人気ブログランキング |


暮らす事、食べる事を大切にすることは家族を友人を大切にすること。インスタグラム@granden25


by grandeN

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

インスタグラム、HP、お問い合わせ

インスタグラム

ホームページ


お問い合わせはこちら
*季節ごとの自宅サロンのお知らせは、ご希望の方にメールにてお送りしています。お知らせメーリングリストに登録ご希望の方はお問い合わせからどうぞ。

カテゴリ

Livre 本
Tables & Deco テーブル
Cuisine  美味しいもの
Voyages  旅行
Maison 家
Les enfants 子供達
Quotidien 毎日
Francais フランス語
Table de N  サロン
A propos プロフィール

以前の記事

2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
more...

ライフログ


フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす (講談社の実用BOOK)


Mon Salon No.01: スクールとサロン運営とセンス磨きのためのスタイルMOOK (SEIBUNDO Mook)


鍋ひとつでできる お手軽フレンチ

最新のコメント

こすもすさん、本当に。「..
by grandeN at 13:27
今を憂いながらも家の中ま..
by akicosmosA at 11:13
akiraさん、 メッ..
by grandeN at 20:35

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
一日一膳
いつものパリ
Suite in Style
木洩れ日の森から
ふらんす物語*とうきょう物語
ゆうゆう時間
musashino diary
幸せのテーブル*mais...
テーブルの真ん中
八ヶ岳南麓週末日記+α
うつわshizenブログ
千鳥Blog
長峰菜穂子ブログ
Bienvenue en...
Atelier Junko
Yoko Maruyam...
Cozyで楽しい暮らしに...
かるぺ・でぃえむ
2人でお茶を
The other side
日々の暮らし
てぶくろ
Rose ancient...
la maison de...
keiko's pari...
気ままな日々綴り
パリ流ダイアリー(Pet...
morille et p...
ふらんすさんぽ
海空土
Beautiful Ga...
RELISH ~日々を愉...
わたしいろ
ricaro journal
秋田のテーブル、秋田のごはん
MY Dear LIFE
スタジオ かるぺ・でぃえむ

外部リンク

ブログジャンル

家族生活
料理家

画像一覧

【Animal : ラ・フォンテーヌの寓話】

今日のフランス語は Animal アニマル(Animaux アニモー 複数形)動物

【Animal : ラ・フォンテーヌの寓話】_d0170823_10230009.jpg
フランス語は昔やったんだけど、苦手〜。という方のほとんどは、動詞の活用と、文法が難しかったのではないでしょうか。そのやっかいなことの一つ、名詞にsをつけて複数形にするのではなくて、名詞自体が変化してしまうものがあります。アニマルもその一つ。
単数なら Animal(アニマル)、複数になると Animaux (アニモー)です。この発音はカタカナ読みでOK。

Animauxといえば、ラ・フォンテーヌ (Jean de la Fontaine)の寓話に 「Les Animaux malades de la Peste」(ペストにかかった動物たち)というのがあります。このご時世、気になるタイトルですが、内容もうーむ、と唸ってしまうものです。17世紀ですが、さすがラ・フォンテーヌ。なんだかどこかの政治家の顔が浮かんできます。

原文は以下の通りですが、日本語訳は鹿島茂先生が書いているものがオススメなので、クリックしてリンク先に飛んでみてください。
「ペストにかかった動物たち」鹿島茂解説


Les Animaux Malades de la Peste Jean de la Fontaine

Un mal qui répand la terreur,
Mal que le Ciel en sa fureur
Inventa pour punir les crimes de la terre,
La peste (puisqu'il faut l'appeler par son nom),
Capable d'enrichir en un jour l'Achéron,
Faisait aux animaux la guerre.
Ils ne mouraient pas tous, mais tous étaient frappés ;
On n'en voyait point d'occupés
A chercher le soutien d'une mourante vie ;
Nul mets n'excitait leur envie,
Ni loups ni renards n'épiaient
La douce et l'innocente proie ;
Les tourterelles se fuyaient :
Plus d'amour, partant plus de joie.

