ かるぺ・でぃえむ

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
料理家

画像一覧

<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

9月16日発売・初めての著書「フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす」がアマゾンに!

先日もお伝えしました、私の初めての著書


がAmazonに出てます。人ごとの様な不思議な気持ちです。
サロンにご参加くださっている皆さまには追って、メールで詳細ご連絡いたしますね。
d0170823_15063418.jpg


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-08-17 15:09 | Livre 本 | Comments(4)

【夏休みのイタリアの家】

パリに子供を迎えに行き、いつものリヨン駅。
そしていつも同じレストランで腹ごしらえをして、今回はそのままシャルルドゴール空港へトンボ帰り。
d0170823_12074463.jpg
向かった先はローマ。その様子は前回のブログに書いた通り。
ローマで車を借りて、2時間ほどドライブ。ウンブリア州の中世を思わせるスポレートという街に宿泊した。

いまやAirbnbなしでは海外旅行ができないくらい。
でも今回はハプニングがあった。イタリア行きはずいぶん前に決めていて、Airbnbで素敵な家を予約して清算もすんでいた。ところが、5月も末になってから貸し主から「ダブルブッキングしてしまったのであなたの予約はキャンセルします。」と一方的に連絡があり、有無を言わせず返金があった。素敵で手頃な家はすぐに借り手がついてしまうから早くから予約したのに、5月末になってから新しい家を探すなんて、途方に暮れた。
それでももう一回、探してみるとまだ残っている家もある。片っ端から連絡して、最初に良い返事をくれたのが今回の家だ。
d0170823_12073228.jpg

スポレートは紀元前からその名が歴史に出て来る古い街。今回は古い部分は16世紀に建てられた家に泊まった。16世紀から同じ家族が所有している家だと言うから、それもすごい。
実際に現地に行って見ると、広い敷地(塀で囲まれた住居+庭で1万平方メートル以上)にひとりぼっちというわけではなく、離れに大家さん家族が住んでいた。これは、プライベート感を優先する人は嫌かもしれないけれど、イタリアで夏休みを取るのが初めてで、地理に明るくない私達は多いに助かった。大家さんも付かず離れずの距離を保っていてくれて、メンテナンス等はすぐしてくれるし、困った事は相談できるし、庭で採れたトマトやバジルを何回も持って来てくれた。

キッチンはもとワイン貯蔵庫だった半地下にあって、ひんやりしていた。この家の家具のほとんどが古くからこの家で使われているアンティーク。朝食食器セットがしまわれていたタンスの様な家具がかわいい。中の食器も黄色で統一されていた。

d0170823_12073588.jpg
d0170823_12075997.jpg
窓から庭を眺める。ヨーロッパの古い家は窓が小さくできているから室内は暗く、外がさらに明るく見える。壁の厚みは70cmくらいあって、昼間は窓を閉め、夜は窓を開ければ天然のクーラーがついているように快適。
d0170823_12073761.jpg
夜はフランスよりも日が落ちるのが早く感じる。だいたい午後8時すぎくらい。それまでプールではしゃぐ子供達。
d0170823_12072953.jpg
ハプニングはあったけれど、それでもどうにかなるし、その方が面白い時もある。今回はこの素敵な家と、そしてこの家にいたボクサー犬(夫が小さい時から飼っていたのがボクサー犬!)が思わぬ嬉しいサプライズ!

d0170823_15432547.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-08-16 12:45 | Voyages  旅行 | Comments(2)

【イタリアの夏休み】

フランスの祖父母に会いに行っていた子供達を迎えに行って、イタリアへ家族でバカンス。

なんだけど、なんと私達が出発する日にエールフランス、夏恒例のストライキが始まり、かろうじて東京ーパリ便は飛んだものの、パリから国内、ヨーロッパ内の便は欠航が多く。。。

出発時刻20時間前にならないと自分の便が飛ぶかどうかわからないという。なんて言われたら不安は不安だけど、もう何十回もフランス(のみならずヨーロッパ)ではこんなハプニングに遭遇しているので、不安に押しつぶされそうな状態にはならず、「まあ、どうにかなるでしょ。」と思う。

ハプニングが起きたらだまっていないでまず交渉。エールフランスのカウンターで、係員の人になるべく愛想良く、「お互い大変ですよね」オーラをだして状況説明をする。向こうがけんか腰でなければ、条件の良い代わりの便を見つけてくれる。エールフランスのパリーローマ便が、パリーフランクフルトーローマ便に変更。ローマには当初の予定の2時間後につく。ストライキにしては悪くない条件。だって、他の人で パリーシュツットガルトーチューリッヒーローマ便を提案された人は予定の7時間後に到着だった。

パリーフランクフルト便はなぜかビジネスクラスにアップグレードされていて、それも最前列だったのでCAさんが親切にしてくれた。隣りに座ったアメリカ人の女性と話したら、彼女はダラスーアイスランドーパリーフランクフルトと旅行していて、木曜日にダラスを出発してフランクフルト着が土曜日のお昼になったそう。でもイライラした感じはなくてお互いになんだかハプニングが楽しくて珍道中自慢をしてしまう。

なんとか気分良く、ローマに到着。さあ、レンタカーを借りて、バケーションレンタルの家までしゅっぱ〜つ!と気分が上がって来た所で、レンタカーのカウンターで到着が2時間以上遅れたので予約していた車が自動キャンセルになり、他の人に貸してしまったと言われる。ここで初めて、焦り始める。

夫はレンタカーを請け負った会社に電話をかけ続け(バケーションが始まる土曜日のコールセンターは誰も出やしない)、レンタカーのカウンターが集まっているホールは座り込む人、スーツケースの山、泣く子供などであふれかえって、さすがに楽しい気分がふっとぶ。

どうなるかわからないけど、とにかく大手レンタカー会社の整理券だけ取って並ぶ。借りる方は焦っている人が多かったのに、レンタカーのカウンターのイタリア人達の陽気な事。イライラする事なく、「ちょっと待っててね〜。素敵な車を見つけてあげるわよ〜。」的にニコニコして作業している。
私達の番になると、「大丈夫ですよ。全く問題ないわ。素敵な新車を用意するわね。それに割引も付けちゃう!」なんてフランスでは考えられない陽気さ。
大げさに言っているんだろうと思ったら、借りた車は素敵な車で、当初他で予約していた車よりも30%くらい安かった。
「へ〜!」と良い意味で驚きました。

借りた家は一部16世紀の建物。古い農家を改造した、イタリア版『豪農の家』。
期待できそうなイタリアのバカンス。
d0170823_15432002.jpg
d0170823_15430703.jpg
d0170823_15432547.gif

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


by grandeN | 2016-08-02 16:21 | Voyages  旅行 | Comments(0)