人気ブログランキング |


暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

インスタグラム、HP、お問い合わせ

インスタグラム

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさんには娘が中学..
by grandeN at 17:08
胸が熱くなる思いで拝読さ..
by akicosmosA at 14:44
こすもすさん、ご参加あり..
by grandeN at 09:12

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
木洩れ日の森から
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*mais...
テーブルの真ん中
八ヶ岳南麓週末日記+α
うつわshizenブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
Yoko Maruyam...
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん
MY Dear LIFE
スタジオ かるぺ・でぃえむ

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
料理家

画像一覧

<   2018年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【パリジェンヌのおもてなし】

前回のつづきを。

東京に帰国するその日に、お昼に会う事になっていたパリの友人。
土曜日だったけれど、彼女は午前中に仕事があったので、

「どこかでランチでも。」

と言われていました。彼女がどこで午前中仕事だか分からないので、

「ランチの場所を指定してね。」

とメッセージを送っておいた所、前日になって

「やっぱり家に来て。」

と彼女の家への行き方を教えてくれました。
今になって思うと、多分最初から自分の家に呼ぶつもりだったのだけれど、お土産など私達に気を使わせないように最初は外で会おうと言ったのでしょう。
こういうさりげないところが、お招きに慣れているフランス人です。

彼女のアパルトマンは、パリ市の家賃補助政策の恩恵を受けて、パリには珍しい100㎡越え+60㎡のテラス。
テラスでも食事ができるくらいだったのですが、あまりにもキッチンに置かれたテーブルが居心地良かったので、そこでお昼をいただきました。
白いリネンのテーブルクロス、自然素材を編んだマット、和皿を思わせる白地にブルーの柄のディナー皿。黒い柄のカトラリー。
キッチンに並んだ紅茶は全てマリアージュフレールのもの。

さりげないナチュラル&シックで、気を使わせない彼女らしさが出ていました。
話はお互いの近況や、フランス、日本の最近の話題。子どもの話。
気付けば3時間も話していたので飛行機の事を気にしつつお別れの時間。

とても素敵なアパルトマンだったけれど、話に夢中だったし、このごろ友達と会うときは100%向き合っていたいので写真はあまり撮らなくなりました。
というわけで、彼女の家に行く前に寄ったサラ・ラヴォワンヌのテーブルウェアの写真を代わりに。
d0170823_16400309.jpg
サラ・ラヴォワンヌは今フランスで一番旬のインテリアデザイナー。表参道のエルカフェのデザイナーです。
ブルー・サラと呼ばれる、彼女特有のブルーグリーンが大人気です。
私も思わず、テーブルウェアを少し購入しました。
少しだけレッスンで見て頂いています。

今、やっている自宅レッスンは『パリジェンヌ』をテーマにしています。パリジェンヌとはどんな人?人それぞれのパリがあるように、人それぞれのパリジェンヌ像があると思います。私が思うパリジェンヌ、そしてパリジェンヌらしい暮らし方やスタイルは?を追及しました。
そんなお話の中から皆さんの暮らしのヒントになることを少しでも見つけて頂けたら嬉しいです。


d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村


________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2018-05-23 17:05 | Voyages  旅行 | Comments(2)

【フランスに行ってきました。】

ゴールデンウィークにフランスに行ってきました。
急に決まったとても短い滞在です。

d0170823_09375853.jpg
夫の実家に4泊。夕方パリに着く飛行機に乗り、夜のTGVに乗り継ぐと、夫の実家に到着するのは午後11時。それですでに1泊。

次の日の午後、市街地に行く用事があったので、街の中心部に住む友人に昼頃電話してみる。

「あら、こっちに来ていたのね!家に寄って!何時頃来る?」
「午後4時くらい。」

彼女の大好きなマリアージュフレールのお茶と、アルボワの名店(銀座にもお店がある超高級ショコラティエ)イルサンジェーのお菓子で迎えてくれました。私が電話してからアルボワにお菓子を買いに行く時間は絶対ないのだから、こんな美味しいお菓子を常備していることに驚く。

といっても、私よりもずいぶん年上の彼女には昔からいろいろ教えてもらっている。彼女は教えようとしている訳ではいないのだけれど、そのライフスタイルを見ているだけで勉強になる。インテリアもファッションも暮らし方も真似したくなって、私もあんな大人の女性になりたいと思う。
おしゃべりの時間もだらだらするのではなく時間を区切って、さらっと。本質は話すけれど、余計な憶測やうわさ話がない。
リフレッシュして彼女のアパルトマンを後にする。なんだか元気になった。

2日目、夫の実家に叔母さん夫妻がお昼ご飯に来た。日本から和食の材料を持って行ったので私が和食を作る事になった。
そばサラダを前菜に、メインは鶏胸肉にチーズをはさんで照り焼きにし、市場に出たばかりの柔らかいイタリアンほうれん草のソテーとご飯を付け合わせ。デザートは叔母さんが買って来てくれた街で一番美味しいパティスリーのメレンゲレモンタルト。食後に庭に生え始めた melisse (レモンバーム)と緑茶を煎じた自家製ハーブティー。
d0170823_09375386.jpg

3日目は、やはり午後に少し時間があると分かってから夫の従姉妹に電話する。フランスは週35時間労働制の法律のおかげで金曜日の午後は仕事を早く切り上げている人が多い。それで従姉妹も午後には家にいる。

「うちに来て。午後5時くらいに。」

少し郊外の彼女の家に着くと、最初に彼女のパートナーが飲み物を聞いてくれた。しばらくおしゃべりしてから、ルノートルのヴァシュラン(アイスケーキ)が少し解凍されて出て来て、お茶の時間になった。急に人が来ることになり、お菓子を焼く時間もない時に(お菓子を焼く気力もない時に)、冷凍のケーキ(冷たいまま食べるアイスケーキ、もしくは冷凍をオーブンで温めるケーキ)というのは良いアイデアだな、と思った。久しぶりに会ったというのに、家族の近況報告もそこそこに、最近見た可愛い動物、不思議な動物の話で盛り上がるのが、動物好きの彼女らしい。

4日目はすでに東京に帰る日。でも飛行機は夜一番遅い便なので、パリの友人に会う事にする。彼女とのお話はまた次回。

d0170823_09022064.gif
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村


________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

by grandeN | 2018-05-14 10:36 | Voyages  旅行 | Comments(2)