Le lion tint conseil, et dit : " Mes chers amis,
Je crois que le Ciel a permis
Pour nos péchés cette infortune.
Que le plus coupable de nous
Se sacrifie aux traits du céleste courroux ;
Peut-être il obtiendra la guérison commune.
L'histoire nous apprend qu'en de tels accidents
On fait de pareils dévouements.
Ne nous flattons donc point ; voyons sans indulgence
L'état de notre conscience.
Pour moi, satisfaisant mes appétits gloutons,
J'ai dévoré force moutons.
Que m'avaient-ils fait ? Nulle offense ;
Même il m'est arrivé quelquefois de manger
Le berger.
Je me dévouerai donc, s'il le faut : mais je pense
Qu'il est bon que chacun s'accuse ainsi que moi :
Car on doit souhaiter, selon toute justice,
Que le plus coupable périsse.
- Sire, dit le renard, vous êtes trop bon roi ;
Vos scrupules font voir trop de délicatesse.
Eh bien ! manger moutons, canaille, sotte espèce,
Est-ce un péché ? Non, non. Vous leur fîtes, Seigneur,
En les croquant, beaucoup d'honneur ;
Et quand au berger, l'on peut dire
Qu'il était digne de tous maux,
Étant de ces gens-là qui sur les animaux
Se font un chimérique empire. "
Ainsi dit le renard ; et flatteurs d'applaudir.
On n'osa trop approfondir
Du tigre, ni de l'ours, ni des autres puissances,
Les moins pardonnables offenses :
Tous les gens querelleurs, jusqu'aux simples mâtins,
Au dire de chacun, étaient de petits saints.
L'âne vint à son tour, et dit : " J'ai souvenance
Qu'en un pré de moines passant,
La faim, l'occasion, l'herbe tendre, et, je pense,
Quelque diable aussi me poussant,
Je tondis de ce pré la largeur de ma langue.
Je n'en avais nul droit, puisqu'il faut parler net. "
A ces mots on cria haro sur le baudet.
Un loup, quelque peu clerc, prouva par sa harangue
Qu'il fallait dévouer ce maudit animal,
Ce pelé, ce galeux, d'où venait tout leur mal.
Sa peccadille fut jugée un cas pendable.
Manger l'herbe d'autrui ! quel crime abominable !
Rien que la mort n'était capable
D'expier son forfait : on le lui fit bien voir.

Selon que vous serez puissant ou misérable,
Les jugements de cour vous rendront blanc ou noir.




【Animal : ラ・フォンテーヌの寓話】_d0170823_09022064.gif



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
【Animal : ラ・フォンテーヌの寓話】_d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

# by grandeN | 2020-04-02 10:20 | Quotidien 毎日 | Comments(0)

【毎日のフランス語とおすすめの音楽】

4月になりました。
心新たにブログを綴っていきたいと思います。

長くなりそうな、家での生活。普段より少し時間がある方は、1日1語、フランス語を学んでいきましょう。
そしてフランスや食生活に関する情報、オススメのアクティビティーやレシピなどもシェアしていきますね。


今日の言葉は『Avril』 (アヴリル)4月


【毎日のフランス語とおすすめの音楽】_d0170823_09552908.jpg
Poisson d'avril(ポワソンダヴリル)というのはエイプリルフールのこと。4月の魚、と言う意味です。なぜ4月の魚?なんでしょう。いろんな説を耳にします。一説には昔、4月1日だった元旦を1月1日に変えたのに相変わらず4月1日にこだわる人をからかう意味でこの日に魚を贈ったとか。なぜ魚かというと、この時に星座が魚座にあるから、とか、四旬節の断食中なので肉ではなくて魚が贈られたとか。

フランスの学校も今は休校中ですが、普段は先生の背中に紙で作った魚を内緒でぶら下げて、先生が黒板の方に向くたびに子供達が大爆笑するという、お決まりの光景が繰り広げられる日です。

さて、フランスでは2週間前からconfinement(自宅待機)が本格化して外出禁止令が出ています。人々はいろいろな方法で、家から仕事したり、時間を使う方法を考えたりしています。その中で、フランスのプロのバイオリン奏者が一日一曲短い曲を弾いてくれているのを毎日楽しみに聴いています。短い曲ですが、優しい曲、心が踊る曲、しんみりする曲、いろいろあります。おすすめです。↓のRenaud Capuçonをクリックしてみてください。彼のFacebookページにリンクしています。

Renaud Capuçon




【毎日のフランス語とおすすめの音楽】_d0170823_09022064.gif



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

________ A propos de mon livre  _________
【毎日のフランス語とおすすめの音楽】_d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

# by grandeN | 2020-04-01 10:18 | Quotidien 毎日 | Comments(0)